<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

低山を繋ぐ縦走をみんなで堪能
下大橋~自然歩道~岩屋山~警察学校~小江原エレナ~林道~尾根道~稲佐山 ひかりのレストランでランチタイム ~尾根道~飽ノ浦峠(福田峠)~砲台山(立神山)~帆掛山~西泊中学校~西泊ヶ丘~天門峰~神崎~女神大橋~女神大橋駐車場  行動時間8時間
福岡組 hirokoパパ hirokoさん
佐賀組 タクさん テツさん アキさん イチさん 平六さん K一郎さん
長崎組 みつばさん クラッカーさん pandaさん そよかぜ

前回七高山巡りをしたおりに、港外回りコースの話や岩屋山の話が出ました。タクさんより、「岩屋山に登りたい」と申し出がありましたが、せっかくきていただくのに岩屋山だけではねえ・・・ と言うことで、岩屋山+外回りコースで歩くことになりました。一度延期になり、今日になりました。こじんまりと歩くつもりでしたが、いつものように気が付くと12人・・・ これは楽しく歩けそうです。

さて今日のお天気はどんよりとした空で、今にも雨が落ちてきそうな気配です。ここは晴れパワーでしばしくいとめねば・・・ みなお天気を気にしながら女神大橋の駐車場に集合し、登山口近くまで移動しました。しばらくは街歩き。狭い道で、軒先を掠めるようにして歩く道は、他県の方には珍しいようです。最後の急登をがんばり山頂へ出ました。そこには今や九州の山登りをする人で知らない人は居ないと思われるH兄弟のお兄さんが居ました~ もちろんみんなで記念撮影。写真はタクさんよりいただきました。
c0179351_21365471.jpg

岩屋山からの景色はなかなかのものだとは思うのですが、今日は視界がはっきりとしません。残念。ゆっくりと楽しんでいただきたかったのですが、先は長い、さあ出発。

街歩き&林道歩き&山道で稲佐山に到着。ここでpandaさんと合流しました。稲佐山の立派な三角点を見ていただきました。
c0179351_21411020.jpg

さあ、実は今日はグルメの山旅でもあります。先日ひかりのレストランに立ち寄った時に、しっかりメニューを見てきました。そして。今日は季節限定・一日20食限定・対馬のマグロを使った「トロの華定食」を食べることにしました。もちろん予約を入れて、到着と同時に食べられるようにしましたよ~
c0179351_2148923.jpg

展望を見ながらのランチタイムで、今日は何をしているのか忘れそうでした。笑
c0179351_2149181.jpg

稲佐山からは猫の耳のような天門峰や女神大橋が見えています。まだまだ遠いぞ~
c0179351_21504227.jpg

これから飽ノ浦峠までは今回の一番危険は場所でしょう。やせ尾根、岩尾根、激下り。抱きまわり岩も慎重に通過。
c0179351_2152236.jpg

みな無事に・・・ いや無事でない人も・・・ 居たけど、笑いで済ませられるぐらいで、難所を通過しました。飽ノ浦峠から先は、山名も良くわからない。地元の人は砲台山と呼んでいるけど、立神山だったり・・・ 立神山と呼んでいるところが帆掛山だったり・・・ まあとにかくアップダウンしながら尾根を歩きました。途中は西泊中学校の校庭に降り立ちますが、普通に考えたら不思議かな。でも学校より山道が先にあったってことだろうなあ。
c0179351_21581929.jpg

この先の山も名前は良くわからない。西泊ヶ丘としている本もあるし、障子岩山としているところもあるし・・・ 最後の天門峰を登りあがると、この展望です。
c0179351_2202372.jpg

ここからの激下りは、真新しいトラロープが張ってあり、以前より下りやすくなっていました。神崎のお稲荷さんにも立ち寄り、女神大橋を歩きました。
c0179351_222491.jpg

駐車場に戻りこれでお別れのはずですが、今日はグルメも最後まで!思案橋ラーメンに立ち寄りばくだんチャンポンを食べましたよ。
c0179351_2233113.jpg

