<   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

GW脊梁への山旅① 素晴らしい谷
上ノ内谷登山口~御池~三叉路~白鳥山~平清経住居跡~カルスト地形~北尾根稜線~新椎葉越
行動時間3時間30分
コヨーテさん hirokoパパさん hirokoさん 山馬鹿さん そよかぜ

GWで~す。どこかに登らなければでしょうねえ~ と言うわけでお泊りで出かけることになりました。一日目は白鳥山。原生林や湿地帯のある山です。お初の山なので楽しみ~

5時に長崎発。待ち合わせの五木村の道の駅には集合時間の9時には余裕で到着。すでに全員集合して登山口に向かいました。樅木の集落より更に林道のつめ登山口へ向かいます。この道は思い出深い道です。20年ぐらい前、椎葉越と呼ばれ、まだ未舗装で岩がごろごろ落ちていて、路肩が大きく崩れていたこの道を、命からがら走った事があります。それはそれは怖い道でした。今では舗装されていてきれいです。

1時間ぐらい走って、本日の登山口である上ノ口谷に着きました。もう一台は新椎葉越と呼ばれる登山口にデポしました。

本日のルート。
c0179351_17223299.jpg

c0179351_1723767.jpg

上ノ内谷はきれいな谷です。超お勧めです。
c0179351_17253059.jpg

どこを見てもきれいできれいでうっとりします。
c0179351_1726138.jpg

岩は苔むし、水清く、木々は美しく・・・
c0179351_17271952.jpg

おまけに登山口は1200mあり、標高差は400mちょい。登らんでいい~ 笑 でも何度も流れを渡り、右に左に歩かなければなりません。それに登り上がると平坦で迷いやすいので、地図とコンパスは大事です。
登り上がると御池と呼ばれる平坦な所に出ます。水がたまったりしている湿地帯です。バイケイソウがたくさん。
c0179351_1730598.jpg

ここもまた美しく・・・ アスナロもあったりします。あちこちに鹿よけのネットは張ってあり、ここも被害がひどいようです。山頂へは一登りですが、途中はヤマシャクヤクの大群落。でもまだつぼみでした。山頂でお弁当~
c0179351_1733018.jpg

山頂で集合写真です。コヨーテさんからいただきました。
c0179351_17565469.jpg

下山は平清経住居跡とされる場所を通ります。こんな所に住んでいたのかなあ・・・ 痕跡は何もないけどねえ・・・ 逃げる方もよく逃げたと思うけど、追う方も良く追ったもんだねえ。
c0179351_17352951.jpg

そして、写真でよく紹介されているドリーネです。この付近もヤマシャクがたくさんです。
c0179351_1737019.jpg

今からがきれいだろうなあ。
c0179351_17372983.jpg

尾根越道をでのことなく新椎葉越到着。秘境ルート開通の碑と書かれています。
c0179351_1742543.jpg

下山後は樅木のつり橋を渡りました。
c0179351_17443153.jpg

下のつり橋から男子チームを見上げて。
c0179351_17454959.jpg

今回の宿泊所は「米良の庄」のコテージです。ここは紹介したくないほどいい所です。なんといってもその料金。一泊夕食&温泉&寝具&料理器具&冷蔵庫&炊飯器&テレビ付き=一人3500円なり のゆたーとプラン
温泉はこんなところ。
c0179351_1751405.jpg

食事は・・・ おいしかったで~す。
c0179351_17522596.jpg

コテージの中は。
c0179351_17525151.jpg
 
住んでいいくらいで~す。
c0179351_17531693.jpg

そして~ もちろん~ 宴会は続く~
c0179351_1754165.jpg

でも、明日は5時起き~ で9時にはお休みなさい。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-30 10:12 | 熊本県の山
私を呼んで

花さんたちの様子が気になって出かけてみました。

まずはこれね~ なくなっったかなぁ と思っていましたが、出てきていました。フタリシズカちゃん。これからが楽しみね。
c0179351_18414161.jpg

森の入り口の鮮やかな色はアケビの花ね。最後の輝きかな。
c0179351_18434751.jpg

これは定点観察している私のオオバノトンボソウ。まだまだ先がお楽しみ。
c0179351_18445886.jpg

花さんを捜索に行く時、いつもお願いします。 「私を呼んでね」 
会いたくなかったら呼びかけないでしょうからね。 そして捜索開始。
まずは~ お~ たくさんのキンランで~す。
c0179351_18461924.jpg

