「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:福岡県の山( 30 )


初めての経読岳
犬が岳登山口~縦走路出会~経読岳~林道~登山口
歩行距離11.2㎞ 行動時間5:10 標高差±1391m

シャクナゲを見に行こうと犬が岳に登ろうとしていました。
が、よっちゃんが 茶臼山方面に歩いたほうがシャクナゲは多いよ と~
で、本日もよっちゃんの案内により登ることになりました。
c0179351_21430969.jpg


しばらく歩くと炭焼き窯跡がいくつか出てきますが、ここのは天井が落ちてない。
匠の技なのかも~

c0179351_21424959.jpg


縦走路に出るときれいなシャクナゲがお出迎えです。

c0179351_21421497.jpg


まだつぼみのものも多くて赤い。

c0179351_21414471.jpg


本当は茶臼山まで行って戻り犬が岳に行く予定でしたが、
茶臼山まで来ると、未踏の経読岳に行きたくなり~ そのままGO!

c0179351_21411769.jpg


この縦走路も森がとってもきれいでした。

c0179351_21404702.jpg


突然山頂という感じで~ あれ~ここ?
標識がなければ通り過ぎそうなところでした。
ここには経読堂跡という案内がありました。
三角点はそこからもう少し進んだ場所にありました。

c0179351_21402657.jpg


ここも信仰の山だったのでしょう。
作った階段が物語っていました。

c0179351_21382367.jpg


昨日・今日とよっちゃんのおかげで新たなルートと、お初の山に行くことができました。
ありがとうね~

軌跡などは YAMAP でご覧ください。


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-05-06 22:09 | 福岡県の山
よく整備された縦走路
叶嶽神社~叶岳~高地山~高祖山~鐘撞山~叶嶽神社

この連休、本来は祖母方面に一泊で出かける予定でした。だけど、お天気が怪しい… 
そろそろ無理のできないお年頃になりつつありますので、延期ということで~

お天気はというと、予報では土曜日のみが晴れマーク。
実際は、長崎は三日間ともわりといいお天気だったのですが…
まあともかく、お天気のいい土曜日にどこかに登ろう~!
で、たまたま見ていた雑誌に掲載されていた上記の山をチョイス。

祖母は1700m超、こちらは最高点の高地山でも419m。
なんでこうなるの? という声は全く無視して登ることにしました。
エヘッ! 登ったことないもんね~ ここには。

ということで、登ったことのあるhirokoさんご夫婦も一緒に出発!
まずは叶嶽神社から叶岳を目指します。
c0179351_08563063.jpg

よく踏まれている登山道は花崗岩でしょうか、ザラザラしていて浸食されています。
c0179351_08571001.jpg

この石はお地蔵さまとか。
c0179351_08571964.jpg

分岐から124歩と書いてる不動岩に行ってみましたが、50歩ぐらいかなあ。
c0179351_08572919.jpg

叶岳のお社は立派です。
c0179351_08573656.jpg

尾根道はよく整備された高速道路のような登山道。
c0179351_08575438.jpg

時々はこんなところもありますが~
c0179351_08580798.jpg

高祖山の直下には防空壕のような穴が二つ。
きれいに掘られているので、昔々の穴ではないかもしれませんが、何に使ったのかな。
c0179351_08581788.jpg


高祖山は山城だったそうです。
c0179351_08582684.jpg


ちょっと下ったところにあった、異様な様相の大木。何の木?
c0179351_08584139.jpg

高祖山から下る予定でしたが、時間もありますので鐘撞山まで足を延ばすことにしました。
この縦走路はあまり展望がなく、木々の合間から垣間見る感じでした。
でも鐘撞山は展望良好。ベンチも用意されていて、一番気持ちのいい場所だったかな。
c0179351_08590384.jpg


縦走路から見るといつも可也山がきれいな姿を見せてくれていました。
c0179351_08585647.jpg


本日のルートで一番山道らしかったのは、鐘撞山から叶嶽神社に下るルートでした。
c0179351_08591327.jpg


下山後は唐津でイカ刺し御膳をいただきました~ おいしかったよ~

本日のルート
c0179351_08593216.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2015-11-24 09:15 | 福岡県の山
可憐なヒコサンヒメシャラとお初のルート
高住神社~望雲台~北岳~中岳~北西尾根~少年自然の家~高住神社
歩行距離5.6km 行動時間4時間10分 標高差+-+592m

