<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

平戸街道を歩く⑥ 最終回
歩行距離11km 行動時間4時間

平戸街道歩きもいよいよ最終回。今回は江迎~平戸口を歩きました。距離も短いので、のんびり歩きです。平戸大橋の傍に車を置いて、列車で江迎まで戻り歩き始めまる予定です。
平戸大橋がとってもきれいでした。
c0179351_18143034.jpg

平戸口駅のある田平は昆虫の里で、巨大なカブトムシが車をつぶしていました。恐るべしカブトムシ。
c0179351_1815173.jpg

松浦鉄道の平戸口駅は、日本最西端の駅だそうです。
c0179351_18155848.jpg

列車もかわいいよ~
c0179351_18161581.jpg

まず江迎では繭玉という手毬のようなものを作っている障害者のお店に行ってみました。きれいな繭玉は見ているだけで華やかな気持ちにさせます。ちょうど売れてしまったということで、帰りにもう一度立ち寄ることを約束して、出発です。

江迎から平戸口まではけっこうアップダウンがあります。
c0179351_18163812.jpg

この場所は伊能忠敬が木星を観測した地だそうです。
c0179351_18172434.jpg

駕籠立場も残っています。殿さまは景色のいい所で駕籠を降ろして休憩したそうです。駕籠に乗っているとはいえ、狭いかごの中で薄い座布団一枚の上に座り、揺られるのはかなりつらかったのではないかと思いますが~ どうでしょう。
c0179351_18193157.jpg

順調に歩いていきましたが~ そして街道は水に消える であります。
c0179351_18213962.jpg

街道は現在のため池の中を通っていたそうですが、水没。で、ため池の脇を歩いていきます。今は草がぼうぼう。
c0179351_18224045.jpg

前を行くIさんが突然叫びました! ヘビ!! 
c0179351_18232634.jpg

できるならお会いしたくないお方でありますが、行かねばならぬ・・・ ヤマガカシみたいと聞いて戦々恐々。ヘビのところを大急ぎで通過して、ため池をパチリ。この中に街道はあったのね。
c0179351_1824990.jpg

平戸史談会の方が発見したと言う街道ををたどります。
c0179351_18251212.jpg

それらしい道ですね。結構長かったですよ、自然の道。
c0179351_18254557.jpg

対馬塔という石碑もありました。今でも生花が飾ってありました。
c0179351_18263640.jpg

前方が開けてきました。平戸口はもう近い。
c0179351_1827322.jpg

ゴール近くには本陣跡の石壁が残っていました。
c0179351_18274583.jpg

上の石は乱暴に置いてあるなあ・・・ 落ちそう と思ったらちゃんと屋根型に切ってありました。すごいね。
c0179351_18285781.jpg

ここに平戸街道始まりの案内石碑があるのですが、花に囲まれていて近づけません。これはいいのか悪いのか。ちょっと残念かな。
c0179351_18295882.jpg

これで平戸街道完歩。
本日のルート。
c0179351_18305165.jpg

その後平戸口の物産館に行って、買い物~
そして忘れてはいません。繭玉を求めに江迎へ。みなさん、一生懸命間に合うように作っていてくださったそうです。また買いに来ますからね~ 今日買ったのはこの二つ。きれいでしょう。
c0179351_18345627.jpg


平戸街道もこれにておしまい。次は何を企画するか~ まだ不明。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-26 18:41 | 平戸街道
大人の遠足 テント泊縦走② やっぱりタフな山

21日 尾平越トンネル登山口~尾平越~ブナの広場~本谷山~笠松山~九折越 テント泊
22日 九折越~傾山~三ッ坊主コース~三ッ尾~九折登山口

九折越のテン場で5時前にかけ声がかかりました。朝じゃ~! まだ眠いよ~ って、9時間近く寝ているんだけどね~ 笑 ヘッドランプをつけて、昨日の残りものでおじゃや&めざし&味噌汁で朝ご飯。美味しいね~

空は美しく澄んでいるようです。シルエットになった傾山が凛々しくそびえています。そして朝日が差し始めました。少しかかった雲が朝日に輝いていました。
c0179351_11133547.jpg