そしてたくさんの花さんたち。呼んでくれました。ありがとう。
c0179351_1847358.jpg

次々に挨拶してくれました。
c0179351_18473879.jpg

どのこもきれい。
c0179351_1848733.jpg

一つ一つなでなでしてきました。
c0179351_18484382.jpg

極めつけはこれかな~
c0179351_18505654.jpg

花の直径は人差し指ぐらいもあります。豪華絢爛。
c0179351_18515560.jpg

呼んでくれてありがとう。そして健やかに育ってください。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-26 18:53 | 夢見山
五家原岳のシャクナゲは今年ははずれかも
修多羅の森~おたちね観音~尾根縦走路~五家原岳~水神~修多羅の森
みつばさん そよかぜ

今年のシャクナゲはどうでしょう。これもまた気になる時期になりました。例年なら5月の連休あたりが見ごろとなりますが・・・ で、偵察登山。でも用事がありそれを済ませると出発が遅くなってしまいましたので、近回り~

♪~ 春は尾根道赤く染め ミツバツツジかシャクナゲか
       花のトンネルくぐりぬけ ここは五家原の花の山 ~♪

と多良岳賛歌で歌われているように、五家原岳付近の尾根すじはシャクナゲの木が多いのですが・・・
シャクナゲはかなり気まぐれで、大当たりの年もあるかと思えば、大はずれの年もあります。

さあて、修多羅の森には水汲みの人がわんさか。それもポリ容器を一杯持ってきてどんどん汲んでいます。水汲みブームかな。
ちょっと登るとミツバツツジが咲いていました。
c0179351_18153100.jpg

尾根に上りあがり、お目当てのシャクナゲは・・・ ピンクが見当たりません・・・ 今年は開花が遅いのかなあ・・・ と思いましたが、よく見るとつぼみがない。二人でよくよく見ましたが、数えるほどしかついていません。
それもまだこんなつぼみ。
c0179351_18214490.jpg

もしかして、今年ははずれ~ それともここがはずれ~ がっくりして五家原岳までの急登を力なく登るのでした。
おまけに山頂は中学生の遠足の大軍団。経ヶ岳の雄姿を写してそそくさと通過。
c0179351_18242327.jpg

ざわめきの聞こえてこない場所まで移動して、雲仙や海を見ながらのんびりとランチです。気持ちが良くていつまでも居たくなりました。
c0179351_18254631.jpg

下山途中はオオキツネノカミソリの群落地、こちらはたくさんの葉っぱで埋め尽くされていました。期待がもてそうです。
c0179351_18271113.jpg

水神は先日からの雨で流れ込みが多く、湧き水だけではありませんが、マイナスイオンを感じますね~
c0179351_18282584.jpg

修多羅の森は今年最後のさくらかなあ・・・ まだきれいでした。
c0179351_18293737.jpg

ということで、五家原岳北尾根のミツバツツジはそこそこに咲いていますが、シャクナゲは期待できそうにもありません。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-25 18:33 | 多良山系
ヒカゲツツジもミツバツツジもまだまだです
池ノ原園地~仁田峠~妙見岳~普賢岳~薊谷~仁田峠~野岳~池ノ原園地
山馬鹿さん そよかぜ

そろそろ雲仙のミツバツツジも咲いているのでは・・・ 例年ならきれいなころです。それにヒカゲツツジも気になるし~ と言うことで出かけてみました。天気予報ではピッカリマークのはずなのですが・・・ お山にはガスがかかっております。

今日は真面目に池ノ原に車を停めて歩くことにしました。
お~ 見事なハルリンドウ畑で~す。
c0179351_19482667.jpg

刈られていたバイカイカリソウも復活~
c0179351_1949943.jpg

しか~し、お目当てのミツバツツジはこのとおり・・・
c0179351_1950532.jpg

数株こんな風に咲いている株もありますが・・・ ほとんどはまだ固いつぼみ。
c0179351_19514358.jpg

ムシカリも白が冴えません。これからみたい。
c0179351_19523412.jpg

普賢岳山頂にはなんと雪が残っていました。
c0179351_19532411.jpg

山頂の温度計は・・・ 1度! こりゃあ冬!
c0179351_19542223.jpg

風をよけて昼食です。こんな時にも鼻水をすすりながら泡物を飲まなければならない不自由な体の方がおられますです。
前回は一輪しか見つけることができなかったワチガイソウですが、今日はあちこちで見かけます。
c0179351_19573231.jpg

