<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小さな花をながめてみれば

第二回なちゅの会です。今回は大野原付近を散策することにしました。ここは演習場になっており、演習中はもちろん入れません。どうかなあ・・・ 猪見岳の山頂に赤旗が立っている時は、演習中なのですが・・・ 本日は立っていません。よかった~
c0179351_17542491.jpg

そぞろ歩きをしながらゆっくりと花を探します。そして、レンズを使って小さな花を拡大してみて見ます。どの花もなかなか美しく・・・ これはアイナエで、岩屋山にもあるので珍しくは無いのですが。本当に小さな花です。
c0179351_1757397.jpg

今回目立っていたのはこれです。ホソバノヤマハハコ。あちこちにいっぱいありました。
c0179351_17584758.jpg

このあざみはヤナギアザミ。
c0179351_1812583.jpg

しかしまあ、気持ちのいい場所です。演習場にしておくにはもっったいない。見えている山は郡岳。
c0179351_19154349.jpg

麓のたくさんのため池も見えています。
c0179351_19174045.jpg

遠くに虚空蔵山。空はうろこ雲。
c0179351_19182747.jpg

更に散策は続きます。この花はなあに~
c0179351_19194210.jpg

シロバナサクラタデ。山盛り~
c0179351_19202388.jpg

タカサブロウ殿もあちこちに。
c0179351_1921636.jpg

イボクサは別名イボトリグサだって。いぼが取れるのかなあ・・・ 名前は?でもきれいな花です。
c0179351_19232720.jpg

この手の花が種々ありましたが・・・ これはスズメノトウガラシorアゼトウガラシ?
c0179351_19245585.jpg

そして、これはお初のようなきがしましたが、オギノツメ。
c0179351_19304594.jpg

近寄って見ると、なかなか強面。
c0179351_19313253.jpg

一面に広がるミゾカクシに驚いたり・・・
c0179351_1934988.jpg

マメアサガオと思っていたのはもしかしてホシアサガオ。まあどっちにしても帰化植物。
c0179351_19355015.jpg

面白い案山子を見たり・・・ 本物もいるけど。
c0179351_19365845.jpg

ニラの花に囲まれたり。
c0179351_19373281.jpg

と、楽しい一日でした。
みなさん、ありがとうございました。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-30 19:39 | なちゅの会
ダンギクが見ごろになっています
今日の岩屋山をごらんください。
c0179351_17271548.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-29 17:28 | 岩屋山
秋の花探し
西側横断林道岸川ルート出合付近~雨山直登ルート~雨山~天山~天川駐車場~閉鎖車道~横断林道
山馬鹿さん そよかぜ

みなさん昨日のお疲れでお休み~ なのですがのんびり登山に出かけることにしました。目的地はお手軽な天山。ここは雄大な展望と花で人々をひきつける山です。
本日のルート
c0179351_10511988.jpg

c0179351_10514537.jpg

小城の正面方向からの道は崩れているとかで、スキー場方面から入ってきました。そして天山ダムの見えるあたりに駐車してスタート。この林道からの眺めもなかなかです。
c0179351_10534866.jpg

この道も様々な花が咲くのですが、草刈でさっぱりしていますねえ・・・ 魔の手を逃れた花たちはがんばっていました。
c0179351_10545627.jpg

本日は雨山へ直登ルートを選びました。が!最初からこれで~す。
c0179351_10561116.jpg

とちゅう振り返ってもこれで~す。なしてこのコンビの時は藪こぎになるのでしょう?天山で藪こぎってあんまり聞いたこと無いよねえ。
c0179351_10573182.jpg

最初から最後までの藪を歩き、やっと雨山へ到着。やれやれ・・・ 天山がすすきの向こうで笑っていました。
c0179351_10585028.jpg

ここからはお楽しみの始まり。といっても最近は超貴重種を探すより、ある花を楽しむという方向になるつつあります。ノダケの色がいいですねえ。
c0179351_111758.jpg

今は何と言ってもアキチョウジが真っ盛りです。きれいな色です。
c0179351_112726.jpg

ウメバチソウはまあるくてかわいいつぼみが出ていました。探せば開花株もあったようです。
c0179351_113373.jpg

リンドウはまだまだこれから~
c0179351_1134579.jpg

センブリもやっと咲き始め~
c0179351_1141545.jpg

トリカブトも咲き初めでつぼみもたっっぷり。先日脊梁で見たトリカブトと比べると、か細く繊細な感じ。同じトリカブトとは思えないくらい。でも毒はいっしょの威力?
c0179351_1155769.jpg

