「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:その他の長崎県の山( 110 )

散歩になった~

梅雨の合間の晴れ間。
これを逃す手はないでしょう~ と、以前から計画していた登山口へ向かいました。
登山口への入り口を一本間違ったことにすぐに気が付きましたが、そのまま行っちゃえ~ と。
その道は冷や汗ものの作業道となり~
頑張って登ってくれた車に感謝~
今日一番登ったのは車ちゃんでした~

その冷や汗ものの作業道を詰めて、基幹林道に出ると二番目の登山道入り口がありますが~
なんと工事中。大型重機が入っていて、立ち入りをご遠慮ください だって~
あら~ どうしよう。
まあとにかく登山開始にするつもりだった場所へ行ってみよう。

まずはそのうちに行こうと思っていた、気になっていた高峯展望台へ~
ほんと、展望台がある!
c0179351_20140336.jpg


そこから眺めると~ お~いい景色。

c0179351_20134491.jpg


反対側は五家原岳などの多良山系が見えます。

c0179351_20133594.jpg


さてさて、登山口は大山神社。
神社といっても記念碑のような岩があるだけでした。
ここから登山道は伸びていますが、かなり藪っぽい。
それに登ってもすぐに先ほどの工事現場に当たるので、今日は確認だけにしました。

c0179351_20132295.jpg


さて、これからどうするか…
そうそう、これまた気になっていた日岳に行ってみましょう。
ここも車が頑張りました。(笑)
いえこちらは整備されたきれいな道でしたが。
駐車場やお手洗いも整備されている日岳公園へ到着。
まずはお社があったのでご挨拶。

c0179351_20130762.jpg


日岳からの展望も良好。
こちらは大村湾側。

c0179351_20125180.jpg


左目を向けると琴の尾岳方面が見えます。

c0179351_20123461.jpg


思いがけない展開なり、散歩となった本日でした~
でも、気になっていた場所に行けて良かったかもね。


[PR]
低山なれど山は山 鍛えられます~ 階段登り~
鎌倉神社~神社峰192m~金毘羅岳192m~金毘羅西岳215m~展望所(古川岳 中岳)190m~
西古川岳(三尊岳)220m~千手観音(前岳)220m~阿弥陀如来~
城辻山216m~岸壁下~展望所(古川岳 中岳)190m~金毘羅岳西岳215m~
金毘羅岳192m~神社峰192m~鎌倉神社

歩行距離5.6㎞ 行動時間3時間40分 標高差+-870m

以前平戸街道を歩いた時に、この遊歩道のことを聞いたように思います。
花の時期に行こうね~ なんて言っていたようですが、いつしか記憶の彼方へ~
近頃、街道歩きを一緒にしたIさんが行きませんか~ と。
しかし、その企画は流れ~ また没になってしまいそうでした。

五月晴れの本日、ニュースで盛んに仁田峠のミヤマキリシマが見頃と言っています。
ので、そちらもきれいなんでしょうけど、土日は人が多く出かける気になりませんでした。
いろいろ考えていましたが、古川岳のことを思い出し出かけることにしました。

登山口は皿山直売所の近くの鎌倉神社。
ここをスタート・ゴールとしました。
c0179351_16101013.jpg

いきなりの階段登りですが、神社の階段はまだかわいい。
ずっとこれ~

c0179351_16095972.jpg

けっこう段差の大きなところも多く。
登りだけじゃあなく、基本ひとつのピークに階段で登ると必ず階段で下らなければなりません。

c0179351_16094836.jpg


息を切らして登ると祠がありました。
ここが神社峰のようです。と言っても何の標識もありません。

c0179351_16093855.jpg


次は金毘羅岳へ~
これまた強烈なアップダウン。
しかし、階段なしだったらそうとう苦戦すること間違いなしの傾斜なので、感謝ではありますけど。
これまた標識なしですが、ここが金毘羅岳のようです。

