<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

何より林道走りが大変だった~ あちこち閉鎖中
冬休みは南の国へプチ遠征に出かけることにしています。
しかし、何度も行っているのでめぼしい山はほとんど登ってしまいました。
それで今回は大隅半島の低山4座を目指すことにしました。
いずれも2~3時間で登れる山です。

 野首嶽897.3m・辻岳773.0m 摺ケ丘(ずいがお)273.1m 八山岳659.3m

c0179351_10193132.jpg
一日目
長崎=道の駅根占=野首北登山口~野首嶽(897.3m)~南登山口
辻岳北登山口~辻岳(773.0m)~南登山口=根占 ビジネスホテル泊

まずは根占富士と呼ばれている辻岳へ登ることにしましたが~ 登山道に行く林道は崖崩れのため封鎖中!
なんてことでしょう。うろうろしましたが、いたるところ閉鎖中で通れません。
ので、東側をぐるっと迂回して野首嶽の方から登ることにしました。
ぐにゃぐにゃの道を結構走ります~ やれやれ~

野首嶽へは二つ登山口がありますが、今日は北登山口から登り、南登山口へ下山します。
ここが北登山口。ここから山頂までは20分程度。笑
c0179351_09255367.jpg


展望ほとんどなし~ 一等三角点があります。
そそくさと下山。笑
c0179351_09253421.jpg
この風車の近くが南登山口です。
c0179351_09251530.jpg

こちらが野首嶽の軌跡。
北側から登り南側に下りました。
c0179351_09245696.jpg

さて~ ぐにゃぐにゃ林道をさらに北に進み、辻岳北登山口へ~
辻岳には三つ登山口があります。北・東・南。どちらからも30分ぐらい。
今日は北から南へ歩きます。
c0179351_09243745.jpg

どちらもよく整備された登山道です。
辻岳の山頂は広い野原になっており、展望良好。
c0179351_09241448.jpg

だけど、きょうはかすんでいて遠くはさっぱり見えません。
先ほど登った野首嶽が見えています。
錦江湾側は岩が目立ち、海から立ち上がっているのがよくわかります。
もし海から登ったならそうとう大変そう。
c0179351_09235668.jpg

山頂の岩の割れ目には馬頭観音が祀られていました。
c0179351_09233714.jpg

下山しながら振り返ると、カエルのような山頂の岩が見えていました。
c0179351_09231371.jpg

整備された気持ちのいい登山道を、野首嶽を見ながらとっとこ歩き~
c0179351_09224512.jpg

辻岳のルート 北から南へ歩きました。
c0179351_09222112.jpg

下山し、根占の宿を目指します。
閉鎖 と書かれていた道をたどるとあっという間に宿に着きそうです。
なので、これはおどかしよろう~ なんとか行けるんじゃないの?
ということで、果敢に進むと… 
あとちょっとで根占というところでりっぱな崖崩れ~ これは通れんね…
とまたもや延々と走り野首嶽の登山口まで戻りました。
素直に来た道を戻ればよかったのですが、出口を求めてさまよい…
まあ、いいドライブでしたけどね。
地元の人に聞けば、夏ごろの大雨であちこち崩壊したそうでそのままとか。
なあるほど、どの道もどの道も閉鎖中だったのはそういうわけだったのね。

なんとか宿に着き、ネッピー館という温泉へ。
ここのお湯は海水のような塩湯。
c0179351_10275355.jpg
今日は宿ではなく、ここで夕食もいただきました。
c0179351_10280381.jpg
宿では、早々に沈。

つづく



[PR]
by yamanosoyokaze | 2015-12-31 10:29 | 鹿児島県の山

素晴らしいお天気
お天気に誘われて岩屋山に登ってきました。
c0179351_09214041.jpg


[PR]
by yamanosoyokaze | 2015-12-31 09:32 | 岩屋山
里山巡り
式見~向町~岩屋山登山口~岩屋山分岐~ダム公園~尾根~舞岳~西尾根~トンネル口分岐~蝶ケ崎展望台~淡島神社
歩行距離6.3km 行動時間4:30 標高差+-531m

