<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

九重山系 花牟礼山(はなむれやま)1170.3m 
崩平山(くえんひらやま)1288.4m

花牟礼山牧野車道終点~花牟礼山~車道終点 往復2時間30分
崩平山登山口~崩平山~登山口 往復1時間50分
長者原タデ原散策
hirokoさん よっちゃん カトレアさん 山馬鹿さん pandaさん みつばさん そよかぜ

ここのところ少しは登山者も多くなってきたようですが、九重山系にあってほとんど忘れられたような花牟礼山。登ったことがないという人もいましたので、出かけることにしました。一座では簡単すぎるので、朝日台の後に鉄塔をたくさん立てたなだらかに見える山、崩平山にも登ることにしました。

花牟礼山は以前行ったときは花が一杯咲いていました。今回はどうかな。
ずっとお天気が続いていた今日この頃ですが、何故か今日の空は今にも雨が落ちてきそうな気配。何故~?訳はすぐにわかりました。hirokoさんとよっちゃんの組み合わせの時は、雨~ なのです。わざわざ二人を引き合わせた私が悪い・・・ 後は晴れパワーを発揮するしかないでしょう。

それはさておき、牧野道の入口付近にはツリフネソウやキツネノカミソリも咲いています。様々な花が咲いていますが、今はサイヨウジャジンがたくさんです。それにフシグロセンノウも鮮やかな色で咲いていました。
c0179351_23425251.jpg

ハバヤマボクチの不思議な花もあります。本当はもうちょっと色がつくけどね。
c0179351_23433166.jpg

ママコナも一杯。
c0179351_2348646.jpg

これはヒロハトラノオかな。
c0179351_19233637.jpg

しかし、一番のお目当てだったヒゴタイはみんな折られていました。はっきりとヒゴタイだけをターゲットにしたような切り方です。なんと・・・ ガックリ・・・
カヤが生い茂った道は、足ともが分からず注意が必要でした。泳ぐように歩いて行きます。
c0179351_1928182.jpg

山頂では案内板がテーブルになっておやつタイム。200円のブドウと100円のブドウ、その差を見極めるべくイナゴのごとくブドウに群がる面々でした。よっちゃん曰く、イナゴが出てくるから年がわかるとかなんとか・・・ そお~???
c0179351_2034185.jpg

下山時には案の定道に牛さん。登りがけ牛を見かけたpandaさんが「ノラ牛?」と言うものだから、爆笑!だったね。
よっちゃんはこの後選挙のために帰宅するので、ここでお別れです。よっちゃん、来てくれてありがとう。

そろそろお腹もすいてきたので昼食ですが、今日はレストランで食べることにしていました。そして入った所で豪華ノラ牛ステーキ地鶏の炭火焼をいただいたのです。昼間っからごめんねえ。これがおいしくて、味わいたいのに口の中で溶けていく・・・ 行かないで~ 満腹になってあやうくお次の山を忘れそうになった面々です。

さあてと、崩平山へは朝日台のレストランの裏側の林道をゲートまで車で行きます。途中かなり道が悪くヒヤリとしましたが、なんとかセーフ。
登山口まではツリフネソウが一杯です。
c0179351_19402664.jpg

