今年のミヤマはきれい
長者原~雨ヶ池~坊がつる~段原~大船山~北大船山~大戸越~平治岳~坊がつる~法華院山荘泊

今年は九重のミヤマがきれいと報告が飛び交っています。
そうなると、見たいなあ~ と心はそわそわ。
しかし、用事はあるし、梅雨ではあるし・・・
で、天気が何とかよさそうな金・土の用事をクリアし出かけることにしました。
決めたのは前日の夜。
法華院山荘に予約を入れると、すんなりとれ~
山荘泊で一泊二日で出かけることにしました。

長者原から見ると星生方面が赤くなっているのがわかります。
期待は高まるね~

c0179351_18014975.jpg


歩き始めると予想に反して静かな道でした。
このウツギはベニウツギでしょうけど、ピンクでとてもきれいでした。

c0179351_18013230.jpg


ヨウラクツツジも咲いていてくれました。

c0179351_18010668.jpg


まあとにか大船山の山頂からの景色をながめましたが、やはりミヤマは北大船のほうがきれいのようです。
いそいそと北大船山へ~ お~きれいです。

c0179351_18004533.jpg


空池の向こうの山もピンク。

c0179351_18002358.jpg


そして、やっぱりここでしょう~
平治岳はさすがにきれい。
でもよ~く見ると、だいぶんくたびれた花が多いようです。

c0179351_17595128.jpg


そう、こうやって遠目に見ている方がきれい。

c0179351_17592765.jpg


そうそう、オオヤマレンゲもあちこちで開花中でした。

c0179351_20134916.jpg
今日は法華院に泊まります。
地震の影響で宿泊予約がそうとうキャンセルになり、泊まる人が少ないそうです。
一緒の食卓についた、神戸・兵庫・東京・福岡の方々と楽しく会話して過ごしました。
温泉にも入り、個室でぐっすり~

軌跡などは YAMAP で


[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-06-12 20:18 | 大分県の山

梅雨の合間に雲仙

梅雨入りしてすっきりしないお天気になりました。
山に向かうのもままならない日々になりましたが、くもり空の本日は雲仙にGO!

ミヤマキリシマの終わった雲仙は人影もまばらで静か。
それでも山の人にとってはまた違う楽しみがあろうというものです。

ガスがかかったりしてすっきりしないお山です。
が、よく見ると白い点々がいっぱい。
ヤマボウシが白くなってきて目立つようになってきました。

c0179351_09080825.jpg

平成新山は今日も静かですが、崩壊の危険があるそうです。

c0179351_09102282.jpg

山頂には誰もいなくて、ゆっくりとランチ。
そこから眺める谷間にも白い点々。

c0179351_09112637.jpg

さて、本日のお目当ては~
咲いていました。ケハンショウヅル。

c0179351_09122528.jpg

まだまだつぼみも多く、これからも見ることができそうです。

c0179351_09123671.jpg


そして、オオヤマレンゲ。

c0179351_09125933.jpg


こちらもつぼみが多かったのでまだまだ楽しめそうです。

c0179351_09124979.jpg




[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-06-09 09:16 | 雲仙山系



お初のルートを歩く

今泉駐車場~太郎丸嶽~次郎丸嶽~小鳥峠~旧天草街道~今泉駐車場

この山へは過去に二度登りました。
最初はピストン。
二度目は下山を後山の住吉神社の方へ降りました。
今回は次郎丸の山頂からそのまま南西の方角に進み、トラバースして小鳥峠の方に降りることにしました。