c0179351_16092663.jpg


この立派な展望台のあるところが古川岳のようです。
が、標識はありません。
ここから10体の石仏が点々とあります。
こちらは文殊菩薩。

c0179351_16091358.jpg

文殊様の先は断崖絶壁。
足元は佐々川&佐々の町。

c0179351_16090060.jpg


かっこよく見えているのは愛宕山(相浦富士)。
あちらはすでに登頂済み。

c0179351_16084712.jpg

あちこちにある菩薩を見学したりして、足は進まず~
汗をかきかき登る脇にはコガクウツギの白い花。
ちょっと香りは苦手だけどね。

c0179351_16083069.jpg


登りあがっるとベンチがありましたが、右に踏み跡が…
ちょっと行ってみましょう。
久しぶりに感じる山道を登ると古川岳西峰の標識がありました。
後で調べたらここは三尊岳と呼ばれていたそうです。

c0179351_16081728.jpg

で、元に戻ればいいものを地形図を見たら尾根が北西方向に延びているもので、ついつい。
冬ならよかったのですが、今はもう下草が伸びてきているもので藪漕ぎ。
下の林道に出たらうまいこと左手にまくように林道が伸びており、それをたどり遊歩道に戻りました。
お初の山の時はこういうことが楽しかったりするもので~

縦走路にでて千手千眼観音菩薩(前岳)まで行くと、阿弥陀如来→と珍しく案内があるので行ってみました。
行くということはまたもや階段なわけで~
細尾根につけられた階段道を下ると~
きれいな如来様です。うつむき加減の何とも言えない表情。
以前はここも展望のいいところだったのでしょうけど。今は木々にさえぎられています。

c0179351_16074839.jpg


年代を見ると昭和八年ですから、そう古くはないようです。

c0179351_16073267.jpg


階段がほとんどですけど、こんなきれいな道もあります。

c0179351_16071591.jpg


最後のピークは城辻山(しろのつじやま)ですが、中継塔だらけの狭いピーク。
御社は一番奥にありました。

c0179351_16065846.jpg


帰りは岸壁の下を通る道。
すごい岩ですね~

c0179351_16063986.jpg


海底が隆起したそうで。
穴が開いていたり、色が変わっていたり・・・
石仏も3箇所にありました。

c0179351_16062417.jpg


このあたりに以前は三柱神社があったそうです。

c0179351_16060807.jpg


実は帰りはたくさん伸びている登山口の一つから下山し、車道歩きで帰るつもりでした。
そのほうが強烈なアップダウンを繰り返すより楽だし、時間もかからないでしょう。
けど、今日はあちち~ のお天気で、影のない車道を歩く勇気なし。
で、帰りも、また階段、感謝~! と恨みを込めた呪文を唱えながら往復したのでした。

山ツツジのほほえみと西峰高校の野球部の声援と吹奏楽部の応援曲に励まされて歩きました。
誰にも会わない山でした~(喜)

c0179351_16055015.jpg


帰りはちょっと寄り道。

c0179351_16053588.jpg


本土西端の地へ~

c0179351_16050956.jpg
この塔がたっているところが西端の地です。
神崎鼻です。
c0179351_16045185.jpg
浜辺の花も咲いています。
c0179351_16042977.jpg
海辺をゆっくり歩きながら、気持ちのいいひと時でした。
c0179351_16034808.jpg
今日のご褒美は終わりかけですが、この花でした。
c0179351_16080370.jpg
軌跡などは YAMAP をご覧ください。


[PR]
信仰の山をぐるっと
矢上普賢岳登山口~大歳神~矢上普賢岳~行仙岳~矢上経ヶ岳
歩行距離7.5㎞ 行動時間4時間50分 標高差+-950

のんびりと矢上普賢岳に登ることにしました。
予定では普賢岳を往復だったので~ 途中にある信仰の場所をあちこち寄り道しました。
普賢岳法華院からは矢上ニュータウンがよく見えました。
c0179351_21073354.jpg