ここにもいろいろな花が咲いていましたが、一番目だっていたのはイヨフウロ。こんなに見たのは初めてかもしれません。
c0179351_19413148.jpg

群生しています。
c0179351_19415798.jpg

山頂の標識には「くえんひらやま」とふりがなが書いてありました。
c0179351_19424937.jpg

広々とした山頂は展望も良さそうですが、今日はガスで何も見えません。
c0179351_19434221.jpg

下山後はタデ原散策。いろいろな花が咲いていました。ヒゴタイは山盛りあります。「登らんでもよかねえ」
c0179351_19445877.jpg

サワギキョウのきれいな色は印象的です。
c0179351_19453586.jpg

みんな突然木道に倒れこみました。ナンジャラホイ。
c0179351_2013783.jpg

それはね、逢いたかったシラヒゲソウが咲いていたからです。それも山盛り。感激~
c0179351_19472142.jpg

アップにしたらもっときれい。なんて不思議なつくりなんでしょう。どうしてそうなの~ でも本当に嬉しい花との出会いでした。
c0179351_1948986.jpg

それにこの花もきれいでした。ミズオトギリ。可憐なピンクでバラのよう。
c0179351_19513094.jpg

そして、これはまた変な花。ナンバンハコベ。ナンバンとつくけど、れっきとした在来種。
c0179351_19524011.jpg

もう満足満足。
ここでカトレアさんとはお別れ。またご一緒しましょうね。

この後山里の湯の炭酸の温泉に入りに行きました。入ると体に気泡がまとわりつきます。pandaさんの「シワシワする~」の言葉に「ピチピチでしょう」と、何故かシワシワに過剰反応するお年頃の女子チームでした。

登って、食べて、花を見て、温泉に入って、笑って・・・ なんと幸せな一日だったことでしょう。
お付き合いくださった皆さま、ありがとう~
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-08-30 23:52 | 大分県の山
天山1046.2m 通石山900.2m
上宮~天山~上宮  通石山登山口~通石山~登山口
山馬鹿さん そよかぜ

今日はちょっと遠くにお出かけの予定でした。ところが一人は病に倒れ~ 一人はお仕事モードに突入。ということで残り者で軟弱登山に出かけることにしました。

まずは天山で花観賞。秋本番の花にはちょっと早いけど、マツムシソウが咲いているはず。ありました~ きれいです。こうしてみると 立てばシャクヤク 坐ればボタン ・・・ みたい。
c0179351_20572134.jpg

サイヨウシャジンもホソバシュロソウも山盛り咲いています。
c0179351_20582411.jpg

モウセンゴケも小さな花を咲かせています。それにしてもちっちゃいね。3mm。
c0179351_2059246.jpg

オミナエシも空に映えてきれい。これで香りさえよければねえ・・・ 足の裏の匂いがするからなあ・・・
c0179351_2105038.jpg

キュウシュウコゴメグサは花束のように咲いていました。
c0179351_2111785.jpg

トリカブトはまだまだ固いつぼみです。
c0179351_2132388.jpg

空はすっかり秋の色。涼しい風が吹き、じっとしていると寒いくらいでした。
c0179351_2141720.jpg

ここだけではあまりにも軟弱すぎということで、もう一座登ってない山に行くことにしました。天川のバス停から北の方面にある通石山。標高は900mを越えているのに、有名ではありません。登山口はこんな感じ。
c0179351_2173226.jpg

登山時間は~ 15分。されど、最初から転げるような道を登らなくてはなりません。行きは良い良い、帰りは恐い~ 山頂はこんなかまぼこ板みたいな標識があり渋い山頂です。
c0179351_2195396.jpg

この山の名前は山頂側のこの石から来ているみたい。以前は祠が祭られていたとか。
c0179351_21104693.jpg

ちゃんと人が通れます。モデルは山馬鹿さん。
c0179351_21114450.jpg

下山後、もう一座!と思ったけど、相方さんはお疲れのご様子。ということで樫原湿原に向かいました。いま湿原はサギソウの花盛り。
c0179351_21133784.jpg

他にもたくさん咲いていましたよ。ユウスゲ・サワギキョウ・ノアザミ・ヒツジグサ・ワレモコウなどなど
c0179351_211620100.jpg

このエイリアンはどなたでしょう。
c0179351_21181592.jpg

ミズトンボ~
c0179351_21184312.jpg

アカバナさんとは久しぶりのご対面。
c0179351_21192329.jpg

風太さんともお話できて楽しい一日でした。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-08-24 21:21 | 佐賀県の山
五家原岳
黒木~横峰越~五家原岳~西ノ越~金泉寺~西ノ越~黒木
リバーさん まつさん みつばさん クラッカーさん そよかぜ

今日は五家原岳に訓練もかねて周回縦走をすることにしていました。前日までこのお天気では暑いだろうなあ・・・ と思っていました。これは過酷な登山になるぞ~ と覚悟を決めていました。
でも、なんと空は曇り。このままでいてくれればラッキー。

川沿いの道は涼風が吹き、いい感じ。更に稜線も風が助けてくれます。五家原岳に着きましたが、ガスがかかって展望はありませんので、金泉寺に急ぐことにしました。
ナガバノコウヤボウキが可愛い花を咲かせていました。
c0179351_2254638.jpg