高速道路の土日半額割引も今日まで。と言うことで、その恩恵を利用して英彦山に行くことにしました。
下りに使う予定の北西尾根はお初ですので、楽しみです。

高住神社から登りだして、望雲台はどうする? と言うと、同行の内お二人はなんとまだ未経験。無理して行かなくてもいいけどね・・・ と思っていたけど、行くことになりました。最初のこの崖はぬ濡れていて滑りやすいけど、まだそんなに怖くはないよね。
c0179351_21393326.jpg

何気なく歩いていていますが、写真の右手はストンと切れています。落ちたら、です!
c0179351_21405231.jpg

そして、最大の難所はここ!ここは落ちてはなるまじ。そして登りあがって、ホッとしては行けません。その先ははない!
c0179351_21414924.jpg

さあて~ スリルを楽しんだ後は北岳までの急登り。大山蓮華もボチボチ咲いていますが、大半は終了。きれいだったのは、中岳のヒコサンヒメシャラ。いいね~
c0179351_21432654.jpg

さあて~ ここから北西尾根はお初のルート。台風の被害で多くの杉が倒れてしまって、まるで大台ケ原のようになった尾根をくだっていきます。
c0179351_21451319.jpg

登ってきた方々は、この尾根は登りに使うべきで、下りに使うと滑りますよ~ 登りでも滑りましたから~ と。お~!!そうなの。それは大変でござる。で、おっかなびっくり歩きました。が、だれも滑ることなくホッと。
自然林の気持ちのいい森でした。
c0179351_21481974.jpg

その後は温泉・道の駅で買い物・蕎麦・ソフトクリーム と楽しんだ一日でした。

本日のルート
c0179351_21491684.jpg

グラフ
c0179351_21493478.jpg






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2014-06-29 21:50 | 福岡県の山
面白い山だなあ~ そして人間っていいな~
五徳越峠香原岳登山口~岩コース~香春岳三の岳~ファミリーコース~登山口~長光桜公園~長光新道~牛斬山~牛斬峠~五徳越峠

昨年の12月にお久しぶりのメンバー(お一人お一人にはちょこちょこ会っているけど)が集まって、福岡県の油山に登りました。その時に、また近いうちに集まりましょう と約束しました。そして今回は長崎組で以前から狙っていた香春岳に行きたいと要望を出しました。それに牛斬山への新道も歩いてみたかったしね~

さて、登山口である五徳越峠へ9人が集合です。さあ、楽しい登山の始まり始まり~
c0179351_19311630.jpg

完璧な下調べをhirokoさんご夫婦がしてくださっていたので、本日は迷わず岩コースへGO! 
c0179351_20103279.jpg

最初こそ防火帯の歩きやすい道ですが、すぐに岩場にあたります。
c0179351_20111433.jpg

お~!! ここを登るわけね~ 見ると香春岳がそそり立っています。普通だったらとても登れるような角度ではありませんけどね~ 最初からこれ!そして最後まで!
c0179351_2013372.jpg

毎度毎度、どこに足を置こうか考えながら登ります。
c0179351_20134270.jpg

幸いなことに乾いているし、滑らない岩質だし、手がかり足がかりもあるのでなんとかね~
c0179351_2014336.jpg

平坦になっても岩飛びペンギン。
c0179351_20151576.jpg

そして山頂で~す。短いけど、面白い登りでみんな顔が喜んでいます。
c0179351_20161249.jpg

帰りはファミリーコースで安全に下山。
今日はお昼ご飯はhirokoさんご夫婦がおうどんを用意してくださるとかで、楽しみにしていました。ところがそのおうどんが、されどうどんでありまして~ こんな豪華なうどんを食べたことがありません。
c0179351_201944.jpg

それにおうどんだけではなく、サラダ、お漬物、おにぎり、デザート、コーヒー付! それにイス・テーブルあり!なんと贅沢な一時だったことでしょう。こんなにすてきなおもてなしを受けて、幸せいっぱいでした。
あまりに素敵なランチだったので、これからの後一山を忘れそうになりました~ 笑
見ごろの梅の花を見ながら、牛斬山への長光新道を登ります。
c0179351_20255290.jpg

でも途中は林道の工事中で、ドロドロでした。
懐かしい牛斬山頂。ここは皿倉山から延々と歩き、最後に登った懐かしい山です。あの歩きは楽しかったなあ~ あの時もhirokoさんご夫婦には本当にお世話になりました。ありがたいことです。
先ほど登った香春岳が煙ってはいますが、見えています。登った山をまた別の山から見るのって楽しいですよね。
c0179351_20305230.jpg