下は雲に隠れています。なんだかひどく遠くの山に来たような感じがします。
c0179351_1118759.jpg

テン場の上にはお月様。昨日 オオカミの遠吠え のごとくお方がたを吠えさせたていたのは、やっぱり怪しいお月様の力だったのでしょうねえ。
c0179351_1117563.jpg

テントを撤収して傾山に向けて出発。最初にこの山に来た時この道はスズタケに囲まれていて、見晴らしはありませんでしたが、今は美しい道になっています。これはやっぱり荒廃なんでしょうね。
c0179351_11213684.jpg

空はだんだん雲が広がってきているようですが、変化のある景色に見とれます。
c0179351_11222656.jpg

傾山が近づいてきました。ニャンコの耳のよう。
c0179351_11224990.jpg

だんだん傾らしい厳しい道になってきました。
c0179351_11232672.jpg

この山系はあまり草花の種類が多くないような気がしますが、きつい登りの途中で咲いているリンドウにホッとします。
c0179351_11245813.jpg

まだまだ急登りは続きます。荷物を持っていると体を引き上げるのもきついなあ。
c0179351_11252563.jpg

見晴らしのきくところに立つと、ブロッケンが現れました。オ~ ラッキー!
c0179351_1128648.jpg

見とれる二人。
c0179351_11295628.jpg

景色もいいよ~
c0179351_11302161.jpg

お久しぶりの山頂です。ナナカマドの実がまかっか。
c0179351_11311134.jpg

ナナカマドの向こうには、これから向かう三つ坊主。
c0179351_11314988.jpg

この構図、絵になるねえ。
c0179351_11321696.jpg

山頂でまったり。ブドウを食べたりしながらうっとりとした時を過ごしました。下りたくないねえ・・・
さあさあ、勇気をもって下山です。難所として知られる三つ坊主を下ります。下るのは初めてで、大丈夫かなあ と戦々恐々。
c0179351_11323839.jpg

岩場も下りになり、足元が見え辛い。
c0179351_1142112.jpg

なかなか大変でござる。
c0179351_1142474.jpg

一難去ってまた一難。
c0179351_11443227.jpg

何気なく危ない場所もあちこちあり~
c0179351_11512029.jpg

ようよう三ッ尾にたどり着き一安心。ここでよっちゃん秘蔵の甘夏缶&コーヒーで休憩。そこへ現れたのは昨日から見かけるツヅラちゃん。このワンコ3年年前に九折(つづら)越に捨てられていたそうで、今の飼い主が連れ帰ったそうです。今回は里帰りとか。ツヅラは飼主といっしょではなく、自由気ままにマイペースで歩いている模様。でも恩義は忘れてないようで、要所要所で待っていました。
c0179351_11574513.jpg

さて、これからも急下りは続く~ やっと林道にでて焼け焼けになった足を開放すべく足干し。笑 そしてまた登山道に入り観音の滝上部を横断。
c0179351_11585473.jpg

それからもちょいと危ない道が続きます。そしてようやく橋までたどり着きました。
c0179351_1159441.jpg

やれやれ~ 傾山はどこから登っても大変な山ですね~ くだりも長かった~
c0179351_1204111.jpg

というわけで、今回もお泊り遠足は無事に終了いたしました。
毎度、過激で楽しい遠足です。
さて、次回はどこへ~楽しみのような 怖いような・・・




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-24 12:02 | 大分県の山
大人の遠足 テント泊縦走① テン場を求めて
21日 尾平越トンネル登山口~尾平越~ブナの広場~本谷山~笠松山~九折越 テント泊
22日 九折越~傾山~三ッ坊主コース~三ッ尾~九折登山口

秋は三連休が多いですね~ と言うことは、病が高じている者にとっては誘惑が多い季節であります。ということは~ ですよ~ で、比較的楽なコースでテント泊縦走とあいなりました。しかしであります、目的地は傾山なので、きついには間違いない。