ジンバイソウも咲いています。地味ですねえ。
c0179351_226276.jpg

ソバナは可愛いね。
c0179351_2271389.jpg

ハグロソウは唇をビロ~ンっと。
c0179351_2275036.jpg

シギンカラマツも見頃になってきました。
c0179351_2282163.jpg

オオバヨメナ畑~
c0179351_229180.jpg

金泉寺でこれまたミニミニそうめん祭り。金泉寺の工事は着々と進んでいます。
c0179351_2294641.jpg

オオキツネノカミソリの群生地は 祭りの後。
c0179351_22105729.jpg

そうそう、今日はアオフタバランにも会いました。ちゃんと双葉がついていましたよ~
c0179351_2212958.jpg

思いがけずに涼しい一日でした。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-08-22 22:13 | 多良山系
夢見山

今年もやっぱり出かけて見ました夢見山。この花を見なければ夏が終わりません。今年は花をつけている株が少なく、ちょっと寂しいな。
でも、大株もあり存分に楽しみました。
c0179351_22124034.jpg

昨年みた朽木から萌えだした小さな株は、こんなに大きくなりました。側には姉妹株もあります。これも楽しみ。
c0179351_2214423.jpg

オオキツネさんもこっそり咲いていました。
c0179351_2215782.jpg

それにしても暑い!ヘロヘロだあ~ アルプスより辛い・・・
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-08-18 22:15 |
女二人の裏うら銀座縦走 全①②③④レポ完了
烏帽子岳2628m 野口五郎岳2924.3m 水晶岳2986m ワリモ岳2888m 鷲羽岳2924.2m 三俣蓮華岳2841.2m 双六岳2860.3m 弓折岳2588m 笠ケ岳2898m
クラッカーさん そよかぜ

8月5日 長崎=名古屋=松本=信濃大町 泊
  6日 信濃大町=タクシー=高瀬ダム~ブナ立尾根~烏帽子小屋~烏帽子岳~烏帽子小屋泊
  7日 烏帽子小屋~野口五郎小屋~野口五郎岳~水晶小屋泊
  8日 水晶小屋~水晶岳~水晶小屋~ワリモ岳~鷲羽岳~三俣山荘~三俣蓮華岳~双六岳~双六小屋泊
  9日 双六小屋~弓折岳~秩父平~笠新道分岐~笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳~笠ヶ岳山荘泊
 10日 笠ヶ岳山荘~笠新道分岐~笠新道~新穂高温泉=温泉入浴=高山=名古屋=長崎


今年は裏銀座方面に行こうと話し合っていました。本来の裏銀座は最後に槍に登るのですが、槍は何度も登っていますので、最後の山は笠ヶ岳にしました。裏のうらで裏うら銀座縦走です。今年の夏はお天気が安定せずなかなか晴れマークが並びません。でもなんとかなるだろ~っとね。

8月5日 長崎=名古屋=松本=信濃大町 泊
 

長崎からは登山口まで行くのも一日がかり。列車を乗り継いで信濃大町までやってきました。今日はビジネスホテルの個室でタップリと睡眠をとることにしました。明日からはいやでも雑魚寝の日々なのですから。

8月6日 信濃大町=タクシー=高瀬ダム7:45~ブナ立尾根取り付き8:15~烏帽子小屋13:10~烏帽子岳14:55~烏帽子小屋15:30 泊
行動時間8時間 歩行時間6時間30分

高瀬ダムまでは指定タクシーしか入ることが出来ませんので、予約していたタクシーで高瀬ダムまで行きました。8000円也。ここは不思議なダムです。なんと堰堤は大きな石を積み上げてあります。しばらく前まではアジア一のダムだったとか。
c0179351_2125584.jpg

この堰堤をジグザグにタクシーは登っていきます。堰堤の上が終点。ダムはいつもならもっと美しい色だそうですが、今年は雨が多いのでちょっと濁り気味。
c0179351_2144661.jpg