舞岳は岩屋山から西方向に張り出した尾根続きにある小山で、252m。
昔は山城があったそうで、それらしい石積みも少々残っています。
いつもなら岩屋山からいったん下った分岐から直登しますが、今日は海側の式見方面から登ります。
ここから登るのは二回目~
c0179351_20193773.jpg

途中にはフウトウカズラが赤い実をつけていました。
漢字で書くと、風藤葛。
海の近くの林にたくさんある。コショウの仲間だそうだけど、辛くなく役に立たないとか。
c0179351_20192119.jpg
本日は舞岳の中腹をトラバースして歩きますが、
この道について地元式見出身の山友さんが以下のように教えてくれました。
式見地区にバスが来たのは昭和29年ごろで、それまでは歩いて滑石方面に行っていた。
だからこの道は生活道で明治時代の地図にも記載されている。
なるほどね~ 切通もあったりしてそれらしい雰囲気があります。
c0179351_20190548.jpg

トラバースの道は岩屋山への道と合流します。
今日はそのまま舞岳に登らず、いったん式見ダムの方に下り、ダム公園から舞岳を目指しました。
天気予報では夕方から雨でしたが、早くも降りだしており、雨の合間に舞岳山頂でお弁当。
c0179351_20184914.jpg

さて、この後は式見方面への尾根道を歩きます。
この道も二度目だけど、記憶喪失~
c0179351_20182065.jpg

こんなところにもみさき道さんたちが標識をつけてくださっています。
ありがたや~ 以前歩いた時もあったのかな???
c0179351_20180033.jpg

この道はなかなかスリリング。
以前もそうだったのかちっとも覚えてないけどね~
今日は濡れているので足元が滑る~
c0179351_20174483.jpg
以前はトンネル口へ降りましたので、これから先はお初。
時には藪こぎチック。
c0179351_20172961.jpg

舞岳から1時間ぐらいで蝶ケ崎展望台に到着。
お~ いい眺めです。
c0179351_20171138.jpg

晴れていればきれいだろうなあ~
c0179351_20165456.jpg

さて下山は海に向かって進みます。
これまた足元が見えないよ~
c0179351_20164195.jpg

着いたところは淡島神社。
その境内にこんな像がありました。
この像は、遭難者の慰霊のために建立されたそうです。
昭和19年12月24日 まだ戦争中の時、疎開学童・婦女・老人が買い出しのために乗っていました。
この近海丸は、三重式見から長崎大波止に帰港中で、338人が乗船しており、それは定員の4倍。
そして波浪を受けて転覆し、273人が亡くなったそうです。
ここにも知らない歴史があったんですね…

c0179351_20162562.jpg

今日は山友さんのおかげで新たな道も歩けて楽しかったな~
ありがとうございました。

本日のルート
c0179351_21074298.jpg
グラフ
c0179351_21075036.jpg


[PR]
霧氷は…
仁田峠~妙見神社~国見岳~紅葉茶屋~普賢岳~薊谷~仁田峠

さあ、今回も霧氷見学。
なんといっても霧氷を見るなら青空の下がいいもんね~
でも、起きると全然寒くない…
ニュースも今日は暖かくなるって…

まあとにかくGO!
でも、空は青いけど、白無し…
c0179351_21441037.jpg

空は時々ガスがかかり幻想的ではありますが。
c0179351_21435982.jpg

国見岳の斜面は笹とミヤマの茶色が優しい色合い。
c0179351_21434853.jpg

かすかな望みをかけて国見岳へ~
でも、ねえ…
c0179351_21433432.jpg

落ち込む気力を振り絞って普賢岳山頂へ。
c0179351_21431772.jpg

霧氷は空振り~
だよね~ この温度ではね。


[PR]
by yamanosoyokaze | 2015-12-13 21:52 | 雲仙山系
気持ちのいい一日
平山~八郎岳~小八郎岳~千々(乙女)峠~平山

今日はのんびりと八郎岳に登ることにしました。
近ごろパッとしないお天気が続いていましたので、久しぶりの青空に心は軽く~
足は重く~
八郎岳は実は思っているより急坂なんだもんね~
c0179351_20142415.jpg

