<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

秋の花は紫&黄色
岩屋山に秋の花を見に行きました。
今日の岩屋山 をご覧ください。
c0179351_19144752.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-31 19:15 | 岩屋山
青空が何よりのプレゼント
今水登山口~風穴~天狗~高塚~風穴~今水登山口
歩行距離8.5km 行動時間5時間55分 標高差+-1000m
みつばさん bambooさん そよかぜ

ぴっかりいいお天気の本日は、黒岳の紅葉見物に出かけることにしました。ここ3年黒岳にはでかけていますが、お天気がよくありませんでしたで、今日は楽しみです。

今水の駐車場は、平日にも関わらず満車状態。人気ですねえ~ それに「平日なのにみんな暇ねえ・・・」って、人に言える立場じゃない。笑 駐車場から見る黒岳の斜面は色づいています。
c0179351_10312631.jpg

歩き出して最初から、わずかに色づいた木々を見ても、きれいねえ・・・
c0179351_10321192.jpg

この実なんの実 気になる実
c0179351_1033086.jpg

そしてジャジャジャジャ~ン! 見えてまいりました、黒岳の斜面。いいねえ~
c0179351_10335167.jpg

ムラサキシキブの色も美しい。
c0179351_10342979.jpg

こちらは大船山側の紅葉ですが、日が射してきれいです。
c0179351_10352596.jpg

なかなかじゃありませんか~
c0179351_10355937.jpg

風穴で一休みした後、黒岳へ向けて登りだしますが、ここは急坂の難所です。でも紅葉が足を止めてくれますので~
c0179351_10371973.jpg

お~ 染まり始めた紅&輝く紅葉。
c0179351_10381050.jpg

足が進みません・・・
c0179351_10384326.jpg

まるで観光パンフレットの写真のような・・・
c0179351_10391961.jpg

みんな似たような写真を撮っていることでしょう。笑
c0179351_1040185.jpg

そこへ~ 何やら見たことがあるようなお顔が・・・ いーさん!! こんな所でお会いすると嬉しくなりますねえ。
c0179351_104181.jpg

下山するいーさんとお別れして、さらに登ります。
c0179351_1042190.jpg

燃え立つ紅葉。
c0179351_10423081.jpg

上の方に行くと紅葉の盛りは過ぎていて、たくさんの葉っぱが落ちています。
c0179351_1043164.jpg

それでもきれいできれいで~ 
c0179351_10435735.jpg

天狗に登る前にお昼ご飯を食べて、いざ天狗へ! ここはなかなかスリリングですよ~
c0179351_10445665.jpg

本日は視界良好~! 由布岳方面。
c0179351_10453875.jpg

なんでも四国も見えるとか。それであれが四国、見えているのは石鎚山。にしとこう!!笑
c0179351_10465074.jpg

撮影ポイント。双子の由布岳。手前の岩と由布岳が双子なんですよ~
c0179351_10475397.jpg

三俣や平治や大船山も斜面はまだきれいですよ。
c0179351_1053957.jpg

ゆっくり楽しんだ後、高塚に向かいますが、天狗の下りはへっぴり腰~ 笑  高塚から登ってきた天狗をみてコーヒータイム。
c0179351_1049139.jpg

今日は祖母山系もくっきり。熊さんお昼寝してるかなあ・・・
c0179351_1050545.jpg

美しい青空のもと、歩けることの喜びを感じた一日でした。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-27 10:57 | 大分県の山
美しい谷から国見岳へ
五勇谷橋~林道~ネノコヤ谷~縦走路~国見岳~五勇谷橋
風さん hirokoパパさん hirokoさん 山馬鹿さん そよかぜ
歩行距離12km 行動時間8時間20分 標高差+-941m

風さんに以前から きれいな谷を詰めてみない? と誘われていました。そこは風さんたちのお気に入りの場所で、行ってみたいと思っていましたが、なかなか日程が合わず今回やっと実行となりました。

前日、お昼からしか動けないメンバーがいましたので、ゆっくり出発し、五家庄渓流キャンプ場のバンガローに泊まることにしました。途中で皆さんと合流しながらバンガローに着き、さっそくすき焼きで楽しい一時を持ちました。
c0179351_13415512.jpg

このキャンプ場のバンガローは二階建てで、台所・洗面所・お風呂・お手洗い・冷蔵庫・暖房器あり~ 二階は畳がずらっと敷いてあります。とっても快適で、暮らしてもいいね~笑

さあて、翌日まずはお弁当作り。電気がま持参なので楽ちんです。出番がない男子は辛い?笑 
さて、お弁当もでき、朝食もすませてまずは登山口まで移動です。以前はかなりのダートの道を延々と走っていましたが、舗装が伸びてきていてダートの部分がずいぶん短くなりました。よかったよ~