ミゾソバのコンペイトウもかわいいかわいい。
c0179351_1163021.jpg

ツルニンジンにも出会えてよかった~
c0179351_1171288.jpg

車まで戻る時に見た雨山の稜線。あの尾根を藪こぎで登ったんだなあ・・・
c0179351_118999.jpg

それにしても一気に秋になりました。
c0179351_1185073.jpg

秋です。
c0179351_119102.jpg

秋で~す。
c0179351_1193151.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-27 11:14 | 佐賀県の山
本日も笑いしわが増えました
別所駐車場~奉弊殿~中岳~北岳~高住神社~自然歩道~別所駐車場
リバーさん マツさん みーさん クラッカーさん みつばさん はまもっちゃん そよかぜ

今回はご希望により正面の登山道を使い山頂を目指します。これはなかなかの登りなんですよねえ~ 行ったことがある人は分かるけど、ほとんどず~っと階段登りなんだから・・・ でもまあみんなで登れば恐くない!

本日のルート
c0179351_21113953.jpg

c0179351_2112747.jpg


別所駐車場から歩き出し奉弊殿へ向かいますが、初めての方はこの階段を見てため息~
c0179351_2115122.jpg

ですよねえ・・・ でもこれはほんのさわりでありまして、これが延々と・・・ ほとんど展望はないし、代わり映えのしない道を我慢の歩きです。目立つ花もほとんどなく、小さなコフウロがひっそりと咲いているばかり。
c0179351_21171669.jpg

疲れて来たころ最後の階段登りが待っています。
c0179351_21182081.jpg

山頂で記念撮影をして、昼食~
c0179351_2119387.jpg

今度は北岳経由で高住神社へ降ります。ここは岩場や鎖ありでちょっとスリリング。でも変化があって面白い。
c0179351_21202589.jpg

ずっと以前はザレザレで登り辛かった道も今は木の階段になっていて歩きやすくなりました。お行儀良く歩いております。
c0179351_21215776.jpg

逆鉾岩とか屏風岩とか名前の付いた奇岩があり、ここにイワタバコがびっちりついていました。
c0179351_21233055.jpg

高住神社からは自然歩道を歩きました。ススキが輝いていてきれいでしたよ~
c0179351_21242682.jpg

温泉はシャクナゲ荘。入浴券を購入するのに、誰かさんはお札を入れるところに百円玉をきれいに並べて、「券が出てこない」と・・・ それを見て大笑いしていた誰かさんは温泉グッズを玄関に置きっぱなしで「私の荷物はどこ・・・」  おかげでアルツが心配な毎日を送っている私たちは自信を回復したのでありました。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-25 21:02 | 福岡県の山
トリカブトと秋刀魚の山②
旬の「秋刀魚」を食べ、元気に『トリカブト』を堪能しよう!
登山口テント泊で目覚めた朝。本日は西の尾根を歩きます。まずお断りしておかなければなりませんが、国土地理院の山名と地元の人が指す山名が違っていますので、とりあえず地元の呼び方優先に書いております。
国土地理院 蕨の山 = 地元 鷹の巣山
国土地理院 積岩山 = 地元 岩茸山
山頂標識もどちらもあったり、なかったり・・・
地元の呼び名優先で山犬切登山口から行くと 鷹の巣山⇒蕨野山⇒岩茸山⇒積岩山 となります。
現在山名変更を申請中だそうです。

山犬切登山口7:15~鷹の巣山(蕨野山)8:20~蕨野山9:10~岩茸山(積岩山)9:30~積岩山9:55 10:15~岩茸山10:30~蕨野山10:45~鷹の巣山11:20~山犬切登山口12:05
行動時間4時間50分  歩行距離8・5km  標高差+697m -697m
山馬鹿さん 島さん クラッカーさん そよかぜ

5時起床で目覚めた朝。空は美しい星。さっそくご飯対決がはじまりました~笑 朝食はパンなのですが、お弁当はおにぎりなので、平行してせっせと作ります。さて~素晴らしいロケーションのこの地から見ると、なんてきれいなんでしょう。
c0179351_1731443.jpg

朝食後、用事がある風さんとエミリーさんは帰宅の途に着きました。ご一緒してくださってありがと~ また美味しいご飯をお願いしま~す。
本日のルート
c0179351_17365347.jpg

c0179351_17372067.jpg

さて、私たちは北側のトンネル入り口に移動して登山開始です。昨日の二組のご夫婦グループと前後して登ることになりました。こちらの道は昨日の道からしたら、もっと荒れていて、所々不明瞭です。テープ目印はついていますが、慎重に歩かなければなりません。展望もほとんどなく、時々見える程度。
c0179351_17362343.jpg