堰堤から続く長いトンネルを通って、長いつり橋を渡ります。
c0179351_218514.jpg

砂浜のようなダムサイトを通ってやっとブナ立尾根の取り付きです。ブナ立尾根はアルプス3代急登に数えられています。さあぼちぼち歩きでがんばるぞ~!
c0179351_109502.jpg

最初から急登りではありますが下から12~1の番号がついていますので、その番号の所では必ず休憩すると決めて出発。タマガワホトトギスやソバナやカニコウモリがタップリと咲いています。
c0179351_10145453.jpg

ブナ立尾根と言うわりには、途中からブナ林が少し続きますが、後はこんな感じ。
c0179351_10165799.jpg

花はたくさん咲いています。センジュガンピの可憐な花。クガイソウもきれいな色です。
c0179351_10175119.jpg
c0179351_10265324.jpg











ヤマハハコやヤマホタルブクロ、ヨツバシオガマにエゾシオガマ。
c0179351_1029214.jpg
c0179351_10293123.jpg











途中の7番の休憩場所です。登り一辺倒の道だけど、こんな風にポイントで休んでリズミカルに登っていくと、5時間ぐらいで山小屋に着きました。登ってみればなんてことないよ~ 登ったから言える~ (^o^)
c0179351_10424589.jpg

山小屋の前はチシマギキョウの花畑。
c0179351_10492063.jpg

山小屋でチェックイン?を済ませ、烏帽子岳に出発。烏帽子岳までは往復1時間30分です。うわさの偽烏帽子に登り、一旦下って上り返しです。オオ!見えてきました烏帽子岳。なかなかの岩峰です。
c0179351_10523586.jpg

烏帽子岳に向かう間にはコマクサやミヤマコゴメグサなんかもたくさん咲いていました。でも一番好きだったのは、リンネソウ。かわいいなあ。
c0179351_1055259.jpg

烏帽子岳の岩峰の登りは狭い危険。ちょうど10人ぐらいの団体さんが降りてきていましたが、この方々がどの人も悪戦苦闘。どの人もどの人も「右?左?」「恐い~!」。おかげで20分間ぐらい待ち・・・
c0179351_10591139.jpg

おかげで十分に足場を確認できましたので、私たちはスムーズ。(^o^) 上記写真はとりかかりですが、その上もなかなかで、狭い山頂は二人立つのがやっとです。
c0179351_1124022.jpg

それでも、今回初の山頂ですから、嬉しかったよ~。この烏帽子岳がこの縦走で一番危険だったかもしれません。
c0179351_11413.jpg

帰りは雷の音が聞こえたので、小走り状態。山小屋にたどり着くと、ダーッ降りだしました。セーフ!
山小屋は人は多いけど、一人に一つのお布団でラッキー。そういえば、この縦走で一人に一つのお布団はここだけだったなあ。ブナ立尾根も上り下りで10人ぐらいしか会わなかったし・・・
同じ部屋になったかっこいい叔父様たちと楽しく話しながら、おやすみなさい・・・

②へ続く
[PR]
8月7日 烏帽子小屋5:30~野口五郎小屋8:40~野口五郎岳9:20~東沢乗越11:10~水晶小屋12:15 泊
行動時間6時間45分 歩行時間5時間45分

烏帽子小屋で朝早くの朝食をとりました。ここは水が無いので1リットルの水は400円なり。お湯は500円、お茶は600円でござる。高いねえ。少し歩くと、昨日登った奥の烏帽子岳とにせ烏帽子岳が手前に見えています。
c0179351_17283534.jpg

高瀬ダムが朝日に輝いて見えました。
c0179351_17301688.jpg

途中は様々な花が咲いています。コマクサにウサギギク。
c0179351_1726289.jpgc0179351_17265667.jpg

③へ続く











イワギキョウやタカネシオガマ。
c0179351_17415777.jpg
c0179351_17421852.jpg












野口五郎岳に登る手前に野口五郎小屋がありますので、ちょっと一休み。コーヒータイムです。コーヒーを注文すると、小さな羊羹がついてきました。これがおいしい。一息ついて、また歩き出しました。
野口五郎岳はかの有名な歌手がこの山の名前をとってつけたとか。広い山頂でした。でも、この頃になるとガスが出て遠くは見えなくなりました。
c0179351_1748214.jpg