いつ歩いても薊谷は素敵な所です。
c0179351_19581694.jpg

ウグイスカグラも先日よりたくさん咲いていました。
c0179351_1959171.jpg

実は今日はお供がおりますです。このワンコは池ノ原におりましたが、登山者の後をついて山登りをしているようで、いつの間にか私たちの犬のようになっていました。
c0179351_2003838.jpg

首輪の跡はあるのですが・・・ 捨て犬でしょうか・・・ とても臆病な犬で人が近づくと一定の距離までさがります。でも私たちの前後をずっとついて歩いてきます。我が家のバニラよりも色が濃いのでモカを勝手に命名。

さて、ヒカゲツツジが咲いていなかったので、野岳に登ることにしました。ここにもヒカゲツツジが一杯あるからです。途中から見る普賢岳と平成新山はなんだかきれい。ガスもとれてすっきりとしています。
c0179351_21295569.jpg

そしてヒカゲツツジは~ 咲いていました。
c0179351_2130167.jpg

あちこちにたくさん。クリーム色で優しい感じの花です。
c0179351_21173425.jpg

野岳の山頂は何度か行ったことがあるのですが、今日はその先の岩場まで行きました。そこからの眺めもいい感じ。
c0179351_21184393.jpg

野岳の山頂へ行くのも、岩場に行くのも、ワンコではちょっと大変なところがあるのですが、モカはお見事なフットワークで着いてきます。すごい!山岳犬みたい。だんだんこのモカがいとおしくなってきました。それでついに残りのご飯を・・・ このひたすら待ち望んでいる目をみるとねえ・・・
c0179351_21213044.jpg

池の原園地には紅葉があるのですが、小さな葉っぱや芽をつけています。それがとってもきれいでした。
c0179351_21241064.jpg

モカは園地まで来ると、疲れたのか寝そべって休んでいました。足はちょっとビコビコしていましたので、痛めているのかもしれません。飼い主さんが現れてくれるといいのですが・・・
とってもかわいい顔をした大人しい女の子ですよ。
モカにたくさん話しかけて歩いて、一段と楽しい山でした。モカありがとう。そして元気でいるんだよ。バイバイ。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-24 21:33 | 雲仙山系
緑の中に同化してしまいそう
すっきりしたお天気ではありませんが、気になるので出かけてみることにしました。林道を運転していると突然目の前に走り出たものがありました。
c0179351_1921790.jpg

お~ 小さなウサギちゃん。まだ耳も長くない。どうしたらいいのか分からないらしく、ひたすら林道をとっとこ走ります。かわいい~
c0179351_19222463.jpg

バイバイ! 元気でいるんだよ~ 車に轢かれないでね。 さあ出発。歩き出すとシャクナゲが露に濡れながら咲いていました。
c0179351_19235167.jpg

大きな椿がいっぱい落ちています。
c0179351_19242833.jpg

この白いスミレはシコクスミレだそうです。pandaさんありがとう。
c0179351_1925850.jpg

ツクバネソウもお目覚めでした。
c0179351_1925385.jpg

ここかな と踏み込んだ所には・・・ ありましたね~ でもまだつぼみ。でもきれいなところでうっとりしてしまいました。
c0179351_19265179.jpg

そして更に捜索。ありました~!ありがとう!咲いていてくれて。
c0179351_19294881.jpg

もううっとりです。
c0179351_19301365.jpg

まあるくなっている花がかわいいかな。
c0179351_1930562.jpg

すみません。中をちょっとのぞかせてね。
c0179351_1931324.jpg

う~ん!満足。ありがとう!ありがとう! 一緒にヒトリシズカも咲いていました。
c0179351_19324334.jpg

おまけにこんなものまで見つけてしまった。
c0179351_19331282.jpg

緑に染まり、花たちと小鳥たちと一緒に過ごしました。美しい一時でした。
c0179351_19344665.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-21 19:36 | 夢見山
花の道
雷山神社登山者用駐車場~清賀の滝~上宮~雷山~井原山~水無谷~アンの滝~瑞梅寺登山口~井原山バス停
福岡組 コヨーテさん 甘党さん 甘党ママさん
長崎組 みつばさん クラッカーさん そよかぜ
距離10.5km 累積標高差1200m