いつもの場所でよっちゃんと待ち合わせの約束をして出発。しかし、祖母山系に近づくと空模様が怪しい・・・ 大丈夫かな・・・ 待ち合わせの場所で協議の結果、とにかく予定通りに登山口に行ってみよう と言うことになりました。

一台を九折の登山口にデポして、一台で尾平越まで向かいます。ところが途中で車から怪しい音が・・・ 停めてみるとタイヤがぺちゃんこになっていました。なってこったい!尾平と言うところに行ったことがある方はわかると思いますが、人家もほとんどないところで・・・ 実際帰りに販売機を探しましたが、40分ほど走らないとありませんでしたからね。

さてさて、どうなることでしょう・・・ と心配しましたが、よっちゃんの経験をいかした慌てず騒がずのテキパキした働きにより、応急処置ができてどうにか登山口へ行くことができました。感謝~ 

尾平トンネルの宮崎県側から登るのは初めてです。
c0179351_17482312.jpg

心配されていた雨は登山口では落ちていませんでしたが、稜線はガス&雨。

この雨がひどくなるのか、あがるのか・・・ 三人顔には明らかに動揺が~ まあとにかく少し歩いてみよう~ 最初の計画ではブナの広場でテント泊で、尾平越からはすぐですから。

なぜブナの広場かと言うと、きれいな水がコンコンと出ているし、ブナに囲まれたその場所はとってもステキだったからです。そう思ったのは、8年ぐらい前に、九折~三つ坊主~傾山~古祖母山~祖母山~大障子岩~上畑~九折 を周回縦走した時に、その場所で休憩したからでした。その時から山馬鹿さんはそこでテントを張りたいと言い続けていました。

ところがブナの広場に着くと・・・ ブナは立ち枯れ、土の中に埋もれていたような古いゴミが地表に現れていて、とても美しいとはいいがたい状態です。今までの夢は一瞬にしぼみ・・・ 幸いにもガスはかかっているものの、雨はポチポチで推移しているので先に進むことになりました。
この大きなブナは以前の縦走の時に、聴診器をあてて水の音を聞いた思い出深いブナ。
c0179351_185657.jpg

時々ガスが切れるとシャッターチャンスと撮影モードです。
c0179351_1864695.jpg

本谷山は結構歩かないと着かないのに、渋い山頂です。
c0179351_1885162.jpg

先にちょっと進むと水場があります。水場と言っても流れ水ですが、そこにテン場があり、ここにテントを張ろうか~ というご意見も・・・ しかし、狭く、ガス&木々に囲まれた場所は快適とは思えず・・・ それにであります、連れの面々は2時過ぎのこの時間からテントを張ると、酔い酔いの昼になるのは目に見えております。よって、先に行こう!の号令をかけました。笑

歩きながら思い出の場所を逆にたどり、あの時は・・・ と、なんやかんやとお喋りしながらアップダウンを繰り返して、九折越のテン場までやってきました。ここは開けていて、水場は遠いものの快適です。
c0179351_18141545.jpg

ガスがかかっていましたが、夕方にはガスが薄くなり~
c0179351_18145170.jpg

夕日を浴びた傾山が見えました!この一瞬でもここまで歩いてきたかいがあったね。ご褒美ご褒美!
c0179351_18152373.jpg

いつものごとく、炊き立てご飯と卵つきのすき焼きで楽しい夕食です。もちろんお方がたはワインに焼酎も忘れません。忘れていいのに・・・
夕暮れとともに、早々に寝床へ。しかし10時を過ぎる頃、お月様がきれいよ~! とテントを揺らす不届き者が! いやご親切なお方がたが。テントを空けて眺めると煌々としたお月様。きれいだね~ でも、それよりなにより眠いのよ私は。笑 外では月見宴会が続いていた模様でありますが、没。
明日へ続く






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-23 18:26 | 大分県の山
トリカブトが咲いてます
田代原~北尾根~九千部岳~自然歩道~田代原