五勇谷橋から林道歩き。周りは色づき始めていてきれいです。
c0179351_1356477.jpg

でもこの林道歩きは長い。延々と・・・
c0179351_13565375.jpg

きれいですねえ~
c0179351_13573069.jpg

入渓地で身支度をします。まずは足元を固めて~ 
c0179351_13582342.jpg

麗しき夫婦愛。
c0179351_13585193.jpg

このお方の足元は日本伝統のスタイル。今ではあまりいないでしょうねえ~
c0179351_1359319.jpg

ヘルメットも装着して、いざ出発!
きれいで緩やかで簡単な沢 と聞いていましたが・・・ いきなり滝! そりゃないでしょう。
c0179351_1434229.jpg

何の問題もなくクリアしていく風さんの跡を必死で追いかける面々でした~
c0179351_145189.jpg

真夏なら滝に打たれて、全身ずぶ濡れでもいいけどねえ・・・ 風邪ひいちゃうよ~ とひたすら巻。風さんとラベルの いえレベルの差歴然。何を今さら・・・ 最初から分かっていたことだけど~
最初の難関をクリアすると谷は開け比較的歩いやすいけど・・・ 倒木多し~
c0179351_148395.jpg

そして~ また出てきました~ ここを行くの? どうやって~? 風さんはあっという間に越えていきますが・・・ 悪戦苦闘でございます。合言葉は「生きて帰ろう!」 笑
c0179351_14101948.jpg

しかし、谷はとってもきれい。マイナスイオンが満ち溢れています。たぶん・・・ね。
c0179351_14113148.jpg

落ち葉が一杯でとってもきれい。
c0179351_1412787.jpg

癒しの谷。
c0179351_14123842.jpg

滝が現れたり~
c0179351_14131370.jpg

きれいですよ~ 足元注意だけど。
c0179351_14274378.jpg

写真家なら一日居て、あのアングルこのアングルと撮りまくりでしょうねえ。
c0179351_14193228.jpg

そして、なんと途中で沢水でお茶会~ 風さんによるお点前披露~
c0179351_14183779.jpg

ヘルメット姿でいただくお抹茶の味は~ 最高!!
c0179351_14202325.jpg

見上げると美しい木々。
c0179351_142055100.jpg

お点前終了後さらに進み~ 倒木でできた滝を見ながらお弁当タイム。
c0179351_14221095.jpg

ここでも沢水でコーヒータイム。自然と同化しそうな一時。
c0179351_14232561.jpg

やがて水量は減り、源流域に入ってきました。ここで靴を登山靴に履き替えて稜線を目指します。
c0179351_14283953.jpg

そして国見岳山頂。初めてのお方は感激していました。
c0179351_1432442.jpg

あいにくガスがかかっていて展望はイマイチですが・・・
c0179351_14331164.jpg

さあ~ 下山です。下山道もきれいな紅葉で彩られています。
c0179351_14353762.jpg

落ち葉の絨毯。
c0179351_1436763.jpg

紅葉で染まりそうになります。
c0179351_1436457.jpg

素晴らしい色の紅葉。
c0179351_14371086.jpg

そして、今年も咲いていました。キッコウハグマ。かわいい花です。
c0179351_143818.jpg

最後は登り初めにも確認した新新道を降りることにしました。以前は下山だったら左手に道はあり、そこを新道と呼んでいました。今は封鎖されているような・・・ 何故かは不明ですが・・・ それで、新新道を下ることにしました。この新新道は以前と違って尾根をまっすぐに下っていきます。こちらも前の新道と同じで結構な急下り。おとっとの連発です。
c0179351_14413533.jpg

最後も結構危険な感じでした。
c0179351_14424197.jpg


今回風さんのおかげで、美しい谷を歩くことができました。感謝です。
軽々しく入渓できるようなところではありませんので、経験者の同行が必要です。

本日のルート
c0179351_1444559.jpg

グラフ
c0179351_14451949.jpg


楽しい楽しい二日間でした。
風さん 本当にありがとうございました。雅な時をまたお願いします。
hirokoさんご夫婦 いつも気を使っていただいてすみません。楽しいお話最高!
山馬鹿さん 思いこがれていた山域にまた行けて良かったね。
みなさん ありがとうございました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-24 14:47 | 熊本県の山
急登を制し山頂へ
赤川登山口~久住山~九重分れ~扇ヶ鼻~赤川
歩行距離8.5km 行動時間6時間20分 標高差+-913m
リバーさん マツさん ミーさん はまもっちゃん ミッセルさん そよかぜ

先輩方とゆっくり登山の日です。今日の登山口は赤川で、先輩方は初めてのコースです。とっても楽しみにされているのですが、ここは急登ですからちょっと心配。でも根性は並々ならぬものを持っていらっしゃるのでね~