さらに大歳神や普賢神社にも立ち寄りました。
この不動明王が出てくると山頂は近い。

c0179351_21071486.jpg


経は五月晴れ。
海も青くとっても気持ち良い風が吹いていました。

c0179351_21061269.jpg


ここで往復だとあまりにも・・・
なのでぐるっと周回することにしました。
アップダウンが少々ありますが、短いので~
矢上経ヶ岳は以前よりきれいになっているような~

c0179351_21055223.jpg


軌跡などは YAMAP でご覧ください。


[PR]

桜日和
南山グラウンド~帆場岳~不動原~現川峠

山も里も桜が満開。
晴れた本日は花見に最高のお天気です。

c0179351_21455510.jpg



前回不動原に行ったときに、桜の木がたくさんあるのを確認しましたので、
それを見に行くことにしました。

南山グラウンドからは直接帆場岳に登りあがれるのですが、
本日は気になっていたルートをたどることにしました。
少し遠回りをしましたが、想像通りにつながりましたので、満足~

隠れキリシタンが、宣教師の乗った船を見るために登ったという場所。
長崎の港が見えています。

c0179351_21265602.jpg



山頂からは気持ちのいいながめです。

c0179351_21262468.jpg


かわいい黄色はミツバツチグリ。

c0179351_21260443.jpg


スミレもそこかしこにいっぱい。

c0179351_21245060.jpg


この大きなヤマザクラは立派~
これをお目当てに登って来られる方もいるようです。

c0179351_21242261.jpg


不動原に行くとフデリンドウがたくさん咲いていました。

c0179351_21234923.jpg


満開の桜の園のイメージで訪れた不動原ですが~
あれ~ もう葉桜。 そうだったんですね~ ここはほとんどヤマザクラだったんだあ。

c0179351_21592177.jpg


と、ちょっとがっかりしましたが、ソメイヨシノも少々あり~

c0179351_21232632.jpg


ここでなにより感激したのは、たくさんのコブシの花でした。

c0179351_21224870.jpg


峠に向かう途中の大きな山桜。大木です。

c0179351_21221522.jpg


帰りは里の桜も見学して、桜三昧の一日でした。

c0179351_21320313.jpg


[PR]
里山歩き
現川駅~古釜跡道~林道~屋敷虚空蔵(P252.5)~間ノ瀬虚空蔵~P321~小藤虚空蔵~前岳~里道~県道~
津屋岳~五穀社~トラバース~尾根道~古賀町上部~古賀駅
歩行距離10.3km 行動時間5時間40分 標高差+835m -832m

本日は里山巡りです。里山でもメジャーではないところですが、尾根道を歩くことになりました。
地形図を見る限り、登山道の表記はありません。
以前、帆場岳から現川まで歩きましたが、別に藪漕ぎではなかったように思いますので…
でも、記憶はない… けど、きっと尾根道はある~

現川駅から標識に従い古釜跡を見学するつもりでしたが、いつのまにか中腹の林道に出てしまいました。
林道を少しもどる形でP242.5の虚空蔵登山口へ向かいました。
鳥居がありますので、ここが入口。
c0179351_20072762.jpg
ここの虚空蔵は石積みのお社にお住まいです。
三角点もあります。
虚空蔵大菩薩のほかに何も書いてないのですが、
大屋敷というところから参道が上がってきているようなので、屋敷虚空蔵かな。
c0179351_20070037.jpg