最初の山頂は国土地理院では 蕨野山 となっている鷹の巣山。このように銀色の標識は 蕨野山 と書いてあり、小さく「間違い」とあります。下の手製の木の標識では 鷹の巣山 となっています。
c0179351_1742280.jpg

このように山頂には手製の標識がつけてありました。
c0179351_1743138.jpg

何も写真に撮るものがないような山で・・・ 標識ばかり・・・ を撮っております。
c0179351_1744285.jpg

所々美しい場所もあります。
c0179351_17444516.jpg

折り返し地点の積岩山でコーヒーブレイク。まもなくご夫婦グループも到着されました。
c0179351_17461016.jpg

ブナの実はまだ固くしまっていました。
c0179351_17464767.jpg

さあ、帰路はまた違って見える景色ですが、アセビが茂っている所もあるので、用心しながら引き返しました。途中蕨野山の標識に気がつかず、通り過ぎたのかなと思いました。しかし、鷹の巣山に来た時にびっくり・・・ あのお手製の標識がなくなっていました。それ銀色の標識に「間違い」と書いてあったところには、ビニールテープが張ってありました。確かに国土地理院の地図だけを見て歩くと勘違いが起こるかもしれません。が・・・ どうしたものか・・・ 私たちは情報を持って歩いていましたので、お手製の標識はありがたかったのですが。

登山口までもどり、温泉にはいりさっぱりして帰ってきました。
みなみなさま、ありがとうございました。
c0179351_17492229.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-21 17:55 | 熊本県の山
トリカブトと秋刀魚の山①
旬の「秋刀魚」を食べ、元気に『トリカブト』を堪能しよう!
と銘打った山旅に出かけることになりました。実は春に同じ山域を縦走した時にトリカブトの大群落に出会いました。春だったから、花は咲いていませんでしたが、一面に広がる葉っぱが素晴らしい情景を彷彿とさせました。これはいつか咲いているときを見てみたいと思っていましたが、早速の企画に万々歳。今回は泉・五木トンネル付近にテントを張り、東側の山犬切方面と西側の鷹の巣山方面に行くことになりました。

9月19日
長崎5:00=五木村道の駅9:00=泉・五木トンネル北側 山犬切登山口10:25~石南山~石南越10:55~南山犬切11:55 12:20~七遍巡り12:35~山犬切峠13:05 13:35~七遍巡り14:15~南山犬切14;30~石南越15:20~石南山15:25~石南越登山口15:40~山犬切登山口15:50
行動時間5時間40分  歩行距離10.5km  標高差+929m -877m
福岡組 風さん エミリーさん
長崎組 山馬鹿さん 島さん クラッカーさん そよかぜ

五木村の道の駅で合流して、登山口へ向かいました。前回は石南越登山口から出発しましたが、今回は泉・五木トンネルの北側入り口にある山犬切登山口から出発します。
c0179351_1429381.jpg

c0179351_14293676.jpg

林道沿いにはアケボノソウがいっぱい。
c0179351_1430217.jpg

さあて、今回の山での一番の難所。写真ではよくわかりませんが、急勾配の登りです。足元注意!
c0179351_13524399.jpg

この道はブナやミズナラが多くて、きれいな所です。
c0179351_13533422.jpg

アップダウンを繰り返しますが、危険な所も急登りも少なく歩きやすい。だから、表情にも余裕がありますね~
c0179351_13545942.jpg

七遍巡りを過ぎて、P1553に近くなるとトリカブトの最初の群生地です。お~!すごく立派でお見事、どの花も重たそうに頭をたれています。この花なんか高さが1.5m以上でした。
c0179351_13571763.jpg

花束みたいにいっぱい花をつけています。
c0179351_1358177.jpg

しかしまあ、お見事です。
c0179351_13593783.jpg

鹿の魔の手をのがれたコフウロがトリカブトに囲まれてひっそりと咲いていました。
c0179351_1359159.jpg

さあて更に進むと、今では廃道になった林道にでますが、ここが一番の群落地です。どこまでも広がるトリカブト。
c0179351_1435711.jpg

鹿も食べない毒草だからこそ、生き延びて大群落を作っているのでしょう。
c0179351_145614.jpg

ここで、同じ長崎から来たというKさんご夫婦・日田から来たというUさんご夫婦と出会いました。同じようにトンネル付近でテント泊だとか。この出会いは夜の宴会を大いに盛り上げる結果となったのですが・・・
さあて、帰りも快調に歩きました。ほとんど展望の無い縦走路ですが時たま開けると市房山が大きく見えました。
c0179351_1411882.jpg