なぜこれが有名かというと、かの方がいつも食されているからで~す。
c0179351_2242193.jpg

みなで美味しく食べた後、お別れとなりました。

低山のマニアックなロングルートを歩いていただきましたが、いかがでしたか。楽しんでいただけたと思っていますが。そして長崎のグルメもおいしかったでしょう~ またおいでくださいね。
[PR]
この展望は自慢だね でも今日はちょっとだけ
稲佐山公園駐車場~稲佐山~飽ノ浦峠 往復

ちょっと気になることがあって、下調べに出かけた。今回はいつもパスする稲佐山山頂もきちんと通過。きょろきょろしながら歩くと、稲佐山神社発見。あったんだね~
c0179351_1839828.jpg

こうしてみると鉄塔も青空に映えて美しいではありませんか~ 
c0179351_18403670.jpg

かなり早いけど、山頂の「ひかりのレストラン」で昼食をとることにしました。ここからの展望もごちそう~ではあ~りませんか。でもあんまり見せると、楽しみが半減するからなあ~ 一部だけ紹介で~す。
c0179351_18414133.jpg

素晴らしいパノラマを満喫しながら食べたのは、角煮ライスバーガー。本当は食べたいものがあったけど、それは次回のお楽しみだ~
c0179351_1844982.jpg

おお~ あまりゆっくりしてはいけません。本来の目的を忘れそうです。
で、例の尾根の検証はバッチリ~! 詳しく書いてはこれまたお楽しみが少なくなるので、その日まで内緒。途中の抱きまわり岩からは岩屋山がみえましたよ。
c0179351_1847437.jpg

楽しみにされている方々、いいよ~ おいで~!
[PR]
大展望に偽りなし
木立元越山登山口~入角地蔵~中の地蔵~元越山 往復
クラッカーさん みつばさん そよかぜ
長崎5:00=登山口9:00 高速移動途中休憩2回含め片道4時間 登山行動時間4時間 長崎帰着17:00

一度計画して流れていた元越山登山です。長崎から見ると元越山はちょっと遠い。車を走らせてもかなりかかるだろうなあ・・・ でもお天気は元越日和です。ここは行くしかないでしょう。
高速1000円なりを使い、長崎自動車道=大分自動車道を端から端まで走りました。津久見までしか高速は無いと思っていたら、ラッキーなことに佐伯まで通じていました。これで1時間短縮。

元越山登山口は無料駐車場・トイレ・水完備。それに登山届けボックスには「元越山ガイドマップ」が準備されています。登山のおりには是非いただいてください。その一部。
c0179351_21414067.jpg

登山口には様々な案内板が立てられています。地元の方に愛されている山なんでしょうね。
c0179351_21443467.jpg

よく歩かれている道らしく、えぐれていて周りはしだが茂っています。
c0179351_21453751.jpg

途中にお地蔵様がありますが、これは下の地蔵様で入角地蔵。
c0179351_2147940.jpg

途中で一度林道に出るのですが、そこは右手方向に行くと案内板があります。写真は林道に出たところで、右手の人がいる所から左上に登って行きます。
c0179351_21504954.jpg

山頂まで900m 800m・・・ とカウントがあり、励まされて登り続けました。さあ山頂です。どんな展望でしょう。こちらは祖母傾・新百姓・大崩方面。
c0179351_21522162.jpg

こちらは海側、鶴見崎方面。
c0179351_21533553.jpg

よ~く見ると、山頂の石碑の左上に石鎚山が見えています。
c0179351_21553412.jpg

続々と登山者がやってきます。やっぱり人気なんですね。ここからは地球が丸く見えるといいますが、まさしくそのとおり。国木田独歩はここに2回登り、そのあまりの美しさに涙を流したと言われています。
c0179351_21562313.jpg

大展望を楽しみながら、ゆっくりランチです。のんびりと過ごしました。
さあ下山です。前方は由布岳・九重連峰です。
c0179351_220398.jpg

遠い遠いと思っていた元越山ですが、高速の開通で4時間で行くことができました。「近いねえ~」と言いながら、1000円効果をありがたく実感したのでした。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-01-24 22:05 | 大分県の山
お初の山はやっぱり嬉しい
陽の原キャンプ場~こころがまえの広場~矢護山 往復
カトレアさん そよかぜ

