2012年7月12日~7月16日 マレーシア キナバル山

4095m あの大岩壁の山へ その①

キナバル山を知ったのはもうずいぶん前のこと。登山家の岩崎元郎さんと南らんぼうさんが一緒にキナバル山に登ったことをTVで聞きました。下りがすごく長く、足ががくがくになったとか。その時に山についてちょっと調べたことがありました。小屋の名前が面白いなあ・・・ 標高差があって大変そう・・・ 暑いだろうなあ・・・ と思ったものでした。

その後、世界百名山でも何度か見ました。プラントハンターのイギリス人のヒュー・ローが苦労して初登頂したとか。それで山頂を ローズピークと言うのだとか。それまではバラの山頂?と思っていましたけどね。笑

近頃の世界百名山では、一般道ではなくヴァフェラータ(鉄の道)を通って山頂へ行く様子が紹介されていました。面白そう・・・ だけど怖いかなあ・・・

さて、キナバル山はどこにあるのでしょう? マレーシアという国にあるとか・・・ マレーシアねえ。それにボルネオ島にあるとか・・・ ボルネオねえ。この二つで位置がはっきり分かる方は地理が得意な方かも~ 地図で見るとこんな所です。
c0179351_21555291.jpg

三角のマークがキナバル山。でもマレーシアの首都はマレー半島にあるクアラルンプール(赤い線を引いている所)。つまり、マレー半島とキナバル山のあるボルネオ島北部がマレーシアなんですねえ。ボルネオ島はインドネシア・ブルネイ・マレーシアに分かれているようです。

さて、いろいろ見たりしているうちに、私でも登れるかもしれない? と思うようになりました。技術はたいしたとこないようです。体力はかなりいるかなあ・・・ それに何より心配なのは高度です。何しろ歩いて登ったのは富士山の3776mが最高なんですから。

そしてもう一つ誘うもの・・・ それはヴァフェラータでした。挑戦してみたいなあ と強く思うようになりました。それで、ヴァフェラータもやれるツアーを探し出し、参加することにしました。

続く
[PR]
by yamanosoyokaze | 2012-07-21 10:09 | キナバル山