ガラガラの道を降りると東沢乗越でお地蔵さまが祀ってありました。
c0179351_1751335.jpg

痩せ尾根とか危険とか聞いていた場所はそれとわからない間に通過~ 水晶小屋に着きました。本来なら今日のうちに水晶岳を往復しようと思っていましたが、ガスがかかっていますので明日に延期することにしました。
30人定員の小さな小屋ですが、新しくきれいです。この小屋を建て直すときヘリコプター事故があってつとに有名になっています。2階が一つの部屋になっていて、そこに全員寝ます。私たちは隅っこの壁側でラッキーでした。到着が早かったので最初はこんな感じ。
c0179351_1810197.jpg

でも、梁が立派で頭をゴツンの人続出です。続々と宿泊者がやってきました。もう足の踏み場もありません。ザックは床に置くことができず、フックに下げなければなりません。今まで何の役にも立ったことがなかった細引きをはりめぐらし、そこに物をかけました。今日は一枚の布団に二人で寝ます。
c0179351_1813175.jpg

夕方ガスがとれて、展望が広がりました。今日歩いてきた野口五郎岳方面。
c0179351_1814910.jpg

そして、左端っこに槍ケ岳、右の端っこに笠ヶ岳が見えました。最後の山の笠ヶ岳はまだまだ遠いねえ。
c0179351_18153219.jpg


③へ続く
[PR]
8月8日 水晶小屋5:40~水晶岳6:35~水晶小屋7:30~岩苔乗越分岐8:05~鷲羽岳9:20~三俣山荘10:30 11:25~三俣蓮華岳12:35~双六岳14:15~双六小屋15:15
行動時間9時間30分 歩行時間7時間30分


朝一番でご飯を食べて、昨日パスした水晶岳に向かいました。小屋からは往復です。でも雨が降っていて視界はききません。岩ゴロゴロの道を用心して歩きました。狭い山頂はかわりばんこに立たないと居られないような所です。写真撮影もままなりません。でもでも、この水晶岳が今回一番好きな山でした。
c0179351_9374135.jpg

小屋まで戻り、今度は鷲羽岳を目指して出発。ワリモ岳に近づくと霧が晴れ、青空がのぞきました。やっぱり嬉しいね。背後の山はワリモ岳です。
c0179351_9414771.jpg

鷲羽岳の登りはガラガラの岩クズの道。でも、青空が励ましてくれます。
c0179351_9424742.jpg

鷲の水飲み場、鷲羽の池です。ガスが取れると背後に槍がみえるのですが、残念。
c0179351_9441343.jpg

黒部川の源流域を望みながらガラガラの急坂を下りました。登るのはつらそう。赤い屋根の三俣山荘が見えていますが、まだまだ遠い。向こうの山は三俣蓮華岳。
c0179351_9454295.jpg

ガスが取れてきて槍もチラホラ見え出しました。後を振り返ると、今下ってきた岩クズの道・・・
c0179351_9475425.jpg

クルマユリとコバイケイソウの花畑もあります。
c0179351_9485395.jpg

ハクサンイチゲ・チングルマ・コイワカガミの花畑。
c0179351_9493476.jpg

素晴しいロケーションの三俣山荘で槍を見ながら昼食。ここで食べようと決めていましたので、今日はお弁当無しなのです。ランチも充実していて、ケーキセットもありますよ~ 私たちはきつねうどんを頼みました。しかし、出来上がるのが遅い・・・ 20分ぐらい待たされてしまいました。それに食べる所の従業員の態度もイマイチ。
c0179351_9533685.jpg

ブツブツ言いながら出発。長い休憩の後の登りは辛いね。ここから双六小屋までは①巻き道コース ②中道コース ③稜線コースに分かれます。私たちは時間はかかるけど山頂を通る稜線コースを選択。三俣蓮華岳がそびえています。
c0179351_9581579.jpg