登山口付近から見る次郎丸嶽。岩山ですね~
c0179351_17343100.jpg


まずは長男の太郎さんにご挨拶です。振り返ると次郎さんがかっこいい。

c0179351_17342113.jpg


以前来たときには棒が一本立っているだけの地味な山頂でしたが、
今はりっぱな標識がたっている太郎嶽山頂です。

c0179351_17340720.jpg


そこからは有明海越しに雲仙が望めます。

c0179351_17335389.jpg


分岐まで戻り次郎丸嶽へ~
どのガイドブックにもこの岩場がでています。
それはたぶん難しいからではなく、楽しいからかな~

c0179351_17333066.jpg


山頂近くには弥勒菩薩が祭られています。

c0179351_17331744.jpg


お久しぶりの山頂のライオンちゃん。

c0179351_17330209.jpg


お弁当を食べた後は小鳥峠に向かって下りました。
途中の広々した展望岩。倉岳の新ルートも登ってみたいなあ。

c0179351_17324859.jpg


振り返ると岩ごつごつの山だとよくわかります。

c0179351_17323467.jpg


小鳥峠からは旧天草街道に入って歩きましたが、今の時期は結構な藪でした。

軌跡は YAMAP で~

こんなかわいいトトロをつくていたご夫婦との会話も楽しいひと時でした。

c0179351_17322148.jpg


[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-06-04 17:53 | 熊本県の山
雲仙のお初の場所へ

白雲の池~小地獄~一切経の滝~智恩洞~札の原~白雲の池~P820~絹笠山~原生沼~白雲の池

雲仙は何度も足を運んでいます。ので、ほとんど登ったかな~と思っていました。
でも以前から気になっていた場所で行ったことのない所がありました。
①一切経の滝~智恩洞~札の原
②絹笠山近くのP822 カクレキリシタンの伝説があるとか?

で、本日出かけてみることにしました。
が、デジカメ忘れ~ で、携帯だけだったので、写真はお粗末~

本日大感激の展望。
c0179351_20473758.jpg


ヤマボウシは咲き始めでまだ緑色。
c0179351_20471762.jpg


軌跡などは YAMAP でご覧ください。

原生沼のカキツバタは見頃です。
c0179351_2048618.jpg

[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-05-30 20:50 | 雲仙山系
今では忘れられたような山だった

愛宕神社登山口~愛宕山 往復
大河内登山口~鳳上岳 往復

今日の第一の目的地は愛宕山だったのだけど、その前に登った岩戸山が面白く~
愛宕山は登らなくてもいいかな と思ったのですが、また来るのも大変だし~
ということで、やっぱり登ることにしました。
登山口は愛宕神社の鳥居のところ。
登山口はかなり藪にだっていました。

c0179351_20450766.jpg

参道らしいところもあります。
が~ 上に行くにしたがって不鮮明になりました。
c0179351_20445609.jpg
山頂部は平らでどこが山頂かわかりにくい。
しばし捜索して見つけました。
なんと一等三角点だったんだねえ。
c0179351_20444454.jpg

大きな岩があったりして、神社の跡かな~ と思ったりもしましたが、
それらしい痕跡はなし。
c0179351_20443355.jpg
ヤブランに覆われた山頂部は広く、地籍調査のためのピンクのリボンがあちこちついていますので、
うっかりリボンに従って進むと迷いやすい。
違う道をたどって下山しようと思いましたが、急になったので元にもどり下山しました。
c0179351_20441870.jpg

下山後見た愛宕山。左の小さな山が先日登った富士山。
この地に伝わる伝説では、味噌五郎どんが愛宕山の山頂をつまんで置いたのが富士山とか。
平らな山頂の愛宕山ですから、そうも見えるねえ。

c0179351_20423279.jpg
お次は愛宕山の北東にある鳳上岳へ向かいました。
こちらはきれいな山容です。

c0179351_20440560.jpg
登山口は尾の標識のところ。
地元の方は、三年前に登ったけど倒木が多く、道もはっきりしなかったから無理しないで と。
では行けるところまで~
c0179351_20435123.jpg
しかし、倒木は片づけられていて道もはっきりしていました。
ほどなく、展望のない山頂へ。
ここの石積みは古代人の遺跡だそうです。
がそういわれないとわかりません。
c0179351_20433470.jpg

ひっそりとした山頂でした。
c0179351_20424649.jpg

下山後地元の方が、この山は初詣の山だったそうで、神社三つをつないで登っていたそうです。

地味な二つの山でした。
愛宕山の軌跡は YAMAP で。
鳳上山の軌跡は YAMAP で。



[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-05-23 21:07 | 雲仙山系