もし疲れてなかったら明日もどこか登ろうか
と、昨日カトレアさんと話していました。カトレアさんはやる気満々。それでこれまた厚かましく連泊させていただくことになりました。
登る山はあれこれ考えましたが、二人とも登ったことのない矢護山にしました。ここは夏にはオオキツネノカミソリが咲くそうです。以前に肉まんさんやまつやんさんたちが登っていたような・・・

登山口は陽の原キャンプ場です。今は閉鎖されていますので、手前に停めて歩きました。それでもキャンプ場の駐車場まで5分。
c0179351_1831660.jpg

キャンプ場にある案内板。
c0179351_1844921.jpg

キャンプ場にはバンガローもありますが、色気なしの大きなトイレのように見えますね~
c0179351_1855690.jpg

さあこの出発の橋からスタート。
c0179351_1865983.jpg

しばらくは林道歩きです。心がまえの広場と書かれている所からは鞍岳の方にも登れるようです。いつか行ってみたいなあ。
c0179351_1885323.jpg

途中からは雪が出てきました。こんな木の橋があり、傾斜がついているのでスリップ注意です。
c0179351_18101728.jpg

伐採地からは矢護山方面が見えます。ここまで来ると山頂は近い。
c0179351_18111571.jpg

山頂です。周りは木に囲まれていて展望はないけど、ベンチもあって気持ちの良いところでした。ブナもあります。
c0179351_18122228.jpg

見上げる空は真っ青。
c0179351_183248.jpg

山頂でカトレアさんが作ってくれた美味しいおにぎりを食べながら、雪遊び。
c0179351_1833974.jpg

そうそうここには山頂標識と同じおしゃれな石の案内板がところどころにあるのですが、後ろは動物の足跡は彫ってあります。
イノシシ
c0179351_18342791.jpg

タヌキ
c0179351_1835479.jpg

キツネ
c0179351_1835346.jpg

ノウサギ
c0179351_18355873.jpg

テン
c0179351_1837062.jpg

アナグマ
c0179351_18382847.jpg

こんなものを見ながら歩けば面白いですね。

この二日間、カトレアさんには大変お世話になりました。こうして二人で一緒に山に向かうなんて出会ったころには考えられませんでした。きっと誰かさんたちが話し合ったんでしょうね。笑
最後の何から何までお世話になり、なごり惜しくお別れしました。またご一緒に歩きましょう。それはいつかなあ~ 近いうちに~
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-01-20 18:43 | 熊本県の山
天草の山の魅力は海の見える大展望
高舞登山(たかぶとやま) 金比羅山 蕗岳(つわたけ) 白岳 鋸岳
高舞登山登山口~金比羅山~牟田峠~蕗岳~白岳~不動の滝~鋸岳~白岳森林公園駐車場
行動時間6時間
カトレアさん そよかぜ
昨日福岡から熊本のカトレアさんの所に移動しました。ご好意に甘えて泊めていただきました。
カトレアさんと相談して天草の観海アルプスの半分ぐらいを歩くことにしました。車が2台あるので回送して縦走です。

案内図
c0179351_21303440.jpg

案内板
c0179351_21311142.jpg

もうちょっとで蕗岳という所まで歩いたことのあるカトレアさんは、かなりアップダウンがあると言います。では覚悟~ 笑
最初は高舞登山です。すぐに山頂ですが、景色は素晴らしい。雲仙が白く見えていました。
c0179351_2133323.jpg

縦走路はこんな感じです。あまり展望はありません。
c0179351_21342386.jpg

階段をダーッと登ったり下ったり。
c0179351_213547.jpg

開けてくると松としだが目立つ道です。
c0179351_21355596.jpg

ネズミサシという針のようにチクチクした葉を持つ木がたくさんありました。なんでも本当にねずみよけにおいていたとか。
c0179351_21452682.jpg

蕗岳は目立つ岩山です。これは回送途中で写しました。
c0179351_21365537.jpg

蕗岳のちょっと手前はこんなはしごがあります。
c0179351_21374239.jpg

蕗岳からは大展望が広がります。向こうは九州山地。
c0179351_21382322.jpg

今ではとても珍しくなったミサゴも生息していると聞いたことがありましたが、飛んでいましたね~ とんびと明らかに違い、白が目立ちます。
c0179351_21394551.jpg

