「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:多良山系( 165 )


キツネ祭り開催中

黒木~西野越~金泉寺~多良岳~本多良岳~六体地蔵~金泉寺~西野越~黒木
c0179351_21344091.jpg


福岡の山友さんと一緒にキツネ詣でに行くことなりました。
お一人は多良岳は初めてということで、とても楽しみにされていたようです。
もちろん私もお会いするのを楽しみにしていました。

水場を過ぎるときれいなキツネさんが目立ってきました。

c0179351_21342444.jpg


群生地は~ なかなかきれいです。

c0179351_21340182.jpg


暑いこの時期に汗を流して登ってきた人だけのご褒美 と思っていました、この時までは。

c0179351_21333092.jpg


しかしであります。金泉寺まで行って真っ先に目に飛び込んできたのは6~7台の車!
思わず目が三角になってしまいました。
なんでも月に一度お寺でお祈りがあるそうで、車で乗り付けてくるそうです。
ご高齢の宮司さんかと思いきや、体格のいいエネルギーが有り余っていそうな若者で~
多良はもともと修験の山なのに、火渡りだけが修行じゃなかろう!
と、私の頭からもエネルギーが発散したりして。(笑)

c0179351_21293962.jpg
さて、熱を冷ますために?、
この時期限のそうめん祭りです。
ここにはミラさん、tetuー1さん御一行様のお姿も~

c0179351_21325839.jpg


金泉寺のツチアケビは、今年はほ豊作。

c0179351_21323030.jpg


多良岳へは少々厳しい所もあり。楽しめます。

c0179351_21321018.jpg


クサアジサイが優しいピンクで咲いていました。
この花、好きなんですよねえ~

c0179351_21315263.jpg


多良権現の祠ははこの前修理したようだけど、また壊れかけています。

c0179351_21312615.jpg


前岳までも変化のある道を気を付けて歩きました。

c0179351_21310438.jpg


鬼の岩屋や鬼の門を見たり~

c0179351_21304614.jpg


イワタバコのかれんな花もきれいでした。

c0179351_21302588.jpg


真下から見上げると、タバコちゃんが笑っていました。

c0179351_21300042.jpg


お初の方は、多良のいろいろな場所を見るtことができて、たのしんでいらっしゃたようです。
よかったな~!またお会いしましょう!

軌跡などは YAMAP で。





[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-07-28 22:01 | 多良山系
これはもはや一般ルートか?
中山キャンプ場~笹岳東北尾根~笹岳鞍部~多良権現入口~中山キャンプ場

これまた久しぶりに笹岳の東北尾根を歩いてみたくなりました。
以前は下ったので、今度は登りで~
しかし、長崎から中山キャンプ場までは結構な距離。
だから普段はあまり中山キャンプ場の登山口を使いません。
でも今日はオオキツネさんのご機嫌も伺うために少々走ってやってきました。
こちらの登山道は多良山系の中にあっては優しい道です。
c0179351_19400634.jpg

途中から笹岳の尾根に取りつきます。
以前は踏み跡も弱く、特に最後の下りはほとんど踏み跡がなく植林を適当に下りたのですが…
なんと、入ってしまうと、はっきりした道になっていました。
それにレスキューポイントまであってびっくり。
今や一般道になった感あり。
雨後で道は練れて滑るし、気を付けて喘ぎつつ笹岳の山頂に立ちました。
鞍部に降りて巻き道経由で多良権現の階段下に向かいました。
巻道は山アジサイが多く最盛期はさぞきれいだっただろうと思いました。

c0179351_19394888.jpg


ところでオオキツネノカミソリですが、巻道にも多いのですが…
まだ筆のようなつぼみだからか目立ちません。
咲いたら多いと思うのかどうか。

c0179351_19393171.jpg


ヤマホトトギスが早咲き始め~

c0179351_19391156.jpg


木漏れ日がきれいな階段道。
でも今日はここから左の中山キャンプ場の方に向かいました。

c0179351_19384102.jpg


多良川水源の清らかな流れです。

c0179351_19381266.jpg


このあたりもオオキツネさんが咲くはずなのですが…
ポツンポツンとあるばかりです。

c0179351_19375443.jpg

今年のオオキツネさんが心配になってきました。
でもこれも自然の摂理ですね。

軌跡などは YAMAP で。


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-07-20 20:21 | 多良山系
梅雨の合間の山はしっとり

奥平谷登山口~林道~たぬきだまり登山口~たぬきだまり~岩屋越~谷道~奥平谷登山口

久しぶりに晴れマークのついた本日。
ですが、午前中は雲も多くすっきりしない空です。
それでも山に向かうことにしました。これを逃すとまたいつ登れるか~
とはいえ、今日は町内清掃。お~忘れていた~!
これに参加してからのお出かけとなるので、大幅短縮ルートだなあ…

