「ほっ」と。キャンペーン

この時期の山は虫の王国

ボランティアのこと サークルのこと 家族のこと 自分のこと
なにやかやと次々に用事が入るもので~ 全然お金にはならない忙しさ&気苦労。(笑)
おまけに暇になった日は雨になるし…
明日がお天気はよさそうと思って画策するも没。
ならば今日行くしかないでしょう。と思っていましたが、朝はいかにも雨が降るような空。
今日もダメか~ しかし、お昼に近づくと晴れ間も覗くようになり~
遅い出発ではありますが、GO!

岩屋の大滝はこの時期限定の迫力です。

c0179351_17422645.jpg

それにしてもこの時間は歩くと暑い!汗がだらだら。なるべくのんびり歩くように心がけます。
それに梅雨の合間とあって、虫たちがうようよ。
目に見える、音に聞こえる虫たちだけじゃなくて、その気配は濃厚。
この時期は虫の王国なんだねえ~
もちろんこちらも虫除けスプレーをふりかけ、蚊取り線香をぶら下げてのいでたちではあります。
山頂には20人ぐらいの方々が集っていました。やっぱりね~
ガスはまだ完全にとれていなくて、街はかすんでいます。
うろうろ歩きながら小さな花たちを観察。
キンバイザサはもう実になっていました。なんか仁丹みたい…

c0179351_17465169.jpg

そうそう、もうすぐ草刈りがあるとかで、
希少植物はかられないようにマークをつけてと依頼された方がおり、
ロクオンソウにもマークしておられました。何気ない花ですが絶滅危惧種ですね~ 

c0179351_17470356.jpg

オトギリソウも咲いていました。こちらはよく見かける花なのでマークなし。

c0179351_17471254.jpg

ナガサキマンネングサはどうかな・・・

c0179351_17472787.jpg

コオニユリも咲きだして、夏の到来を告げているようでした。

c0179351_17473728.jpg
軌跡などは YAMAP で





[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-07-14 18:04 | 岩屋山
梅雨の合間の山はしっとり

奥平谷登山口~林道~たぬきだまり登山口~たぬきだまり~岩屋越~谷道~奥平谷登山口

久しぶりに晴れマークのついた本日。
ですが、午前中は雲も多くすっきりしない空です。
それでも山に向かうことにしました。これを逃すとまたいつ登れるか~
とはいえ、今日は町内清掃。お~忘れていた~!
これに参加してからのお出かけとなるので、大幅短縮ルートだなあ…

清掃を済ませ向かったのは平谷の登山口。
いつもなら、経ヶ岳~岩屋越で周回するのですが、本日は超短縮。
一度だけ歩いたことがある林道~たぬきだまりのルートを選択。
ちょうどウツボグサの季節であちこちに咲いていました。
c0179351_09490308.jpg


登山口からゆっくり一時間程度でこの登山口につきます。
やっと登山道らしくなりました。
しかし、足元はじとじとで滑りやすくなっています。

c0179351_09485214.jpg


一登りで縦走路に出ます。
ここから左へ進むとすぐにたぬきだまり。

c0179351_09483919.jpg


だあれも、たぬきも居ない~
人はいなくていいけど、たぬきさんとは会いたかったなあ~
一度だけ、この坂道をたぬきさんと一緒に歩いたことがあります。
あちらは後ろから来る私に全く気が付かず、お尻をクリクリ振りながら歩いていました。
そのかわいいお尻を見ながら歩いたのでした。
その間5分ぐらいかな。あんなことめったにあるもんじゃありません。