さあ~ 出発。木々の紅葉が美しくなってきています。
c0179351_827145.jpg

きれいな色にうっとりしたりして。
c0179351_8273569.jpg

やがて台地状になった所に出ますが、ここからは久住山が近くに見えます。ここまではまだまだ元気な面々でした。
c0179351_8284713.jpg

しか~し、本番はここからで~ 話し声も絶え絶えに・・・ 立ち止まることいく度か~ 
c0179351_9221225.jpg

でも美しい色彩に癒されます。
c0179351_924110.jpg

今年はくすんだドウダンが多いのですが、所々にきれいな木も見られます。
c0179351_9251143.jpg

ようようたどり着いた山頂で、まずは呼吸を整えてお弁当!雄大な景色を見ながら食べるお弁当は最高です。ゆっくりと疲れを癒してまた歩き出します。ススキが光を受けて銀色に輝いていました。
c0179351_9292495.jpg

遠目に星生尾根の紅葉が見え始めました。ここは紅葉の季節ではビューポイントなのですが・・・ やっぱり・・・です。
c0179351_9315086.jpg

本来はドウダンのこんな赤や紅葉の赤が冴えるのですが・・・
c0179351_9325355.jpg

扇ヶ鼻に登りつつ眺める斜面も・・・ 茶色っぽい。
c0179351_9334226.jpg

扇ヶ鼻から眺める九重連山は柔らか色に包まれています。
c0179351_9343122.jpg

さあここからの下山道は急下り~ 
c0179351_935467.jpg

扇ヶ鼻が瞬く間に遠くになります。
c0179351_9363119.jpg

個人的には一番好きな肥前ヶ城の壁の金襴緞子は・・・ 今年はいぶしが入っていますが・・・ きれい。
c0179351_939218.jpg

こういう角度で見る肥前ヶ城の紅葉もなかなかじゃありませんか。
c0179351_9404781.jpg

長い下りを歩き、赤川登山口に無事に帰ってきました。
今回もまた思い出に残る山になったようです。

本日のルート
c0179351_9441697.jpg

グラフ
c0179351_9444628.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-20 08:30 | 大分県の山
御池の紅葉は見ごろ でも・・・
岳麓寺登山口~柳水~東尾根~大船山~鳥居窪~岳麓寺登山口
ミッセルさん 山馬鹿さん みつばさん そよかぜ
歩行距離12.5km 行動時間6時間55分 標高差+-1200m

よっちゃんの偵察によるとまずまずの見ごろだとか。では~出かけましょう~ 今回は大船山の御池の紅葉見物にしました。こちら方面は近頃今水登山口が人気で、最近は車があふれているようです。たぶん車道歩きもなく、近いのが原因かと思いますが~ 車を停めるのが大変そうなので、私たちは岳麓寺からの登山としました。ここは車道歩きが長い・・・ 50分ぐらい ・・・のが難点ではあります。でも、たぶん私たちは最後の到着だったと思うのですが、ちゃんと停めることができました。

さ~ 出発。カワラナデシコ・センボンヤリ・サラシナショウマ・ヤマラッキョウ・リンドウ・マツムシソウ・ウメバチソウ・クサボケ・フシグロセンノウ・アケビ・ノギク・・・ たくさんの花たちのお出迎えを受けながら延々と舗装林道を歩きます。道にはアップルパイがたくさんありますので気が抜けません。笑
c0179351_1014196.jpg

本日登りに選んだ東尾根コースはなかなかの急登り。でもきれいな所で、木々も染まり始めています。展望が開けると お~ 大船山~!
c0179351_1019498.jpg

こちらは黒岳。所々に美しい色が見えますが、まだまだこれからでしょう。
c0179351_10204587.jpg

色が付き始めた紅葉がきれいですねえ・・・
c0179351_1021225.jpg

大船山の斜面も暖かい色に変わりつつあります。
c0179351_10215170.jpg

滑りやすい急坂にあえぎつつ登りあがると、きれい!
c0179351_10224723.jpg

この東尾根は登る人も多かったようですが、私たちは登りのピークの時間を過ぎていたのか静かな登山を楽しむことができました。下山してくる人は会う人会う人、御池は素晴らしいですよ!最高!と口にします。おのずと期待は膨らみます。でも、人だらけで山頂に立つこともできないくらい といおっしゃる人も居て・・・ さあ~どうかなあ~
そして、御池!
c0179351_1026686.jpg
 
今年は満々と水をたたえています。なのでいつもは水辺の砂地に陣取ってまったりしたり、撮影したりできますが今回は代わりばんこです。おりしも写真左手のとんがった岩に紅葉よりも赤い服を着たお方が登りあがっており、撮影ポイントでその時を待っている人からはブーイングの嵐。どけ!邪魔やろう!確かにねえ・・・ 景観的にはいかがなものか・・・ 笑
c0179351_10281710.jpg