井原山に花散策に出かけることにしました。もちろん案内は弟のコヨーテさん。予定したコースは散策というにはちょっとハードな縦走ですが・・・ 笑
井原山バス停付近に車をデポして、雷山神社の登山者用駐車場に移動しました。ここは広い駐車スペースときれいなお手洗いがあります。そして、こんな立派なパンフレットが~! ルート図や標高データや花の案内もありますので、ぜひいただいてください。ただし、前原市商工観光課作成なので、佐賀県側からのルートは紹介してありません。
c0179351_7503917.jpg

c0179351_751271.jpg

さあて、雷山の登山口からすでに花の道。クイズ・これはなんだと思う。
c0179351_8503493.jpg

さらに進化するとこうなります。
c0179351_7531637.jpg

これで分かったらあなたは只者ではない! と思うよ~ これはカテンソウでした~ 山盛り。
c0179351_75432100.jpg

今はこのオオサンショウソウもたくさんありますが、かなり個性的。
c0179351_85208.jpg

地味だねえ。
c0179351_7562224.jpg

清賀の滝は先日より緑が美しくなってきたようです。
c0179351_8534972.jpg

上宮からの急登を制して、井原山の山頂です。コヨーテさんが美味しいコーヒーを入れてくれて一息つきました。
c0179351_8552658.jpg

井原山に向かう道はいつもながら気持ちのいい縦走路です。
c0179351_856122.jpg

人出も多くたくさんの方々が登ってきていました。あすなろさんご一行様ややまびこ会の方々もいらっしゃいました。足元には様々なスミレがさいています。シハイスミレもとってもきれいです。
c0179351_8585330.jpg

ニシキゴロモも所々に咲いていました。
c0179351_8593125.jpg

連休ごろには赤紫のコバノミツバツツジに覆われる山頂はまだこんな感じ。つぼみも固そうで開花は案外おそいのかもしれません。
c0179351_905839.jpg

ここでようやっと昼食です。そしてまたコーヒータイム。これで淹れてくれるからなおさら美味しい。
c0179351_92299.jpg

ここからは水無谷に向かって急降下。回転技は厳禁で~す。そして谷にはいっぱいの花たち。ヤマエンゴサクの涼やかな色。
c0179351_943599.jpg

イワボタンは今年は少な目かな。
c0179351_951296.jpg

みなさん写真タイムがいっぱいです。
c0179351_96733.jpg

ニリンソウやイチリンソウもたっぷりあります。こちらはイチリンソウの花壇です。
c0179351_9121673.jpg

これは普通のイチリンソウですが・・・
c0179351_913473.jpg

ちょっと疑問のイチリンソウ。
c0179351_913474.jpg

明らかに違います。後姿はとってもきれい。
c0179351_9143226.jpg

キクザキイチリンソウかと思いましたが、葉っぱの感じからヤエザキイチリンソウかな~
c0179351_9163853.jpg

ラショウモンカズラは咲き始め~
c0179351_9171426.jpg

ヒトリシズカも山盛りで~
c0179351_9174894.jpg

ムラサキサギゴケもたっぷり。
c0179351_9182663.jpg

ツルカノコソウもたくさん出ていましたね。
c0179351_9204694.jpg

トウゴクサバノオのとびきり小さな花はとらえるのが難しい~
c0179351_9213165.jpg

コンロンソウは涼しげに真っ白な花を咲かせていました。
c0179351_9224994.jpg

まだまだたくさんの花を見ましたが、レポではこれだけ~
今回も楽しい楽しい花の道でした。
ご一緒してくださったみなさん、ありがとうございました。

さあて、数年前にお目のかかったこのスミレ。
フギレシハイスミレと聞きましたが、紫背ではなく緑色だったので、フギレスミレ。笑
c0179351_924289.jpg

葉っぱを見ると・・・
c0179351_9245439.jpg

エイザンスミレの葉っぱにも似ているけど、エイザンの夏葉と比べると違いが良くわかります。
c0179351_926452.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-19 09:29 | 福岡県の山
素晴らしい所でした~
藪歩き
山馬鹿さん みつばさん そよかぜ

宝物探しにでかけることになりました。目的は三つ。地図とにらめっこしてあたりをつけます。予想ではありそうなんだけど、でもそれはお初の場所ですから行ってみないとわからない。
見上げた山はもうすでに終わっていますが、山桜がいっぱい! この前行った石割岳よりきれいみたい。
c0179351_2056690.jpg

道なき道を進みます。足元は安定せず気をつけて歩かなければなりません。おやこの花はマルバコンロンソウかなあ。
c0179351_20575293.jpg

そして目の前には滝が現れました。お~!これはきれいだけど登れない。で、巻くことにしました。しかしそこも危険がいっぱい。緊張しました~ どうにか無事にクリアして滝の上にたどりつきました。
c0179351_20581251.jpg