福智山山系らしい切り分け道を歩いて下山です。
c0179351_20314473.jpg

牛斬山があっという間に遠くなりました。
c0179351_20322185.jpg

みなさんの背中を見ながら、幸せだなあ~ と思うひと時。
c0179351_2033853.jpg

今回も皆様と一緒でとても楽しい山でした。
特にhirokoさんご夫婦には、下見登山から昼食の準備まで本当にお世話になりました。
人とのふれあいの楽しさ、暖かさを存分に感じた一日となりました。
みなさん、またお会いしましょう!
今度は、どこでかな~~~




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2014-03-10 20:37 | 福岡県の山
福岡市民の山
市民の森入口~キャンプ場~油山~国見岩~妙見岩~片江展望台

以前から 同じメンバーで登りたいねえ と話していました。が、実際はそれぞれあちこちで一緒に登山をしていますが、全員集合はなかなか実現せず、今までになっていました。でも今回、ひょんなことからトントンと話が進み、油山登山となりました。お~ 話が進む時ってこうなんだな~

さあて~、それぞれの場所から油山の市民の森入口に集合しました。本当は、8時集合でしたが、市民の森のゲートは9時にしか開きません。なんてことでしょう!登山する人にとっては9時出発は遅いでしょう。現に路肩に停めて登りだしている方々もいます。土日はせめて8時には開門してほしいですよね。

さて~ 私たちは車を片江展望台に回送し、市民の森入口から登山開始です。よく手入れされた公園のような市民の森の中を歩きました。福岡市はお金持ちだあ~ 道の横の草もきれいに刈られています。でも、森だよねえ・・・ 長崎もそうだけど、市民の森・県民の森 と言うところは、けっこう人間の手が入れられています。気軽に自然に誘う と言う意味ではいいかもしれませんけど、森 というにはねえ。

なんて思いながら、整備された道を油山に向けて進みます。
c0179351_1845330.jpg

擬木の階段も多いですよ~ フアイト!
c0179351_1854132.jpg

油山山頂は景色がいい~
c0179351_186286.jpg

ガイドブックには 木々に囲まれて展望はない と書かれていましたが、最近福岡市街地が見れるように伐採されたそうです。伐採はどうかと思いますが、見えて嬉しい気持ちは隠せません。笑
c0179351_1883479.jpg

山頂でコーヒーブレイクの後、片江展望台に向かって出発。本日は〇〇の高登り~ が数度。
c0179351_1810062.jpg

〇もおだてりゃ木に登る~ いや岩に登る~ サービスサービス。笑
c0179351_1811964.jpg

おだてりゃ登る誰かさん。乗りやすい性格です。
c0179351_18155716.jpg

もう枯葉状態ですが、きれいです~ いや、人のことじゃく、枯葉は木のよ。いや、人はきれいですけど・・・ お~ 後の祭り状態になってきた。いえ、人のことじゃなくて、私の文章のこと。書けば書くほど深みにはまる・・・
c0179351_1814533.jpg

道はよく踏まれているのでしょう、溝のようになっています。
c0179351_18145351.jpg

落ち葉もいっぱいで、滑る~
c0179351_18151678.jpg

片江展望台からは市街地が良く見えます。ここで記念撮影。浅田真央ちゃんを意識して足を上げていますが、何?上がっとらん・・・ 気持ちと体は裏腹でございまして・・・ なお上品なお方は足なんかあげられませんです。笑 
c0179351_1820142.jpg

この後は、ばあやんさん宅に移動して、とっても素敵なひと時を過ごしました。ばああやんさんありがとうございました。
今度はいつ~? もう5~6年も待てないお年ごろになりましたので、そこのところ、よ・ろ・し・く!





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-12-09 18:21 | 福岡県の山
木陰の道に助けられて
古処林道~ツゲ原生林~屏山~大将隠し~古処山~古処林道

暑い夏日のこの日にまたまた登山です。笑 本来のコースはぐるっと周回の予定でしたが、あまりの暑さに短縮ルートに変更。だれもも文句を言う人はいません。笑 それでも遠征前なのでフル装備で、水は2.5ℓなので、いい訓練になりそうです。

さて~、古処林道の奥のPにはhirokoさんが今や遅しと待っていました。今日も楽しい山登りとなりそうです。最初から急登りでなかなか大変ですが、水の傍を歩きますので、ひんやりして気持ちがいい。それにしても、道が以前とは変わっているような気がします。昨年の大雨で道が流されたのでしょうか?それとも思い過ごし?
c0179351_22291466.jpg