御池の紅葉はというと・・・ きれいなのですが、赤が冴えない感じです。それに全体に茶色っぽい。これが今年の紅葉かもしれませんが・・・ 山頂はというと人出のピークが過ぎているのか多いことは多いけど、それほどでもないように思いました。でも山頂でゆっくりするには多すぎるので、ちょっと下った広場で昼食を摂ることにしました。そこから見る山頂方面。賑わっています。山頂がへこむかも。笑
c0179351_10424947.jpg

本日のお昼ご飯は豚汁。昨日大鍋にいっぱい炊いたのでおすそ分け~。じっとしていると寒いので、暖かいものが美味しいね。と自画自賛。笑 
ナナカマドの実は紅葉よりも赤く美しいけど、やっぱり九州のナナカマドは葉っぱは茶色になるようですねえ。
c0179351_10455013.jpg

小一時間まったりと過ごした後、下山。木々の紅葉は早落ちているものもあり、一斉に紅葉とはいかないかもですねえ。
c0179351_1047287.jpg

散り敷いた紅葉がきれいな道です。
c0179351_1047331.jpg

ユキザサの実が宝石のように美しく輝いていました。でも☠マークですよ~ 食べた人を一人だけ知っていますが、美味しくなかったようで吐き出していました。それで正解。 いえよっちゃんが食べたのはマイヅルソウですから、☠度はかなり低いから~ 笑
c0179351_1055753.jpg

木々の実も目立っていましたが、これはウメモドキというそうです。木一杯に鮮やかな実をつけていました。
c0179351_1056255.jpg

と、紅葉を楽しんだ一日でした。
本日のコース
c0179351_1171598.jpg

グラフ
c0179351_1173866.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-17 11:09 | 大分県の山
コシオガマが咲いています
可愛い色のコシオガマがあちこちで見られます。
今日の岩屋山をご覧ください。
c0179351_19551394.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-12 19:56 | 岩屋山
珍味! いえトリカブトではありません

本日のトリカブトの咲く山を目指しました。しかし~ この山に行くために設定したコースは、急登あり・藪あり・緊張するトラバースあり~
c0179351_19211735.jpg

でも今は野菊がきれいです。
c0179351_19215674.jpg

詳細な名前は無視! 野菊ということで~
c0179351_19224034.jpg

ノササゲの実も大きいなあ~
c0179351_19235241.jpg

イバラ攻撃でイテテ・・・ や 蜘蛛の巣に絡まれイヤモウ! を連発しながらやっとこさトリカブトの咲く園になってきました。
c0179351_19271299.jpg

ここのはどことなく、か細く上品なトリカブトです。
c0179351_19275392.jpg

満喫して帰る道は結構緊張する場所が一杯。もう歩きたくな~い!の声も空しく響きます。ただ野菊だけはいっぱい。
c0179351_1929421.jpg

秋の深まりを感じさせる山でした。
c0179351_19302916.jpg

そうそう本日は思いがけないところでアケビを食しました。
c0179351_19311065.jpg

そのお味は・・・ まあ食べてみんね。笑
c0179351_19314479.jpg


歩行距離10.5km 行動時間5:50 標高差+-856m


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-10 19:32 | 夢見山
岩屋山は奥深い
本日も岩屋山巡り~ まだまだ探検が必要です。
今日の岩屋山をご覧ください。
c0179351_19273666.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-07 19:27 | 岩屋山
素晴らしい岩山

ここに登るのは2回目だけど、今回はまったく別のルートからの登山となりました。
この岩山は国の天然記念物に指定されており、案内板などは一切なく、ルートもありません。
また古くから地元の人によって手厚く保護されていた場所でもあります。

そういう場所なので、レポは簡単にしたいと思います。
って、いつも簡単か~ 笑

ダンギクの開花期とあって、たくさん咲いていました。
c0179351_18312755.jpg

怖い場所をたくさんクリアしなければなりません。
c0179351_18322649.jpg

でも展望は素晴らしい。
c0179351_1833754.jpg

地球が丸く見えます。
c0179351_1833522.jpg

おっとどっこい! 落ちたら命はありません。
c0179351_18502471.jpg


素晴らしい岩山でした。
しかし、ルートはなく、うかつに入ると道迷い必至。
進退窮まり、滑落の危険もあります。
でも~ 楽しい山です。

遠望する礫岩。圧巻です。
c0179351_18364981.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
ダンギクが咲き始めました
久しぶりに裏尾根を周回。面白かったなあ~
今日の岩屋山をご覧ください。
c0179351_17431713.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-01 17:43 | 岩屋山