三俣蓮華岳からは素晴しいながめです。雲の平や歩いてきた水晶岳や鷲羽岳がきれいに見えました。
c0179351_9595490.jpg

双六岳までもけっこう長い。登って下って・・・ 山頂近くは広い砂礫地で、向こうに水晶鷲羽が見えていました。
c0179351_1013772.jpg

砂礫地を過ぎると、双六小屋まで急降下。神経を使う下りでした。アオノツガザクラが群生していました。
c0179351_1031485.jpg

巻き道コースとであってからも小屋まではかなり遠い。真下に小屋やテント場が見えました。
c0179351_1041717.jpg

双六小屋はステキな小屋です。なんといっても従業員のしつけが行き届いていて素晴しい。困っている人が居るとさっと駆け寄る、サンダルをさっと並べるなどなど・・・ やっぱり人気の小屋は違うね。
今日は半個室の部屋で3人で2枚のお布団。たくさんの方々と歓談することができました。
そうそう、昨日は取材で田部井さんが泊まっていたんだって。惜しい~

④へ続く
[PR]
8月9日 双六小屋6:30~弓折岳7:50~秩父平10:10 10:30~笠新道分岐11:35~笠ヶ岳山荘12:50 13:10~笠ヶ岳13:30~笠ヶ岳山荘13:45 泊
行動時間7時間15分 歩行時6時間

双六小屋の朝ご飯は早い者順。出遅れた私たちは2回戦に参加。ゆっくりと食べて出かけました。ここのキャンプ場はいい感じです。双六池もあって平地だし、テント泊ならお薦めの場所。遠くに笠ヶ岳も見えています。
c0179351_15523229.jpg

付近はお花畑です。しずくをたたえたクロユリや艶やかなクルマユリ。
c0179351_15535070.jpg
c0179351_15541474.jpg












少し登ると大展望。左から槍ケ岳・大喰岳・中岳・南岳・大キレット・北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・ジャンダルム。もうみんな激写につぐ激写。
c0179351_15552857.jpg

それに遠くには白山も見えます。
c0179351_1615367.jpg

トリカブトの向こうに見えるのは鷲羽岳。
c0179351_16236100.jpg

テガタチドリも美しく、コウメバチソウも可愛い。
c0179351_1634735.jpg
c0179351_1642962.jpg










ここは花見平で小さな美しい池がありました。
c0179351_1652331.jpg

花畑も一杯。踏み込んでいるんじゃなくて、登山道ですから~
c0179351_167073.jpg

キヌガサソウもありました。チングルマは山盛り。
c0179351_1692882.jpgc0179351_16105945.jpg











秩父平はカールの跡で、花畑が広がっています。それに岩も面白い。ここで昼食。といっても、今回の山では一度に食べないで2回に分けて食べています。一度にはとても入らないし、大きなお腹になると足取りも重いもんね。
c0179351_1614985.jpg

ミネズオウやトウヤクリンドウもありました。
c0179351_16191159.jpgc0179351_16193126.jpg











抜戸岳の山頂を巻いて巻いて、やっと笠ヶ岳の登りです。これが結構辛いね。テン場から山荘までもなかなかの登りです。テン場からちょっと登った所から下を見たところです。
c0179351_16212215.jpg

山荘で受付を済ませて、山頂に向かいました。これがまたガラガラで登りにくい。遠めには美しい形の笠ヶ岳ですが、やっぱり岩クズの山でした。今回の山旅最後の山です。クラッカーさんと同時に三角点にタッチ。良く歩いたね、と涙が出ました。
c0179351_16254012.jpg

ガスが出てきて、見えていた槍穂高も隠してしまいました。で、これは山荘で買った写真です。
c0179351_16273022.jpg

今日も3人で2枚のお布団。でもきれいな小屋で居心地はいいよ~。

8月10日 笠ヶ岳山荘5:00~笠新道分岐6:10~小池新道出合10:10~新穂高温泉11:00=温泉入浴=高山=名古屋=長崎
行動時間6時間 歩行時間5時間30分


今日は最後の日。激下りの笠新道を使って下山します。でも夜中から台風の影響で激しい雨と風が吹きつけていました。3時に下山すると言っていた隣の人も、「下山できませんよ。私たちは停滞します」とおしゃっていました。どうかなあ・・・ とにかく明るくなってから考えようと、しばらく待ちました。今日は朝弁当を頼んでいたので、出発はいつでもOKです。