オオキツネノカミソリもボチボチ咲き始めています。きれいだねえ~
c0179351_2230558.jpg

本日は水船より右側に登りあがっていきます。そしてツゲの原生林の中を歩いていきます。とってもきれいですが、突然わき起こる森をつんざく悲鳴!ギャー!キャー!ワー! これはこれのせい。
c0179351_22334785.jpg

なんとツゲの木の上で体干しの最中のこのお方。よ~く見ると細面のなかなかの美形。それにバッチリカメラ目線。笑 つぶらな瞳ではございますが、お友達にはなれそうにありません。
ツゲの森はとってもきれい。初めての人はこんな森があることに感激していました。
c0179351_22385162.jpg

屏山までは気持ちのいい道。登りでは途切れがちの会話も全開。気持ちよく歩いて屏山につきました。以前は展望も何もない山頂でしたが、今は伐採されて筑豊方面が良く見えます。
c0179351_22405990.jpg

古処山に近づくと石灰岩の露岩がたくさんあり、苔むしてとってもきれい。
c0179351_22432784.jpg

大将隠しにもちょっと立ち寄り山頂へ。山頂でゆっくりと昼食をとり、下山しました。
今日は木陰が多い道に大いに助けられ、歩くことができました。
面白いオオハンゲがたくさん咲いていました。
c0179351_22454836.jpg

それにベニシュスランも。
c0179351_22461173.jpg

でも一番はオオキツネノカミソリかな。
c0179351_22463890.jpg

下山後は甘木市の卑弥呼ロマンの湯に入りました。とってもいいお湯ですべすべ。一般400円。65歳以上300円なり~

今日もお話しいっぱいで、楽しい山でした。ありがとうございました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-07-17 22:53 | 福岡県の山
美しい谷
椎原登山口~椎原峠~背振山~矢筈峠~車谷~椎原登山口

みな、ミヤマキリシマが美しく咲き誇っている雲仙へ向かっている時です。私たちも予定では雲仙登山でしたが、雲仙は何度も行ったことがあるし、先月雨のために中止になった背振山に登ろうということになりました。先月ならミツバツツジもきれいだったことでしょうが、今は花はあまりないかもしれません。でも、初めて背振山に登る人にとっては、ニューピークは嬉しいものです。

さて~ 椎原の登山口から出発。日差しがきついので木陰の谷間を歩くこのルートは涼しくてと天気持ちがいい。
c0179351_11515723.jpg

このルートにはメタセコイアの林があります。公園などに植えられているのはよく見ますが、こんな風に林になっているのは珍しいですよねえ。美しい林です。
c0179351_11521279.jpg

それからも渓流の傍を歩きますので、気持ちがいい。
c0179351_11572769.jpg

椎原峠に出て矢筈峠までは平坦で歩きやすい道。山頂まで4kmと書かれていても、こんな道ならどこまでも歩けるねえ~ と喜ぶ面々でした。
c0179351_11585460.jpg

唐人舞にもちょっと立ち寄ってみました。
c0179351_11592989.jpg

そこからも気持ちのいい道が続きます。時期だったらミツバツツジのトンネルでしょうねえ。それに咲始めのドウダンツツジもかわいい花を下げています。
c0179351_1213039.jpg

しばらくは固められた車道を歩きますが、木道に入るとゴールは近い。
c0179351_1222258.jpg

龍もひそみ、霊山としてあがめられてきた背振山ですが、今は自衛隊に占領されて味気ない山頂です。一度着たら山頂はパス~と思ってしまいますよねえ。それでもやっぱり嬉しい山頂です。
c0179351_1244617.jpg

下りは車谷を使いましたが、下り始めがざらざらで滑りやすい急坂。
c0179351_1253758.jpg

しかし~ この谷はいいねえ~ 今はミツバウツギやヤブデマリやヒメレンゲがいっぱい咲いていました。
c0179351_1264948.jpg

この谷は何度来てもいい感じです。
c0179351_126442.jpg


帰りは山茶花の湯に入浴。JAFカードを持っていると、700円の入浴料が500円也~ 使わにゃソンソン。

楽しい山でした。
北から反時計回りに歩きました。
c0179351_1275540.jpg

c0179351_1284199.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-05-23 12:10 | 福岡県の山
七重の滝は素晴らしい
鱒淵ダム~七重の滝~豊前越~福智山~鈴が岩屋コース~鱒淵ダム
歩行距離13km 行動時間6時間15分 標高差+-800m
hirokoパパさん hirokoさん あだっちゃん ヤマさん 山馬鹿さん そよかぜ