北北西に尾根道を進むとまたもや虚空蔵の鳥居。
c0179351_20063907.jpg

P321に向かう途中にありました。
鳥居は壊れています。こちらは間ノ瀬から参道があるようなので、間ノ瀬虚空蔵かも。
c0179351_20061546.jpg

展望の良い所からは矢上普賢方面が見えました。
どっしりした姿は矢上アルプス~
c0179351_20060242.jpg

p321の先にはまたもや虚空蔵菩薩。
こちらは小藤方面から参道が登ってきていますので、小藤虚空蔵?
c0179351_20055072.jpg

この辺りは感覚的にちょっと間違いやすい所で、コンパスを合わせて進みました。
前岳までの道は気持ちのいい道です。
c0179351_20053839.jpg

前岳の山頂にも菩薩が…
これも虚空蔵かなあ。
c0179351_20052323.jpg

これから津屋岳までははっきりした道はありませんので、地形図を読んで進みました。
途中はなかなか素敵なところ。これは嵯峨野か~
c0179351_20050901.jpg

途中にこんなところがありました。
墓石」と思われる石には元禄の年号が。古いねえ~
c0179351_20041291.jpg

津屋岳は一度来たことがありますが、植林の中で通過点のような山頂です。
c0179351_20035537.jpg

前回はピストンしましたが、今日はまっすぐに進みます。
道は少し北側をまくようについています。
そして突然現れたのは~ お不動様と思いましたが、普賢菩薩と書いてありました。
c0179351_20034009.jpg

そして五穀社がありました。
地元の方によると、これを立てた方は大地主だったそうです。
c0179351_20032331.jpg

道はだんだん不鮮明になってきて、どこからでも適当に下れそう。
でもなるべく道らしいところをたどって古賀町の上部の車道に降り立ちました。
振り返ってみる津屋岳。なんでもなさそうなこの山にもいろいろ秘密はあるようです。
c0179351_20030738.jpg

今回、地元古賀の方と一緒に歩きましたが、その方が言うには、
古賀地区は知識人が多く、学問に力を入れていたところだそうです。
虚空蔵は無限の知識にあふれた菩薩とか。
この地域にたくさん虚空蔵菩薩が祀ってるのは案外そういう理由からなのかもしれません。

今回のルート 時計回りに歩きました。
c0179351_20025309.jpg

グラフ
c0179351_20023723.jpg


[PR]
あちこち歩いてみたい
烏帽子岩~林道~登山道~悪所岳~熊が峰~車道~登山道~戸町岳~烏帽子岩
歩行距離8.1km 行動時間3時間40分 標高差+-683m

悪所岳は八郎岳の縦走路から東側に外れたところにあります。
縦走路の分岐から歩くと結構距離があり、時間もかかるのでパスすることが多い山です。
今日は悪所岳へ林道から登ってみることにしました。
このルートをとるのはお初です。お初はなんでも楽しいもので~
さて、今日の収穫物はフキノトウ。たくさんありましたが、食べる分だけね。
c0179351_20535281.jpg

さて~ お初の登山道を上り詰めると鳥居のところに出ました。
しっかりした道だったので、今はこちらを使って悪所岳に行く人が多いのかもしれません。
c0179351_20533008.jpg

悪所岳にはちょっとした岩場を登っていきます。
案外登りにくい岩場なんですよねえ。
c0179351_20530774.jpg

悪所は岩の上。
お社があり、展望良好。
c0179351_20524423.jpg

なのですが、今日も霞がかかって視界不良です。
海に光が写りきれい。
c0179351_20522719.jpg

目的は果たしたので、あとは気の向くままま~
で、熊が峰から大山方面への急斜面を下り、途中から適当に車道に降りました。
そして、知っている登山道から戸町岳に登り返すつもりでしたが、そこまで下る前に登山道発見。
それをたどり、稜線の登山道に出会って山頂へ。
戸町岳山頂でのおやつはこれ~
風来坊さんと関西の山を登った時に食べて以来、時々買います。
イチゴ果汁70%も入っているので美味しいよ~ 時期限定。
c0179351_20520748.jpg