c0179351_09482678.jpg


さて、踵を返し岩屋越に向かいます。
いつもの大好きな場所。
時折日が差しとてもきれいでした。

c0179351_09481252.jpg


お~ これは~
テングタケの仲間でしょうか。
かわいいね~

c0179351_09474160.jpg


岩屋越から右の平谷方面に降りました。
大雨の後だけに荒れ模様。


c0179351_09472793.jpg


帰りは林道を歩かずに谷道をチョィス。
こちらも荒れ模様でところどころ不鮮明ですが、だいぶん近い。

さて、早々に下山しましたので仏の谷に行ってみることにしました。
ここは萱瀬ダムのそばにあり、案内板があるので気になっていた場所です。
準備して歩き出そうと思った頃、ご夫婦がやってきました。
案内板を見て、「登らんばってよ、やめとこう」と言って、帰られました。
その方々の足元はサンダル。
登ってわかったのですが、特に今日のように地面が濡れているときには、サンダルでは怪我をする恐れがあります。
お二人はやめておいてよかったのかも~

さて、こちらが案内板。

c0179351_09471435.jpg


キリシタンが捉えられ、虐殺された事件の発端になった場所です。

c0179351_09464265.jpg


歩き出すと、かなりの傾斜。
お助けロープがずっとついています。

c0179351_09462646.jpg


思ったよりずっと険しい谷道を登ると、案内板がありました。

c0179351_09460234.jpg

その案内板の所は見学できるようにテラスが作られています。
そこから見ると岩屋はこんな感じ。

c0179351_09454391.jpg


中に入ると・・・

c0179351_09452209.jpg

こんな厳しい場所で信仰を守ろうとしていたんですねえ…

というわけで、多良山系短縮ルートと仏の谷見学をした一日でした。

多良山系の軌跡などはこちらの YAMAP で。
仏の谷の軌跡などはこちらの YAMAP で。


[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-06-28 10:22 | 多良山系
散歩になった~

梅雨の合間の晴れ間。
これを逃す手はないでしょう~ と、以前から計画していた登山口へ向かいました。
登山口への入り口を一本間違ったことにすぐに気が付きましたが、そのまま行っちゃえ~ と。
その道は冷や汗ものの作業道となり~
頑張って登ってくれた車に感謝~
今日一番登ったのは車ちゃんでした~

その冷や汗ものの作業道を詰めて、基幹林道に出ると二番目の登山道入り口がありますが~
なんと工事中。大型重機が入っていて、立ち入りをご遠慮ください だって~
あら~ どうしよう。
まあとにかく登山開始にするつもりだった場所へ行ってみよう。

まずはそのうちに行こうと思っていた、気になっていた高峯展望台へ~
ほんと、展望台がある!
c0179351_20140336.jpg


そこから眺めると~ お~いい景色。

c0179351_20134491.jpg


反対側は五家原岳などの多良山系が見えます。

c0179351_20133594.jpg


さてさて、登山口は大山神社。
神社といっても記念碑のような岩があるだけでした。
ここから登山道は伸びていますが、かなり藪っぽい。
それに登ってもすぐに先ほどの工事現場に当たるので、今日は確認だけにしました。

c0179351_20132295.jpg


さて、これからどうするか…
そうそう、これまた気になっていた日岳に行ってみましょう。
ここも車が頑張りました。(笑)
いえこちらは整備されたきれいな道でしたが。
駐車場やお手洗いも整備されている日岳公園へ到着。
まずはお社があったのでご挨拶。

c0179351_20130762.jpg


日岳からの展望も良好。
こちらは大村湾側。

c0179351_20125180.jpg


左目を向けると琴の尾岳方面が見えます。

c0179351_20123461.jpg


思いがけない展開なり、散歩となった本日でした~
でも、気になっていた場所に行けて良かったかもね。


[PR]
今年も白の圧勝

九千部岳は梅雨になると気になる山です。
それはこの時期に咲くヤマボウシが谷を白く染めるからです。
しかし、梅雨だからなかなかチャンスは」ない。
今日も車の中から見たときには、山はガスの中でした。
これはゆっくり登り、ガスが切れるのを待たなければなりません。

歩き出すとシモツケがたくさん咲いていました。
こちらは紅組だね~
c0179351_20250734.jpg


かんざしのようできれいです。

c0179351_20244222.jpg


山ツツジも紅組~

c0179351_20241658.jpg


こちらはヤマボウシだけど…
紅組かなあ… いや白?

