2014年3月18日~4月6日 カラパタール

エベレストを一目見てみたい から始まった⑦

トレッキング10日目 ロブチェ(4910m)~3時間~ペリチェ(4215m) 泊
トレッキング11日目 ペリチェ~4時間~デボチェ(3700m) 泊
トレッキング12日目 デボチェ~5時間~ホテル・エベレスト・ビュー(3880m) 泊

カラパタールから下山後、ロブチェまで移動しました。ゴラクシェブは5100mなので、そこよりは低いけど、やっぱり空気は薄い。こういう高所トレッキングでは、下山途中に高山病になる人も多いそうです。だから、下山中も十分に注意するように言われていました。

そして、本日は谷間にあるペリチェという集落まで降ります。カラパタール、さようなら~ 氷河を歩き下山です。
c0179351_16402320.jpg

氷河の流れがはっきりとわかりますね~
c0179351_16411176.jpg

遭難碑のあるところですが、ここに橋本龍太郎(元総理大臣)の碑もあるそうです。なんでも日本山岳会の代表だったとか。登っとったとやろうかねえ。
c0179351_1642167.jpg

ペリチェは谷間にあり、見えているのですがなかなか着かず、遠いなあ~ と思いました。
c0179351_16445670.jpg

美しい谷間にあるペリチェに着きました。でもまだ高度は4215m。安心しては行けません。でもこのころから少し食欲が回復してきました。カラパタールからでは1300mも下がっているわけで、体は反応しているんですね。
翌朝、出発。気持ちのいい道です。私たちのゾッキョは少しやせたみたい。
c0179351_16475942.jpg

さあ、頑張って歩こう!
c0179351_16484764.jpg

こういうところでは、ゾッキョやロバやヤク優先。次々に来るので、座り込んでのんびり待つしかありません。
c0179351_16524337.jpg

以前はこちらの橋を使っていたそうですが、大雨でグニャグニャに壊れています。谷までの距離は10mぐらいはあるのにね、恐ろしや~
c0179351_16542036.jpg

マニ石はあちこちにありますが、お経を書いてあるそうで、僧侶しか彫ってはいけないそうです。
c0179351_1655235.jpg

デボチェ(3700m)で今日はお泊りです。ここまで来ると体もずいぶん楽になり、食欲ももどり、むくみもひいてきました。来る時にはきつく感じた場所ですが、酸素摂取能力が高まっているからでしょうか。
翌朝、タンボチェの大きな僧院のあるところまでやってきました。今日は時間があるので、僧院見学。
c0179351_16584597.jpg

外から見ていると、中に入っていいですよ~ と僧侶の方が声をかけてくださいました。ラッキー! で中を見せていただきました。
c0179351_16594195.jpg

柔和な顔のお坊さん。どこか世俗離れしているお顔です。
c0179351_1704035.jpg

さて、ここから600m下って、600m登ります。登りは大変だ~ と思っていたら、楽ちん。3880mまで登るのですが、普通の山登りのような感覚で歩くことができました。「この酸素摂取能力はしばらく続くのかな~」と期待を持って聞いたら、一週間ぐらいで消えるとか、ガックリ。笑
チベット民族がヒマラヤを越えてネパールにやってきて、住みついてシェルパ族になったと言われていますが、交易はずっと続いていたそうで、この道も交易の道だったのですね。
c0179351_1771934.jpg

途中で、こんな花をみつけました。ネパールアヤメ~?
c0179351_178063.jpg

このクムジュンの村はシェルパ族の村だそうです。現地ガイドの一人は女性で、この村の方でした。優しく女性には強い味方のメンドゥさんとはここでお別れです。
c0179351_17101314.jpg

さあ、この旅のもう一つの目的は、ホテル・エベレストビューに泊まることです。40年前に日本人が建てたこのホテル。世界最高所にあるホテルで、その名の通りどの部屋からもエベレスト見ることができます。右のとがった山はローチェ(8516m)、真ん中の台形の山がエベレスト、手前のギザギザがヌプチェ(7861m)。
c0179351_1718337.jpg

よくぞこんな所にホテルを建てたものです。展望デッキから暮れゆく景色を飽きず眺めていました。
c0179351_17191284.jpg

いいね~ アマダブラム(6856m)が染まっていきます。
c0179351_17195765.jpg

こちらはカンテガ(6685m)かな。
c0179351_17205080.jpg

これは~タスムカングル(6367m)?
c0179351_17353372.jpg

ホテルの食堂。いい場所です。
c0179351_1725124.jpg

しかしであります、ここは3880m。条件はなかなか厳しく、ホテルと言えど暖房完備とはいきません。部屋には小さな暖房機があるだけで、それも10時になったら切れます。バストイレは部屋にありますが、バケツ一杯のお湯ですべてやらなければなりません。それでも久しぶりに洗髪&体を洗いました。それはブルブル震えながらですけどね。それでも、ロッジ生活が続いていた身としては、天国のようでした。
久しぶりに美味しいお食事でした。
c0179351_17284625.jpg

快適なベットでたっぷり寝ました。お~気持ちいい!

続く



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2014-04-12 17:36 | ネパール