登山口に戻り、私たちはトンネルの南側入り口にテントを張りました。さっそく乾杯のあと、秋刀魚を炭火でやきます。これが美味しい!それに今回はご飯対決もありまして・・・ かたやちょっとこだわっていると言う風さん。こなたご飯炊きだけは自信があるという山馬鹿さん。さあ~どっちが上手く炊けるかな~
c0179351_14123831.jpg

そうそう、この長さ450mのトンネルかなり響きまして、こちらで歌えばトンネルの北側でテントを張っている出会ったご夫婦たちも歌い返す。
c0179351_14161749.jpg

その内にあちらからやってまいりました~ そして、風さんのリードで歌合戦。いいねえ~
c0179351_14173538.jpg

おりしも本日は私の誕生日でもありまして~ ハッピバースディーツュー と歌っていただき、ケーキもありで、最高の誕生日となりました。
c0179351_14192930.jpg

やがて、夜の帳が下りてくるころ、北側組は帰って行きました。美しい夕景そして素晴らしい星空。星も流れ~ 静かに夜は更けていくのでした。
c0179351_14213611.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-20 19:04 | 熊本県の山
もうお腹いっぱいです
みつばさん そよかぜ

昨日からぴっかりいいお天気。ウズウズと虫が動き出しました。「行くよ~」「わかった~」で本日ものこのこ出かけて行きました。

登山口に着くと、なんとぼん天棒さんご一行様。もしかして~ なんて思わないではなかったのですが、バッタリの出会いにお互いビックリ~ こんな出会いもいいものですね~

さて、ぼん天棒さんたちとお別れして、いつものブラブラ歩きの始まりです。登山開始から1時間あまりのところで、若者いっぱい&中高年少々の15人ぐらいのグループに遭遇しました。何でも社員研修で登山ということでした。新入社員の若者は元気ハツラツオロナミンCです。しかし、かたや中高年のお一人はバテバテの模様・・・ 行き先はまだまだ遠そうなのに・・・ 大丈夫かいな~

歩く道にはアケボノシュスランが咲いていましたが、つぼみが多く色つきもいまいちでした。これはちょっと終わりかけだけど、アケボノ色になってきていました。
c0179351_1948848.jpg

さあて本日もキノコ探し・・・ と座り込んでいるのはNさん。お目当ては一緒だったようです。そして、ありました~! それもたくさん!
c0179351_19491272.jpg

たまご~なれのはて までいろいろとありました。これは幼菌で直径が5cmぐらいあります。明日は出てくるかな~
c0179351_19505467.jpg

これはやっとスカートをちょっとのぞかせたキンコさん。
c0179351_19515364.jpg

しばらくするとちょっと伸びてきました。
c0179351_19523630.jpg

もうしばらくすると少し開いてきました。
c0179351_19531525.jpg

完全に開くのには2時間ぐらいかかるそうです。じっと見ていると、ジワッジワッと開いていくのが見えるんですねえ。本当に感動しました。そしてこのように完璧に開いた姿になるんですね。
c0179351_19551584.jpg

しかし、ウスキキヌガサタケの命は短く、午前中に開き、虫に食べられながらしぼみ、一日で終わってしまうのです。バイバイする前に見たキノコさんはもうしぼんできていました。幕切れにふさわしく、最後のライトアップを受けて輝いている姿が印象的です。
c0179351_19595541.jpg

お腹いっぱいウスキキヌガサタケをみてもう満足!お腹いっぱい!見とれていましたが、すでに1時間30分ぐらい座り込んでいましたので、出発することにしました。途中で見たツルニンジン。大好きな花の一つです。このツルニンジンを見るたびに、初めて郡岳~五家原岳までを女三人で縦走した時、最後の力を振り絞って登り続けた五家原岳の中腹に咲いていたのを思い出します。
c0179351_205169.jpg