烏帽子岩に戻る途中で振り返ると、戸町岳がとがって見えていました。
c0179351_20515379.jpg

本日のコース
山頂は何度も行っていても、お初のルートもあり~
c0179351_20513500.jpg

グラフ
c0179351_20511720.jpg


[PR]
このあたりも面白そう
現川峠~帆場岳分岐~不動原広場~醍醐の滝~不動原広場~巻道~現川峠

お天気の良い本日、予定では山でない用事あり~ だったのだけど、急にキャンセルになり~(喜)
だってとっても良いお天気なんだもの。
とはいえ、頭の中は真っ白~ 山のことは全然考えてなかったもので~
でも、ちょっと気になっていたこの場所へ行くことにしました。
不動原から醍醐の滝はずっと前に一度歩いたことがありますが、記憶が薄く、
もう一度しっかり歩いてみたいと思っていたのです。

まずは現川峠から出発。途中でなんとSさんと出会いました。お元気そうでした。
さて、不動原までとっとこ歩き。
不動原からは手前の葉山や遠くの岩屋山も見えて、気持ちがいい~ 桜のころにまた来たいなあ~
c0179351_19560000.jpg

そういえばなぜ不動原何だろう… と思っていましたが、
お不動様が祀ってあるからなんですね。今更~
c0179351_19554470.jpg

石積みがあったり、石段が作ってあったりして昔がしのばれます。
c0179351_19552763.jpg


途中には平尾への道もありますが、今日は御手水方面へ。
c0179351_19531792.jpg

不動原を過ぎると、少々荒れてわかりづらい道をどんどん下っていきます。
人家の近くになると梅でしょうか、とってもきれいです。
里の春~ って感じ。
c0179351_19551298.jpg

御手水の集落から見る岩屋山。
c0179351_19545577.jpg

そしてちょっと奥まっていてわかりにくい道をたどると、忽然と鐘楼が現れます。
ここは真言宗の霊場だそうです。
c0179351_19544147.jpg

たくさんの石仏が並び、一種独特の霊気が漂っている場所です。
ある人によれば、ここも被爆者が水を求めて集まってきた場所でもあるとか。
c0179351_19542759.jpg

これが醍醐の滝。小さな滝で5mはなさそう。横にもすだれのような滝があります。
c0179351_19540593.jpg

以前来た時はここで終わりだったんだけど、この上にもなにかありそうなので進んでみました。
するときれいな仏様が現れたり~
c0179351_19534676.jpg

石仏がずらりと並んでいる場所があったり~
やっぱり霊場だったのだと…
c0179351_19533050.jpg

さあ、もう一度不動原まで登り返します。
不動原でちょっとおやつを食べながら帆場岳(鉄塔があるところ)を眺めました。
c0179351_19530115.jpg

本当は帆場岳まで行くつもりだったんだけど、不動原から別の道を発見。
これは山頂とは反対の方向だ~ と思いましたが、誘惑に勝てず。
で、たどっているうちに現川峠まで戻ってしまいました。
お弁当もなしだったので、本日はこれまで~
まだまだ知らないところがいっぱいあるなあ~ と感じた山歩きでした。