c0179351_20235147.jpg


ピンクが混じっているけど、白ということで~

c0179351_20233065.jpg


山頂近くで二時間も待ちました~
そして姿を現すと、思わず歓声が上がりました。

c0179351_20230449.jpg

何度見てもすごい数のヤマボウシです。

c0179351_20222937.jpg


粘ってよかったな~
ありがとう。

c0179351_20215818.jpg


そして、こちらも白組。
キヨスミウツボさんでした~

c0179351_20341040.jpg


[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-06-17 20:34 | 雲仙山系
三俣のミヤマは奥ゆかしい

法華院山荘~すがもり越~西峰~本峰~南峰~第四峰~西峰~すがもり越~大曲

快適にお世話になった法華院山荘をあとにして三俣山を目指します。
もともと、扇ヶ鼻や星生もきれいだと聞いていましたので、そちら方面に行く予定でした。
しかし、昨日三俣に登った方が、今年の三俣山のミヤマは素晴らしいというではありませんか。
毎年、ミヤマを求めて九重に行くのですが、三俣のミヤマは想像できませんでした。
それで、予定を変更して三俣山を目指すことにしました。
坊がつるからの直登ルートも考えないではありませんでしたが、
梅雨時期のあのルートはいかがなものか… と思い、そこは素直にすがもりからで~

北千里ヶ浜のあたりに来ると明らかに新しい落石が…
これも地震の影響でしょうか。
上の白っぽく見える岩が割れて、下の一部白っぽく見える大きな岩が転がってきていました。
c0179351_09435268.jpg


梅雨の合間で空は不安定ですが、時々こうして青空が見えると気分も上々。

c0179351_09433145.jpg


猿岩は崩れてなかった~ よかったね~

c0179351_09431019.jpg


すがもり峠から見る西峰もピンク。平治を大戸越から見たような感じです。
このことかなあ~

c0179351_09424192.jpg


途中でコケモモの花を見たりして登って行きました。

c0179351_09420645.jpg


そして登りあがって目に飛び込んできたのは、この光景!
お~!! すごい!
スケールの大きなミヤマの大群落です。

c0179351_09414970.jpg


三俣山にこんなところがあったなんて!

c0179351_09410936.jpg


何度も何度も足を止めて眺めました。素晴らしいね~

ちょっと寄り道してヨウラクツツジも見てみました。
きれいだねえ。このツツジの色は何とも表現しがたい。

c0179351_09404980.jpg


さてミヤマはすき間のないくらいびっちりと咲いていました。
それにしても小さな花。

c0179351_09401784.jpg


そうそう、ミヤマばかりに見とれていましたが、ドウダンだってきれいです。

c0179351_09394096.jpg


あちこちでのんびりしていましたが、登ってくると連絡があったhirokoさんご夫婦の姿が~!
よかった、出会えて。

c0179351_09391783.jpg


振り返ると昨日登った平治も赤く見えていました。

c0179351_09384761.jpg


しかし、絨毯のようにびっちりと咲いて、疲れないのかな~ミヤマさん。

c0179351_09382679.jpg


こんなに美しいミヤマを見せてくれて本当にありがとう。
でも、三俣山って奥ゆかしいね~
紅葉もミヤマも登らないとその姿を見ることができないんだから。
ありがとう!

c0179351_09375825.jpg

軌跡などは YAMAP でご覧ください。

さて、ここからは地震の影響などで通行止めになっている登山道についてです。
あちこち通れないようですからご注意ください。
こちらは法華院の掲示板
総じて、九重の南側からのルートは使えないようです。

c0179351_11470594.jpg

こちらはすがもり越にある案内板。

c0179351_11472096.jpg


地図
黒い所は通行止め

c0179351_11473080.jpg

[PR]
# by yamanosoyokaze | 2016-06-14 11:50 | 大分県の山