涼しい風を感じることが多くなってきました。そろそろ雲仙にもあの花が咲いているのではないかな~
ともかく行ってみましょう。こんなに良いお天気なんですもの。

田代原は平日とあって車も少なく。でもなにやら見覚えのある車が・・・ きっと!ね。
靴を履いていると、お隣に若い男性が到着。近頃山を始めたそうで、今が一番面白いとか。九千部岳も初めてと言われるので、北尾根の登山口を説明して、お先に出発しました。

途中の岩場からの眺めは、いいね~ 今日はとってもきれいです。
c0179351_19574426.jpg

登山道にはミラーボールのようなヤマボウシの実がいっぱい。食べられるけど、外側がザラザラした舌触りで、私は好きじゃないかなあ。
c0179351_19585786.jpg

そしてこのお方は、まだ固いつぼみ。
c0179351_19595582.jpg

早すぎたか~ と思っていましたが、登るとありましたね~ 嬉しい~
c0179351_2004244.jpg

展望岩から見る眺めは絶景かな~
c0179351_2012690.jpg

よ~く見ると、山頂に人影が! 間違いない! お~いと手を振ると、あちらも大きく手を振ってくれました。
さらに近づくと、紅白のお衣裳で~す。
c0179351_2041177.jpg

山頂に行くと、待っていてくださいました。果物をいただいたりして、しばし歓談。
それにしても気になるのは、私の後から登ってきているはずの駐車場でお話しした男性です。お初の山はわかりにくいものですからね、なかなか登ってこられないのでちょっと心配になりました。トレイルセンターに電話してくださって、そこに30分ぐらいいたということがわかってほっとしました。しばらくすると、岩場に人影が~ よかった。
c0179351_2071138.jpg

安心して、予定通りに下山です。お二方は、やっぱりこのポーズでした~
c0179351_2075975.jpg

今日はお二人にも出会え、トリカブトも見ることができてハッピー!
c0179351_2085242.jpg

トリちゃんの後ろ姿って、小粋な感じがしますね。
c0179351_2093017.jpg

トリカブトの花は毒々しいとおっしゃる方もおられますが、私は好きかな~ 取って飾ろうとは決して思いませんけどね。笑
c0179351_20103431.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-18 20:14 | 雲仙山系
台風の風が吹く
黒木~中山越~平谷越~経ヶ岳~直登ルート~中山越~西岳~金泉寺~西ノ越~黒木

台風が来ているようですが、それは北の方に行くようで、長崎には影響はないかもね~ お天気予報もピッカリマークだもんね~ と言うことで、秋の花が咲いている多良山系に出かけることにしました。

しかしであります、黒木に近づくと山々の上の方はガスに包まれていて、空も暗い。大きな台風はここにも影響を及ぼしているようです。

歩き出すと様々な花が咲いていますが、暗いし、風は強いし で、いい写真はとれません。悲し~ 写真撮影に手間取っていると、足取り軽く登っていく女性が・・・ お~Nさん。お久しぶり~ お互いにねらい目は一緒だけど、今日は空振り~ 残念でした。

平谷越しの手前からはすっかりガスに包まれました。
c0179351_21162850.jpg

崖を登っていると後ろからにぎやかな声が近づいてきます。なんとお子様連れ隊が登攀。これまた足取り軽く追いつかれそうな勢い。聞けば小学生で小さいお子さんは幼稚園。山頂でも登攀意欲は衰えず~
c0179351_2118277.jpg

笹岳の肩で一緒になったIさんと昼食を食べ~ 金泉寺を目指しました。途中にはジイソブが咲いていましたが、風強く~ボケボケ。
c0179351_21203131.jpg

金泉寺は今日も賑わっていました。それにそこは花畑。ミゾソバは本当にかわいいねえ。
c0179351_2121436.jpg

キバナアキギリもいい色です。
c0179351_21223490.jpg

ツリフネソウの色もとってもきれいですよねえ。
c0179351_21232477.jpg

これはミョウガの花。ひっそりと咲いていました。
c0179351_2124202.jpg

ゆっくりと楽しんで下山。途中もいろいろな花が咲いていました。でもどれも風に揺れ~ クサヤツデはフラッシュでやっと撮れました。
c0179351_21254364.jpg