白岳に向かう途中から歩いてきた岩峰がみえました。
c0179351_21435026.jpg

白岳を回送中に写しました。
c0179351_21402622.jpg

白岳からも大展望。
c0179351_21425824.jpg

案内板には大昔は大きな山だったと書いてありました。
c0179351_21475524.jpg

白岳から下り、不動の滝を見に行きました。水量が少なく・・・
c0179351_2149496.jpg

そこからまた登り返し、アップダウンを繰り返して鋸岳を一周。鋸岳からは太郎丸岳が近くに見えました。
c0179351_21502030.jpg

下って湿原を歩きました。時期になるといいだろうなあと思いました。
c0179351_2151880.jpg

天然記念物のヒモズルもあちこちにたくさんあります。
c0179351_21514275.jpg


今回は二台の車で縦走できたので、存分に楽しむ事が出来ました。縦走路はほとんど展望なしですが、岩峰に出た時は、青空の美しい日だっただけに胸のすくながめでした。
カトレアさんといろいろなお話をしながら歩けて、とても楽しい一日でした。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-01-19 22:00 | 熊本県の山
史跡いっぱいの山を存分に堪能
大宰府政庁跡~大石垣~大城山~野外音楽堂~百間石垣~大原山~焼米ヶ原~大宰府口門跡~岩屋山~市民の森~政庁跡
ばあやんさん hirokoパパ hirokoさん コヨーテさん そよかぜ

ご一緒に登る約束をしてから二転三転した今回の山旅です。おひさしぶりのばあやんさんとは2年ぶりぐらい。hirokoパパさんとはお初です。ママさんからあまりしゃべらないようにと厳しいお達しがあったようですが~笑  コヨーテさんは是非参加して欲しかったのですが、それはあとで~

ということで、政庁跡に集合した面々でした。政庁跡の後ろの山が四王寺山です。
c0179351_11192273.jpg

音だけ聞くと王子様で、なんとゆかしい響き~ と思いましたが、増長天・広目天・毘沙門天・持国天の四つの寺があったからだそうです。笑 またここには石仏三十三ヶ所が祀ってあります。今回私たちは時計回りで、石仏の番号とはほぼ逆周りで歩くことになりました。
c0179351_11234396.jpg

ところで、この四王寺山は600年代に作られた日本最初の山城だそうです。大宰府を護るためのお城で、延々と作られた土塁は日本の万里の長城のごとく続いています。土塁が困難なところは石垣が作ってあります。
c0179351_11282089.jpg

これはコヨーテさんのGPSデータです。
c0179351_1859246.jpg

政庁跡に咲いていた今年はじめてのマンサクです。これはシナマンサクで、山で見るのとはちょっと違っているかな。
c0179351_193129.jpg

しばらくは町というより田舎の道といったところを歩きますが、史跡の保護のために建築が制限されているそうです。やがて林道から山道に入ります。そして最初に見たのが、この大石垣。復元されているようです。
c0179351_1953383.jpg

尾根に上がり歩く道は土塁の上。ほとんど忠実に土塁の上を歩きます。アップダウンしながら毘沙門天に着きました。なにやらばあやんさんは熱心にお祈りしておられます。
c0179351_1973498.jpg

ここは大城山の山頂でもありますが、三角点の横の白い標識、、これはコヨーテさんが立てたんだって。いろいろな説明を受けながら、ナデナデ。やっぱり知っている人が立てたと思うと感慨もひとしお。ネッ!これでコヨーテさんに参加してほしかった訳がわかったでしょう。笑
c0179351_19104786.jpg

そこから音楽堂まで下ります。音楽をここで聴くなんて事は決してないだろうと思われる音楽堂の向こうの宝満山や三郡山は白く見えます。今日は難所が滝も大賑わいでしょう。
c0179351_1913472.jpg