山小屋の人も、下山するなら早いほうがいいとアドバイスをくれました。明るくなったので、フル装備で外へ出てみました。これならなんとか歩けそうと判断したので出発。最初1時間の稜線歩きさえクリアすれば大丈夫と思い、やせ尾根では「気合だ~!」と掛け声を掛け合いながら歩きました。

笠新道に入ると風も雨も弱くなりました。一安心。笠新道は上のほうはカールのような地形ですが、残り3分の2は大きな岩を乗り越え、またぎながら歩かなければならず、神経を使います。この道を登るのは大変でしょう。上は台風のような状態ですが、下は穏やかで、何人もの登山者が登って行きます。大丈夫かなあ。
途中は花畑になっています。この花はイワショウブでしょうか。始めて見たような気がしました。
c0179351_16551870.jpg

途中から新穂高温泉が見えますが、見えてからも遠い。
c0179351_1656570.jpg

シモツケソウやニッコウキスゲの花が咲いています。
c0179351_165726.jpg

小池新道との出合にはこんな看板がありました。
c0179351_16574240.jpg

入口ですが、3分の2はこんな風な道です。
c0179351_1741413.jpg

下山後の温泉はバス停前の「アルペン浴場」の予定でしたが、すでに封鎖されていて来年には取り壊されるそうです。それで、タクシーで5分位のところにある立ち寄り温泉に入りました。久しぶりに入るお風呂~ もちろん何度も洗いました~

今回の山旅はゆっくり歩きに徹しました。そのおかげか、痛いところも心配な所もなく下山することができました。それにお弁当も何回かに分けて食べるようにしました。これは良かったなあと思っています。

一緒に歩いてくれたクラッカーさん、最後までありがとう。楽しい山旅でした。

そしてそして、裏銀座大好き!


[PR]
多良山系 オオキツネノカミソリ鑑賞
黒木~西ノ越~金泉寺~西岳~中山越~黒木
hirokoさん Uさん 軟弱さん 山馬鹿さん みつばさん クラッカーさん そよかぜ

やってきました、オオキツネノカミソリの咲く季節。でも、なんやかやと用事が多くて、なかなか出かけることが出来ませんでした。毎年行なっていたそうめん祭も開催できず~ ごめんね~

やっとやっと平日の今日出かけることになりました。でも今年は開花がやや遅れ気味。ということはベストの時期ではないでしょうか。

黒木に集合して、いざ出発。しかし、これは暑いね。汗ダラダラでございます。さあボチボチでてきました。オオキツネのカミソリさん。今年もとってもきれいです。
c0179351_19554534.jpg

奥までびっしり。
c0179351_23362180.jpg

まるでキツネノ提灯か送り火のよう。
c0179351_20204513.jpg

ほんとうに何度みてもうっとりですねえ。クサアジサイもきれいなピンクで楽しませてくれます。
c0179351_19574535.jpg

そして金泉寺では縮小版そうめん祭。(^o^)  好例のおそうめんはもちろん、次々に現れるご馳走。かまぼこ、ウインナー・揚げ物・玉子焼き・スイカ・ナシ・ブドウ・お漬物・・・ もう食べきらん~ と言いながらまた食べる~ 仕上げはやっぱりコーヒーね。
c0179351_20124946.jpg

そこへ今日の特別ゲスト登場。こてっちゃんとロキさん。名前は聞いたことあるけど、お会いするのは初めてかなあ。楽しい一時をありがとうございました。それにお久しぶりでしたランカスさん(間違っていたらご連絡くださいね)。

心も体も満たされて、棟上式の済んだ立派な(立派過ぎると思うけど)金泉寺を後にしました。
c0179351_20141171.jpg

これからはhirokoさんにはお初のルートだったようで、良かった~ 中山越からの下りもお初だったとか。渡渉を繰り返し滝もあるので、喜んでくださいました。
c0179351_20122359.jpg


きれいなオオキツネノカミソリをタップリと見て、ご馳走をタップリと食べて、満足満足の一日でした。
しゃべり続ける女子チームを見て、「よ~ 歩きながらしゃべりきるね。つかれんとやろうか」と、ビックリしていたUさん。う~ん。女子チームはしゃべらんと歩ききらんとよ~ 試してみる?(^o^)
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-08-03 20:21 | 多良山系