山頂からの展望は~ いいね~
八郎岳はこの展望があるからいいんだよね~
c0179351_20152665.jpg


この景色を見ながら並んでお弁当を食べていると、山頂にいたおじさまが、
いい感じだから写真を撮ってやる、カメラば出さんね と
1.2.3で振り返れと。
おかげさまで振り返ってチーズ!
c0179351_20151514.jpg
小八郎岳にも立ち寄り、下山は乙女峠から。
今は千々峠と呼ばれていますが、私は乙女峠のほうがいいなあ~
久しぶりで乙女峠から平山方面に下山しました。
途中はイノちゃんがけっこう荒らしているようです。
でも、こんなきれいなミニ滝もあり~
c0179351_20145261.jpg

こんなところあったっけ~ と思いながら歩きました。
c0179351_20144115.jpg

先日、平山~乙女峠を登ったベテラン山友さんが道に迷った と。
下山中、どこで迷ったんだろうと考えながら歩きました。
そんな風なところはないのになあ… と。
でも下山してわかりました。
登山口が変わっています。
私が以前このルートを歩いたのは相当前の事です。
その時は、市民農園を過ぎ5分ぐらい車道を歩いた場所から山道に入りました。
でも、現在では車道をかなり奥まで入ったところが登山口になっています。
時は流れる~
きっと山友さんも昔の記憶を頼りに、昔の登山口から入り込んだものと思われます。
どんな場所でも最新情報を入手することは大事だなあ~ と思ったのでした。


[PR]
龍門の紅葉はまあまあ
龍門登山口~青牧峠~青羅山~見返峠~黒髪山~後ノ平~龍門登山口

龍門の紅葉はどうかな~ と出かけることにしました。
ここはたぶん、ダムを作った時に植栽したものだと思いますが、結構な数の紅葉がありきれいです。
でも、今日は曇り空なのでいまいち色がさえない。
紅葉見物は下山後にして青羅山を目指します。
黒髪山系は、森と水もきれいですが、岩が多くこういうところがたくさんあるのも面白いね。
c0179351_08290972.jpg

登ったり下りたり、足元は濡れているところも多く緊張します。
c0179351_08285570.jpg

青羅山から見返峠に向かう途中の岩場からの景色。
三岩がいいね~
c0179351_08283866.jpg

黒髪山の鎖場の近くの苔も紅葉?
c0179351_08282416.jpg

日差しは時々射すくらいですが、今日も賑やかな黒髪山山頂でした。
c0179351_08281232.jpg

後ノ平からの下りの途中にある鬼の岩屋。
今日は鬼さんはお出かけのようでした。
というか、ここの鬼さんは散歩好きのようでいつもお留守~
c0179351_08275949.jpg

龍門の名所。
幽玄な雰囲気のあるところです。
c0179351_08274789.jpg

さて、龍門の紅葉は~
黄色のまま終わりそうな感じもします。
でもきれい。
c0179351_08273654.jpg

こちらはいい色になっていますが、落ち葉多数~
c0179351_08271823.jpg

本日も晩秋の山を楽しむことができました。
黒髪山は危ない場所も多く緊張しますが、楽しませてくれる山ですね。

[PR]
by yamanosoyokaze | 2015-12-07 08:42 | 佐賀県の山
ちらっと紅葉
妙相寺~車道~七面山~烽火山~妙相寺

金比羅山の紅葉はまあまあだったので、
本日はこれまた紅葉のきれいな七面山と妙相寺をめぐることにしました。

妙相寺に車を停めて、車道を歩き七面山へ。
でも、緑~
c0179351_21163340.jpg


お手水鉢についた紅葉の葉っぱがいいねえ~
c0179351_21162336.jpg

秋なのにやっぱりかすんでいるなあ。
c0179351_21160763.jpg

烽火山の大きな釜あと。くぐって行けそうです。
c0179351_21155501.jpg

妙相寺の紅葉も緑。葉先がちょっとだけ赤~
c0179351_21154145.jpg

このまま終わっちゃうのかな?
c0179351_21152007.jpg

そんなこと気にしない。
緑でも、青でも、赤でも、いいんじゃない。
石仏がつぶやいているようでした。
c0179351_21145862.jpg



[PR]