久しぶりに七重の滝から福智山へ行くことになりました。初めて福智山に登った時、本日と同じコースでした。でもそれは昔々のことでして、鱒淵ダムの橋を渡ったことと、滝が連続していたこと、登りあがったら平坦地に川がゆっくりと流れていたこと、ぐらいしか覚えていません。

さて、ご当地のhirokoパパさん方と合流し、まずはしばしの林道歩き。そしていよいよ、七重の滝へ。このコースはけっこう厳しい登りもあり、雨後で足元が滑りやすいということで、注意が必要でした。
c0179351_10464240.jpg

ミヤマウズラもかわいく咲いています。
c0179351_10472326.jpg

マイナスイオンをたっぷり浴びて、登ります。
c0179351_10475877.jpg

ほとんど登りあがった滝の上部。
c0179351_1048334.jpg

前回一番感動したのは、この場所でした。山の中の平坦地に流れる小川。春の小川はサラサラ行くよ~ と秋なのに歌が出ます。
c0179351_10495044.jpg

思い出の中では、ここからすぐに縦走路に出たような気がするのですが、ここからも急登りが続きました。記憶とはあてにならないものですねえ。
縦走路にはヤマジノホトトギス(と思う)がたくさん咲いています。花びらが反ってないのでヤマジノと思うのですが、おじいちゃん・おばあちゃんになると曲がってくるのかな・・・ だとしたらヤマホトトギス。笑
c0179351_10515742.jpg

たぬき水で顔を洗い、山頂でご飯を食べました。今日はもやっていて展望はイマイチ。ここに来ると思いだすのは、皿倉山~牛斬山まで縦走した日のことですねえ~。あれは長かった~
ランチの後は鈴が岩屋コースで下山。このコースの記憶はほとんどないのですが、もしかして大雨であれたのかもしれません。石ごろごろ、赤土で滑りやすく、気の抜けない道でした。でもツリフネソウの群落がありましたよ。
c0179351_10591825.jpg

本日のコース
c0179351_110232.jpg

グラフ
c0179351_110497.jpg


久しぶりの七重の滝コース いやいや~ 鍛えてただきました。
下山後は、汗だくになっていましたので、hirokoパパさんに案内していただき、飯塚の「筑豊の湯」にはいってきました。あ~さっぱり~
[PR]
by yamanosoyokaze | 2012-09-04 11:02 | 福岡県の山
霧なし! ラッキー!
ゆらりんこ橋~賀茂神社~二丈岳~木の香ランド~賀茂神社~ゆらりんこ橋
山馬鹿さん あだっちゃん そよかぜ
行動時間4時間  歩行距離9.1km  標高差+-723m

どこか登ろ~ とは言っていたものの、山々はガスに包まれています。まあとにかく集合!ということで集まってはみたものの・・・ どこに行く? 多良かなあ・・・ と車を走らせながら作戦会議。偶然に持っていた福岡県の地図を見ながら、二丈岳に行くことにしました。二丈岳に行くのは何年ぶりだろう???

本日のルート
c0179351_199837.jpg


グラフ
c0179351_1993575.jpg


ゆらりんこ橋とかわいい名前がついています。が、ゆらりんことゆれるわけではありません。
c0179351_19131681.jpg

この橋をわたると二丈渓谷沿い遊歩道があります。けっこう風が吹いていて涼しいはずなのですが、湿度も高く汗びっしょり。この道を昭和30年代まで真名子の小学生たちは通学路として使っていたようで、雨宿りしたという家の石がありました。
c0179351_191814.jpg

賀茂神社からゆらりんこ橋までは約60分。きっと以前はそれ以上のかかっていたことでしょう。この道を毎日往復していたんですねえ。
c0179351_19203347.jpg

途中の明神の滝は梅雨ともあって、水量も多く素晴らしい。あんまり知られてないような気がするけどなあ。
c0179351_1922940.jpg

汗をかきながら賀茂神社まで登り、しばらくは林道歩き。ここはアジサイロードでした。
c0179351_1925095.jpg

色とりどりのアジサイが植えてあってとってもきれいです。
c0179351_19254313.jpg

二丈岳の登山道に入ると、またしても汗ダラダラ。登りあがるとオカトラノオの群生です。
c0179351_19264973.jpg

ここからは玄界灘や海岸線がよく見えて、展望は素晴らしい。ガスは無し!よかった~!
c0179351_1927421.jpg

女岳・浮岳やその向こうは十坊山かな~ も見えます。
c0179351_1929327.jpg

さあ、この怪獣さんはどなたでしょう。ガオー!
c0179351_1929421.jpg

戦っているように見えますが~ ウリャー!
c0179351_19305452.jpg

なんて・・・ これはウツボグサさんでしたが~ すごい顔をしているんですねえ。
c0179351_19314619.jpg

キャンプ場の木香ランド経由で下山しましたが、山ボーイ・ガール集団や昔青年集団も登山していました。展望が素晴らしいから人気なのかもね。
またもや揺れないゆらりんこを橋渡ってゴール。
c0179351_19344471.jpg