レイジンソウも咲始めです。色はきれいなんですが、親戚のトリカブトと比べるとちょっと控えめ。
c0179351_2127710.jpg

以前の大雨の後ぐっと少なくなったアケボノシュスランも、少しだけ咲いていました。
c0179351_21281220.jpg

思いがけない台風の影響で涼しくもあったけど、写真を撮るのは大変でした。
あちこち遠征している山友さんたちは大丈夫かな。ちょっと心配になりますねえ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-15 21:35 | 多良山系
平戸街道を歩く⑤ 久しぶりに街道歩き まだ暑かった~
歩行距離15.2km 行動時間6時間

久しぶりに街道歩きです。6月に佐世保~佐々を歩きましたが、その後は雨だったり用事があったり・・・ その間真夏になり、街道歩きには厳しい季節になってしまいました。街道といってもそのほとんどは車道ですから、とても歩く気になれませんでした。9月に入り暑さも和らいできたので、再開です。といっても平戸街道は後2回をのこすのみです。

今日は佐々の三柱神社から街道歩きをスタートさせます。ここはりっぱな神社です。古びた階段が素晴らしいところでした。
c0179351_1072571.jpg

お隣の東光寺にも立ち寄りました。ここもまた立派。松浦家ゆかりの寺で、ここの瑠璃光薬師如来像は、豊富秀吉の朝鮮出兵の時に松浦軍とともに七年間朝鮮を転戦したそうです。よくぞまあご無事で~
c0179351_1075970.jpg

この庚申塔は犬塚とも言われます。ここの新田を作る際の汐止め工事は難航を極め、11年を要したそうです。それで、人柱を立てたらどうかという案がでたけど、39匹の犬を代わりにしたとか。ワンコを飼っている身としては悲しいけど、人柱を考えると犬でよかったのでしょうね。でも39匹の犬の最後を思うとちょっとねえ・・・
c0179351_10104711.jpg

この辺りは佐々の渡しと言われた場所。そのころは歩いて渡ったのかなあ・・・ 今は白魚漁で有名らしいです。
c0179351_10162026.jpg

佐々の本陣跡にはりっぱな庭が残っています。でもこの本陣は殿さまのお気に召さなかったらしく、泊まらんやったとか。なんで~ ちなみに本陣とはその地域の庄屋や大きな商家があてられ、今のお金にすると3~5万円くらい払っていたとか。ちょっと少ないんじゃない?そうでもない?
c0179351_10171872.jpg

江迎に向か街道で一番の峠は江里峠。
c0179351_10231655.jpg

殿さまもここで休んだいたもよう。伊能忠敬や吉田松陰も通った峠です。
c0179351_10234810.jpg

そこからちょっとだけ自然の道。
c0179351_10244139.jpg

しかしであります。想定外!
c0179351_10251985.jpg

なんでこうなるの~ 短いから許せるけどねえ。
c0179351_10255165.jpg

この藪を抜けて車道に出ると、こんな看板が。
c0179351_10262413.jpg

どこどこ~? どうやらあれのよう。よくわからんねえ。
c0179351_10271511.jpg

さらに進むと、川で街道は途切れています。看板はこうだけど・・・
c0179351_10294864.jpg

渡れません。
c0179351_10301664.jpg

江迎に入っていくと、昔は景勝地であった高岩があります。旧道は高岩の下を通っていたようですが、今は危険なために歩けないらしい。
c0179351_10312329.jpg

佐々では寿福寺に立ち寄りました。ここも立派なお寺です。そこからの佐々の街の眺めはいい感じです。
c0179351_10362546.jpg

佐々は千灯篭祭りが有名なようですが、これがその灯篭を飾る塔。
c0179351_10372242.jpg

吉田松陰が腰かけたとい石もありました。有名人は座っただけで史跡となる~ 笑 
さて、ここのはちょっとイメージが残っているけど、こういう一里塚の石柱はどうなのか・・・
c0179351_10522595.jpg