そこから百間石垣までさらに下りました。
c0179351_19135162.jpg

小石垣や大原山を過ぎ、焼米ヶ原という広場に出ます。ここから焼いた米がたくさん出てきたそうです。
c0179351_19505589.jpg

大宰府口門も見ました。これは古の人も触ったのかもと思わず石をスリスリ。
c0179351_20253165.jpg

下山途中にある岩屋山にも立ち寄りました。同じ岩屋山に親しみがわきます。
c0179351_20291117.jpg

その後も寄り道しながら政庁跡に戻りました。

今回の山は思ったよりも素晴らしい遺跡がたくさんありました。大宰府って天満宮がつとに有名ですが、古の政治の中心の一つであった「府」だったのですね。それを守るためにこんなに大規模なお城を築くなんてすごいなあと思いました。

今回は懐かしいばあやんさんにもお会いすることが出来てとっても嬉しかったです。そして、いつもHPで後姿しか見たことがなかったパパさんとも、厳しいおきてを破ってお話できてラッキーでした。
いつも明るいhirokoさん、静かにサポートしてくれるコヨーテさん、ありがとうございました。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-01-18 11:30 | 福岡県の山
青空と雪の組み合わせは魅力的
またもや登ってしまいました。
今日の岩屋山をごらんください。
c0179351_19425368.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-01-14 19:43 | 岩屋山
雪に閉じ込められたこんな日は 
岩屋山に登るに限ります。
今日の岩屋山をごらんください。
c0179351_17333139.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-01-13 17:34 | 岩屋山
またもや竜馬になりました
諏訪神社~金比羅山~烽火山~豊前坊~英彦山~愛宕山~風頭山~若宮稲荷
リバーさん まつさん ミーさん クラッカーさん みつばさん そよかぜ

またもや登ってしまいました、七高山巡り。一月の本番とあって各山岳会は募集して行列を作って登ります。今日もいくつもの団体さんが出発予定。私たちはそれをかわして、ちょっと早めの7時30分に出発。
登りがけに見る英彦山もきれいね。
c0179351_1923834.jpg

今日はどんよりと曇り空で展望は冴えないけど、雨が降らないだけでもましかな。
c0179351_1933179.jpg

前回は貸切だった昼食時の広場には続々と人が集まってきます。4団体で200人ぐらいはいるようです。早々にお昼をすませてお先に~ なにせ100人の団体もいるんだから・・・ 懐かしいお顔の方々も居て、嬉しかったな~
豊前坊の登りの階段は、ぼやきなしの一気登り。
c0179351_1965957.jpg

展望岩では思わず笑顔が出ますね。
c0179351_197317.jpg

風頭から見る金比羅山はきれいな形です。
c0179351_19823100.jpg

今日も竜馬さんとお話してきました。
c0179351_1984946.jpg

功を奏して、団体さんに巻き込まれることなく無事にゴ~ル!
みなさん、素晴らしい歩きでした。
[PR]
雲仙に今年初登り
仁田峠~妙見神社~紅葉茶屋~普賢岳~仁田峠
クラッカーさん そよかぜ

今年になって初めての雲仙に出かけることにしました。寒波襲来で雲仙は連日霧氷日和のようです。でも路面凍結もあるのでいつもよりゆっくり目の出発。

池之原からの登山を考えていましたが、心配することなく仁田峠まで車で登ることができました。さあゆっくりと霧氷見物登山です。
c0179351_21362949.jpg

妙見神社付近もなかなかです。
c0179351_2137130.jpg

いつもでっかい霧氷が付くポイント。
c0179351_21374196.jpg

雪の山はいいね。
c0179351_21381220.jpg

寒々した冬の空に雪の山。
c0179351_21402611.jpg

山頂のライオンちゃんはなぜかうっとりしているように見えました。
c0179351_2141823.jpg

足元の雪は薄いのですが、みんなが踏んでいるので圧縮されて氷になっています。下りはアイゼンをつけたほうが無難です。
帰りは小地獄の青雲荘の温泉に入りました。630円だけど金曜日はレディースディーで、ポイント2倍&飲み物券&買い物10%off券付き。それにシャンプーや洗顔料などが充実していて、いつもより念入りにお手入れしてきました。金曜日は女性の皆様にはお勧めです。女性5人以上なら5000ぐらいの休憩室が無料にもなるようですよ。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-01-08 21:46 | 雲仙山系