さてさて、この立派なお腹はだあれ~
c0179351_2071497.jpg

おまけにギョロ目です。
c0179351_2074738.jpg

歯はギザギザで恐そう。
c0179351_2082332.jpg

尻尾はこんな風。
c0179351_2085371.jpg

分かった人はいるかなあ~ こんな怪獣見たこと無いって! 見ているはずです。あなたも私も・・・ 
正解は~ これ~
c0179351_2010185.jpg

これでもわからんて・・・ これですよ~ ツリフネソウ。笑
c0179351_2015613.jpg

ツリフネソウはつぼみの時はふぐみたいでかわいいね~
c0179351_2021792.jpg

これは何の花でしょう?
c0179351_2019289.jpg

きっと食べたことがあるはず!これですよ~
c0179351_20195322.jpg

ミョウガでした。
この蝶はカラスアゲハでしょうか、とってもきれいでした。
c0179351_20215629.jpg

レイジンソウも咲き初めで、これからきれいになりそうです。
c0179351_2018262.jpg

Nさんご一緒してくださってありがとうございました。とっても楽しかったです。
Tさん・Wさん・Aさんお会いできて嬉しかったです。
ぼん天棒さん、いいお花さんとの出会いがありましたか~?
 
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-17 20:29 | 多良山系
ウンゼントリカブトは咲き始め
田代原~北尾根~九千部岳~自然歩道~田代原
みつばさん クラッカーさん そよかぜ

遠出しようかあ~ と話し合っていたのですが、あんまりお天気はよくないようで~ それなら近場の九千部岳に行こうか~ と相成りました。田代原からの登山が解禁されたので、こちらからの久しぶりの登山になりました。

湿った地面は滑りやすいので、用心して登りました。さてさて・・・ トリカブトはどうかなあ・・・ おお~ ボチボチ咲いています。まだ咲き初めでつぼみが多いようで、これからが楽しみです。
c0179351_18255297.jpg

途中で見かけたツルリンちゃんは色白~
c0179351_18265110.jpg

こちらは普通のツルリンちゃん。でもなかなか美人です。
c0179351_18333957.jpg

キバナアキギリも咲き始め、秋の訪れを感じさせます。
c0179351_18285368.jpg

ガスがかかっていた雲仙も見え始めました。
c0179351_18294163.jpg

本日の一番の難所は田代原の木道歩き!ツルリンコンに要注意でした。008.gifただただ足元だけ見て歩きましたので、周囲を観察する暇なし!003.gif
本日も話しに花を咲かせながらの歩きでした。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-15 18:34 | 雲仙山系
なんと美しい完璧なウスキキヌガサタケ
平谷キャンプ場~平谷越~経ヶ岳南壁巻道~つげ尾~釜伏山~狸だまり~谷道~林道~岩屋越入口~平谷キャンプ場
山馬鹿さん みつばさん そよかぜ

本日も多良山系へ向かいました。明日からの下り坂のお天気を映して、雲の多い安定しない空ですが・・・ 平谷から見上げる山々ガスがかかっています。地面もしっとり濡れていて、スリップに注意して歩きました。

本日は本当にお久しぶりに経ヶ岳の南壁下の道を歩くことにしました。この道は一般的ではなく、不明瞭&危険な場所で、お勧めではありません。それでも、この迫力。
c0179351_21455190.jpg

落石があった場合はとっても危険な道です。
c0179351_21464484.jpg

遠くからでもめだつ壁は、昔からクライマーの対象となっていたようで、その残骸もたくさんあります。
c0179351_21475659.jpg

このずっと上が山頂なんでしょうねえ。
c0179351_2148488.jpg

最後はけっこう危険な登りでした~008.gif 
つげ尾でご飯を食べて、釜伏山へと向かいます。ここはシャクナゲのころにはきれいなのですが、今はとっても静かな道でした。そして、展望が開けるところからは~ なかなかいい眺め。
c0179351_21512170.jpg

狸だまりからは岩屋越に行かずに林道におりました。そこにはツリフネソウがいっぱい!
c0179351_21523366.jpg

おお~ 素晴らしいノドチンコです・
c0179351_21531188.jpg

林道から見る経ヶ岳はガスの中でした。
c0179351_2154412.jpg

そして本日のメインデッシュ!山馬鹿さんが見つけたので、山馬鹿ウスキ姫。あまりの美しさに触る、嗅ぐ、なでる~016.gif 完璧なお姿のウスキキヌガサタケに魅了されました。
c0179351_21571512.jpg

上から見ると~
c0179351_21575343.jpg

後から見ると~ まあるいのは幼菌で、明日には大きくなるのでしょうか~ 触るととっても柔らかでした。幼菌の上のくちゃっとしたのは脱ぎ捨てたおくるみです。笑
c0179351_21593112.jpg

まるで森の中に燈る明かりのように見えました。
c0179351_2201974.jpg

ありがと~!!010.gif
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-11 22:03 | 多良山系
小さな秋を見つけに
岩屋山に出かけました。
今日の岩屋山をご覧ください。
c0179351_16401565.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-08 16:41 | 岩屋山