 一里塚とは文字通り塚なので、盛り上げてこんもりしたものでしょう。それなのに石柱だけだったら、何も疑わない人はこういう石柱が一里ごとに立っていたと勘違いしますよねえ。
c0179351_114929.jpg

今回、久しぶりに街道を歩き、また新たな発見がたくさんありました。何度も車で通っている場所でも、歩いてみないと分らないことがたくさんです。歩くことによって、その土地に対するイメージも親しみも違ってくるような気がします。
平戸街道歩き、次回は最終回。どんな出会いがあるでしょう。
今回のルート
c0179351_10565458.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-13 11:04 | 平戸街道
かわいい花さんたち
仁田峠~紅葉茶屋~新道~普賢岳~紅葉茶屋~妙見神社~仁田峠

どんよりした空・・・ 降りそうだなあ・・・ と思いましたが、一日曇りと言う天気予報を信じて出発。下から見る雲仙はやっぱり霧の中。だよね・・・
仁田峠循環道に近づくと、なに~ 10時まで通行止め。いや登ったら10時まで降りられないとか。登山する人にとっては10時までは問題ないけど、いったい何がおこっているのでしょう~?
仁田峠までいくとその謎は解けました。自転車がいっぱい!
c0179351_1959217.jpg

ヒルクライムチャレンジシリーズ2013 第2回 雲仙 普賢岳大会 と銘打って 国見町県立百花台公園をスタートし、仁田循環道路を経て雲仙仁田峠駐車場を目指す全長12km、標高差829mのコースを、自転車で登ります。こんな競技があるなんて知らんかったね~ ちなみに優勝者は45分で到着したそうです。すばらしい足です。

さてさて、そんなりっぱな足とは無縁の一登山者はボチボチ登りましょう~
登山道にはいろいろな花が咲いています。かわいい少女のようなソバナ。
c0179351_2065574.jpg

美しい色のアキチョウジ。
c0179351_2071560.jpg

オオマルバノテンニンソウは、虫にとってはご馳走のようでいつも葉っぱはボロボロになってしまいます。
c0179351_208880.jpg

元気なのはツクシコウモリやフクオウソウ。
c0179351_2092216.jpg

真っ白になるほどいっぱい咲いてくれるダイモンジソウは、今年の猛暑に負けたのかとても少ない。
c0179351_20101225.jpg

水玉でお化粧中。
c0179351_20104156.jpg

ヤクシマホツツジもきれいだねえ。
c0179351_2011333.jpg

このピンクのクルリンコがかわいいなあ。
c0179351_20113566.jpg

ガスは時々とれるものの、なかなか景色を見せてくれません。
c0179351_20121454.jpg

さあ、本日の一番かわいこちゃんはコフウロかな~ 本当にきれいな花。
c0179351_2013113.jpg

と言うわけでガスの中歩きました。途中でまたもや猫好きさん方に出会ったりして~ 出会う確率はそうとうに高い。笑

そして雲仙にできた山の店に行きました。
マウンテン ウエスト ピーク
千々石出身の若いお兄さんが、山好きが高じてオープンさせたそうです。気楽に入れるお店です。
雲仙のメイン通り、おもちゃ博物館の横の18銀行ATMの隣です。
のぞいてみてね。なんちゃって回し者ではありません。笑




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-08 20:24 | 雲仙山系
気持ちのいいお天気 秋だ~
黒木~中山越~金泉寺~多良岳~本多良岳~六体地蔵~金泉寺~黒木

昨夜は、食後に飲んだコーヒーのせいか、食べたケーキにもたれたのか… よくわかりませんが、なぜか寝付けず… 最後は起きだして睡眠薬の読書をしたりして、ようやく明け方眠りました。これは運動不足だ~ と、いいお天気の本日お出かけすることにしました。