サワガニさんがびっくりしてちょこまか。
c0179351_20583433.jpg

ミツバツツジもきれいです。美しい場所でお昼ご飯。
c0179351_2132917.jpg

歩く所はとってもとってもきれいです。なんとも美しい場所。
c0179351_2135180.jpg

ツクバネソウの赤ちゃんも産声をあげていました。
c0179351_2154229.jpg

またもやお会いしましたヤマウツボ。
c0179351_2155977.jpg

おや~ これは・・・ ミツバコンロンソウ かな~
c0179351_2161379.jpg

そしてなんとありました~ サバノオ。
c0179351_2192270.jpg

かわいい花さんです。
c0179351_2193962.jpg

ミツバテンナンショウも花壇に植えられたようにお行儀良く咲いていました。
c0179351_2195424.jpg

そして、お宝は~ ありましたよ~ でもそれがうわさに聞く場所かどうかは不明だけどね。
それにしてもきれいだったなあ~ 夢に出てきそう。
c0179351_21134322.jpg

お気に入りに追加だね。いいルートでした。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-17 21:15 | 夢見山
う~ん いいお天気
あまりにも気持ちのいいお天気です。お昼ごはんを食べに岩屋山に登ってきました。
今日の岩屋山をご覧ください。
c0179351_15191228.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-16 15:20 | 岩屋山
春だったけど 冬だった
岩屋山の花たちは 春~ と言っています。でも寒い一日でした。
今日の岩屋山をご覧ください。
c0179351_20141182.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-14 20:15 | 岩屋山
山桜は今や・・・
憩の森登山口~林道~左周り登山道~石割山~平野山~巻き道~右回り登山道~林道~憩の森登山口
福岡組 hirokoパパさん hirokoさん 甘党さん
佐賀組 タクさん 平六さん
長崎組 pandaさん みつばさん 一反木綿さん そよかぜ

一度は見てみたいなあ・・・ と思ったのはもうずいぶん前です。石割岳の山桜は山を薄ピンクに染めてきれいだと聞いたからです。でも最近登った人はみな、たいしたことはないと言います。山桜の木は枯死してずいぶん少なくなったそうです。増やそうと植樹したりしているようですが、なかなか成功しないとか・・・ でもやっぱりこの目で見ないとね。

登山口に着くと福岡組&佐賀組は今や遅しと待ち構えていました。心配したお天気もどうにか持ちそうです。長崎組はいつものごとく「きっと今日も晴れパワーだよねえ」とお気楽な会話。さあ出発。
c0179351_2183911.jpg

さあこの美味しそうな野菜のような葉っぱの花はなんでしょう~ 
c0179351_2193575.jpg

答えはヤマルリソウ。ここはヤマルリだらけですが、いつも見るのと違い立ち上がって瑞々しい~
そしてこのマルバスミレはかわいいねえ。
c0179351_21113255.jpg

肝心の山桜はというと、ビックリするくらい多い というわけではありませんが、ボチボチありますね。
c0179351_21125151.jpg

何のことなく山頂に到着。う~ん 散歩~
c0179351_21215345.jpg

こんなお姿で参加された方もおられましたし~
c0179351_21142066.jpg

石割岳は双頭山ということですので、平野岳へも登ってみることにしました。ドッヒャーと下り、ドドンと登りますが、その間10分。
c0179351_21162450.jpg

帰りはあれを登り返さないといけないの~ と戦々恐々ですが、ちゃんと巻き道あり~ 登山道はなかなかきれいです。
c0179351_21174118.jpg

戻ってきた林道からみた石割岳の谷は山桜はボチボチですが、新緑が美しい。
c0179351_21235752.jpg

岩も魅力的です。
c0179351_21242213.jpg

そしてこの謎だったスミレはアカネスミレと判明~ pandaさんありがとう。
c0179351_21253566.jpg

あまりにも簡単な山でお昼ご飯を食べるのも忘れていました。下山後みんなで昼食。そして蒸し暑く汗まみれになったので、「星の温泉きらら」で入浴です。
c0179351_21281390.jpg

入り口にあったヒメリンゴの可憐な花と香りにみなさん吸い寄せられました。
c0179351_2129461.jpg

散歩のような登山でしたが、みなさんと一緒で楽しい一日でした。
山桜はというと、先日多良でご一緒だったUさんが「多良の黒木の方がきれい」と言っていましたが、その通りかもね。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-04-11 21:42 | 福岡県の山