今日のおまけは、かき氷とラーメンでした。笑
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-07-03 19:38 | 福岡県の山
遠来の山友さんと歩く②
昨日は英彦山に登り、hirokoパパさんのお宅に泊まらせていただきました。本日は平尾台を散策することにしています。またもや俊ちゃん・信ちゃんご夫婦のお力を借りることになっています。それにコヨーテさんも参加です。
心配したお天気は曇りながらまだ雨は落ちていません。でもかなり怪しい確立です。

平尾台
吹上峠~大平山~塔ヶ峯~天狗の舞台~展望台~林道~林道~茶ヶ床園地
Tさん 俊ちゃん 信ちゃん hirokoパパさん hirokoさん コヨーテさん そよかぜ
行動時間3時間45分 歩行距離6.2km

本日のルート
c0179351_20265330.jpg


吹上峠からはいつもの散策路。今は葉境期のようであまりたくさんの花はありません。でもそこはやっぱり平尾台、そこそこに楽しませてくれます。
c0179351_2052024.jpg

フナバラソウもけっこうありました。
c0179351_20541088.jpg

見たかったムラサキもたくさん。
c0179351_20552083.jpg

ここに来ると足が進みませんねえ~
c0179351_20555743.jpg

カノコソウももう終りそうだけど、未だ咲いていました。
c0179351_20565288.jpg

ハタザオもけっこうかわいいですね。
c0179351_20572289.jpg

ツレサギソウも終わりそうです。
c0179351_20575421.jpg

さあて~、本日は信ちゃんの提案で塔ヶ峯に足を伸ばすことにしました。その存在はしっていても行ったことはありません。どんなところかなあ~?
おっ!いきなりジャングルになってきました。
c0179351_2101270.jpg

ヤマボウシもあったんだねえ。
c0179351_2104426.jpg

お薦めのお立ち台に立つと、塔ヶ峯の岩壁が見えます。すごい!
c0179351_2114016.jpg

そしてさらにジャングルの中の岩の間を縫うように進むと塔ヶ峯です。が展望はなし。
c0179351_2124629.jpg

そこから先に進むと天狗の舞台です。
c0179351_214286.jpg

更に進むと展望台。ここからは良い眺めです。
c0179351_2151477.jpg

持ちこたえていた雨もポチポチと落ちてきましたので、貫山はパスで茶ヶ床園地に向かうことにしました。が~林道への道は激下り~! 様々な技を繰り出しながらようやっと林道に降り立ちました。笑 しかし、平尾台にもこんな所があったんだねえ・・・ びっくりです。
伸びやかな草原が平尾台とばかり思っていました。
c0179351_2184691.jpg

お二人の案内で根性の木を見たり~
c0179351_2193074.jpg

キス岩の所で「ラブ注入」。
c0179351_21101695.jpg

平尾台の妖怪も教えてもらいました。私的には「パイレーツ オブ カリビアン」のあの蛸船長に見えます~笑
c0179351_2112585.jpg

ヒレアザミもありました。このアザミは茎に特徴あり。
c0179351_2113133.jpg

そうそう、バイカウツギにも出会いました。
c0179351_21133516.jpg


茶ヶ床公園でゆっくりおしゃべりタイムでしたが、いつのまにか霧に包まれてきましたので退散~。
俊ちゃん・信ちゃん 本日もありがとうございました。平尾台を見る目が変ったように思います。
コヨーテさん駆けつけてくださってありがとう。

さて、本日もhirokoパパさんのお宅にお世話になります。
温泉に入り、今日はお寿司を食べに行きました。みんなで豪勢にあわび食べたりして、もうお腹いっぱい。

明日は九重の予定ですが、予報では大雨。民宿はキャンセルして、行ける人だけで行こうということになりましたが、それもかなり怪しい感じです。

でも~それはそれで楽しもう!
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-06-12 21:25 | 福岡県の山