目的地は多良山系。秋の花がいい感じじゃないかな~ 林道はクサアジサイロード。優しいピンクがとてもきれい。
c0179351_206618.jpg

しかし、大雨の影響はあちこちに。林道も倒木がとうせんぼしています。
c0179351_2064976.jpg

ウナギテの沢も水が多く、ドウドウと流れています。
c0179351_207263.jpg

靴を濡らすことはありませんでしたが、渡渉はけっこう神経を使います。ここはいつもなら簡単に渡れるのですが。
c0179351_2081778.jpg

山はめっきり涼しくなりました。真夏はちょっと動くと汗がボトボトとしたたり落ちましたが、今はじわっと汗ばむ程度です。金泉寺も静けさの中。
c0179351_2094870.jpg

ここで、そよかぜさん! と呼びかけてくださる方がありました。お初にお目にかかるTさん。HPをみてくださっているとか。ありがたいことです。おやつまでいただいて、ゆっくり山のお話をしました。多良に行かれるというTさんとお別れして、下山。と思いましたが、時には本多良まで行ってみようかなと思い直して、多良岳に向かいました。座禅岩からみる雲仙もとてもきれいでした。
c0179351_2015350.jpg

ナナカマドの実が色づいています。
c0179351_20155636.jpg

途中でTさんとご一緒になり、二人で本多良まで行きました。そしてまた四方山話し。笑 こんな出会いは楽しいですね~ Tさんこれからもよろしくです。

Tさんとお別れして下山しましたが、道はすっかり秋の色。
まずは熟れすぎのバナナ~ ではなくツチアケビ。
c0179351_20142781.jpg

ツリフネソウも咲きだしています。
c0179351_20163684.jpg

ヤマホトトギスは終わりだけど、つややか~ 本当に不思議な花。
c0179351_20255319.jpg

オオバヨメナは主役にはなれないけど、名わき役って感じかな。
c0179351_20181259.jpg

まだだろうな~ と思っていたら、モミジハグマが一輪咲いていました。
c0179351_2019169.jpg

そしてやっぱり出会って嬉しいミヤマウズラさん。
c0179351_20193913.jpg

この花、かわいいんですよねえ。
c0179351_2020486.jpg

こちらは似ているけど、シュスラン。ちょっと色味が赤いかな。
c0179351_20261227.jpg

ソバナやツクシコウモリ咲始め。秋は確実に進行中でした。

今日は思いがけない出会いもあり、楽しいひと時でした。
今宵はぐっすり眠れることでしょう。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-05 20:28 | 多良山系
台風一過とはならず
天川登山口~山頂 往復

台風も早々に熱帯低気圧に変わり、台風一過で青空が広がるかな~ と思いましたが、そうは問屋が許さない。雨・・・ 数人で天山に登ってゆっくりと花散策の予定でしたが・・・ 無理だねえこれは。しかし、あきらめきれない者が3人。いえ・・・ 私はどうでもよかったんだけど・・・ 他の二人がやる気満々で~ なんちゃって。

とにかく安全第一でして、比較的安全そうな天川の登山口から登ることにしました。当然ライバル0!
c0179351_20252370.jpg

天山は蛇紋岩ですからとっても滑りやすい。濡れたらもっとね。
c0179351_20261499.jpg

お目当てのマツムシソウは~ 咲いています。
c0179351_20264746.jpg

しばし散策。といっても結構な雨でございまして。
c0179351_20271948.jpg

カメラもびしょ濡れ。雨にけむるマツムシさん。
c0179351_20275796.jpg

キュウシュウコゴメグサもたくさん咲いていました。
c0179351_20282887.jpg

帰りはさらに足元悪く・・・
c0179351_20285497.jpg

しかし、こんな風景も。
c0179351_20291862.jpg

不思議な感じだなあ。
c0179351_20294072.jpg

下る道は、道ではなく沢。
c0179351_2030681.jpg

けっこうな流れです。
c0179351_20302692.jpg

流れの中を歩きます。好きねえ・・・
c0179351_2031494.jpg

この雨の中を歩くなんて、物好きだねえ~ と言いながら、楽しかったねえ~ が口から出るのでした。
ライバル無 と思っていましたが、肉まんさんも別の登山口から登っていたようです。好きねえ~ 笑

下山後は温泉&うわさのカリーでした。

雨もまたよし。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-09-01 20:33 | 佐賀県の山