本日のルート
c0179351_19524099.jpg


[PR]
こちらもまた美しい渓谷
相川~東渓谷~式見往還道~飯盛岳~展望台~相川
歩行距離7km 行動時間4時間10分 標高差+-500m

今回も矢筈岳周辺巡りです。
今回は東渓谷を歩くことになりました。
c0179351_20464947.jpg

突然現れる門!昔ここに取水場があったそうです。
c0179351_20463616.jpg

滑りやすい足元に注意しながら時には岩場を時には渡渉しながら歩きました。
ちょっと雨宿りで着そうな岩屋がありました。
c0179351_20462642.jpg

美しい場所。
絵にしたら~ とおっしゃいますが、腕がありません。笑
c0179351_20461709.jpg

自然林の中を歩きますが、道はなく気を付けて歩かなければなりません。
c0179351_20460685.jpg

流れが細くなってきました。
c0179351_20455274.jpg

しばらくすると目の前に道が・・・
これが式見往還道だそうです。
c0179351_20453347.jpg

歴史があるのでしょう、溝状にえぐれた場所もあります。
c0179351_20452201.jpg

今回も飯盛岳近辺にやってきました。
鉄塔の所でお弁当です。
c0179351_20450961.jpg

そして展望岩へ。
ここは本当に気持ちのいい場所。このあたりで一番好きな場所かな。
c0179351_20445602.jpg

今回もIさんのおかげで違う谷を歩くことができました。面白かった~

本日の軌跡
c0179351_20443932.jpg


[PR]
長崎半島横断
千々~猿田彦神社~小八郎分岐~八郎岳~兜岳~鹿尾橋
行動時間5時間50分 歩行距離9.3km +826m -820m

今日はバスを利用して橘湾側の千々まで移動し、
八郎山系まで登り反対側の鹿尾橋まで歩くことにしました。
ほとんど0mぐらいから歩きますので、登りがいもあります。

まずは中腹の猿田彦神社を目指します。
道はイノちゃんも暴れているようで、わかりにくく歩き辛くなっていました。
途中には炭焼き小屋ではないようだけど、石積みの建造物があります。
ちょっと前までは仙人のような人がここらあたりに住んでいた場所があると聞いたことがあります。
ここかなあ・・・
c0179351_09353761.jpg
急場をどんどん登っていくと、階段が現れます。
お初の時はこの階段にびっくりしたものです。
c0179351_09350277.jpg

階段を上りあがると猿田彦神社です。
旅の神様でもあり、航海の神様でもあるので、海の良く見えるこの場所に祭られているのでしょう。
c0179351_09344000.jpg
神社前からは橘湾が大きく広がっています。
とっても気持ちのいい場所で、お初の方は感激していました。
c0179351_09352305.jpg
小八郎はパスして、八郎岳へ。
今日は園児の遠足だったようです。
賑やかに記念撮影会。
c0179351_09341046.jpg

八郎岳の後は兜岳を目指しました。
兜岳については一時期ちょっと騒動がおきていたようです。
地形図を見ると、p462のあたりに兜岳と表記があり、基準点もあります。
が、その先にp468があり、そこが本当の兜岳だと標識の付け替えをしたようです。
でも、納得しない方々もあり~ 標識はついたりなくなったり~
写真の標識は、p468にあるものです。北兜岳と呼んでいる方々もおられるようです。
登った感じとしては、こちらの方が山らしく、兜に見えるかも~ です。
c0179351_09335597.jpg

下山は車道歩きの予定でしたが、昔道をたどることにしました。
荒れていますね~
c0179351_09333400.jpg
藪に疲れて後半は車道歩き。
空にはランタン祭りの間飛ぶという飛行船が見えていました。
乗ってみたいものですね~
c0179351_09331988.jpg

本日のルート 右橘湾側から左長崎湾側に歩きました。
c0179351_09330517.jpg
グラフ
c0179351_09325252.jpg


[PR]
観音岩へ~
式見ダム~菅無田~あぐりの丘~矢筈岳~こん岳分岐~尾根~あぐりの丘~展望岩~観音岩~車道~式見ダム

最近式見側からの登路を楽しんでいます。今回もIさんのご案内でこのルートを歩くことになりました。
近ごろは曇りの日が多く、こんな青空は久しぶりです。
c0179351_21562170.jpg

今日の目的の一つである展望岩と観音岩が見えています。
展望岩は右、観音岩は左です。

c0179351_21560774.jpg

あぐりの丘へのこの山道はお初~
c0179351_21554841.jpg

またまたやってきました~ 矢筈岳。
雲仙が見えていました~
c0179351_21553507.jpg

こちら展望岩。式見ダムが見えています。
それ以上さがったら飛んじゃうよ~
c0179351_21551789.jpg

観音岩の先っぽ。
もうちょっと近くまで行けますが、満員。笑
c0179351_21550267.jpg
下りの道は岩交じりで滑りやすく、用心して歩きました。
近場でもまだまだいろいろルートはあるようです。

本日のルート

c0179351_21544380.jpg


[PR]