清掃を済ませ向かったのは平谷の登山口。
いつもなら、経ヶ岳~岩屋越で周回するのですが、本日は超短縮。
一度だけ歩いたことがある林道~たぬきだまりのルートを選択。
ちょうどウツボグサの季節であちこちに咲いていました。
c0179351_09490308.jpg


登山口からゆっくり一時間程度でこの登山口につきます。
やっと登山道らしくなりました。
しかし、足元はじとじとで滑りやすくなっています。

c0179351_09485214.jpg


一登りで縦走路に出ます。
ここから左へ進むとすぐにたぬきだまり。

c0179351_09483919.jpg


だあれも、たぬきも居ない~
人はいなくていいけど、たぬきさんとは会いたかったなあ~
一度だけ、この坂道をたぬきさんと一緒に歩いたことがあります。
あちらは後ろから来る私に全く気が付かず、お尻をクリクリ振りながら歩いていました。
そのかわいいお尻を見ながら歩いたのでした。
その間5分ぐらいかな。あんなことめったにあるもんじゃありません。

c0179351_09482678.jpg


さて、踵を返し岩屋越に向かいます。
いつもの大好きな場所。
時折日が差しとてもきれいでした。

c0179351_09481252.jpg


お~ これは~
テングタケの仲間でしょうか。
かわいいね~

c0179351_09474160.jpg


岩屋越から右の平谷方面に降りました。
大雨の後だけに荒れ模様。


c0179351_09472793.jpg


帰りは林道を歩かずに谷道をチョィス。
こちらも荒れ模様でところどころ不鮮明ですが、だいぶん近い。

さて、早々に下山しましたので仏の谷に行ってみることにしました。
ここは萱瀬ダムのそばにあり、案内板があるので気になっていた場所です。
準備して歩き出そうと思った頃、ご夫婦がやってきました。
案内板を見て、「登らんばってよ、やめとこう」と言って、帰られました。
その方々の足元はサンダル。
登ってわかったのですが、特に今日のように地面が濡れているときには、サンダルでは怪我をする恐れがあります。
お二人はやめておいてよかったのかも~

さて、こちらが案内板。

c0179351_09471435.jpg


キリシタンが捉えられ、虐殺された事件の発端になった場所です。

c0179351_09464265.jpg


歩き出すと、かなりの傾斜。
お助けロープがずっとついています。

c0179351_09462646.jpg


思ったよりずっと険しい谷道を登ると、案内板がありました。

c0179351_09460234.jpg

その案内板の所は見学できるようにテラスが作られています。
そこから見ると岩屋はこんな感じ。

c0179351_09454391.jpg


中に入ると・・・

c0179351_09452209.jpg

こんな厳しい場所で信仰を守ろうとしていたんですねえ…

というわけで、多良山系短縮ルートと仏の谷見学をした一日でした。

多良山系の軌跡などはこちらの YAMAP で。
仏の谷の軌跡などはこちらの YAMAP で。


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-06-28 10:22 | 多良山系

こちらも負けず劣らず
大払登山口P~つげ尾~経ヶ岳~舞岳~大払登山口P
歩行距離6.3㎞ 行動時間4時間 標高差±1128m

多良山系のシャクナゲもいいようなので見に行きました。
いつもの駐車場はすでに満車。路駐もありで~ 地元の方から苦情も来ているとか。
で、大払の駐車場に停めることにしました。
こちらもほぼ満車状態。

その駐車場からは摩利支天が特徴的に見えていました。

c0179351_21495645.jpg
ヒメナベワリもあちこちに咲いていましたが、風が強くブレブレ~

c0179351_21493849.jpg


経ヶ岳への最後の登りになるとシャクナゲがお見事で~

c0179351_21492203.jpg


きれいできれいで~

c0179351_21490886.jpg


山頂も満員だったのでそのまま舞岳へ~
こちらもとてもきれいでした。

c0179351_21484558.jpg

今年は大咲とまではいかないまでも、まあまあの咲き具合でした。
改めて 多良山系も負けてないじゃん と思った一日でした。

軌跡などは YAMAP でご覧ください。


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-05-07 22:05 | 多良山系

今年も会えました
本日は 多良の森トレイルランニング が開催されています。山友さんが参加予定だったのですが、急用で今回は断念だそうで~
それなら参加されるお方がたの勇士をちらりと拝みに行こうかな~
と思っていましたが、途中でこんな標識が目に留まり~ ついついふらふらと~

c0179351_21100561.jpg


実はここに来たのは二回目。
前回は登りましたけどね~
ちょっと怖い毘沙門天さんが祭ってあります。

c0179351_21094732.jpg


こちらが深海源流ですが、まだ上に水はありますので、源流域ということでしょうか。

c0179351_21092478.jpg


これが深海の滝(ふかのみのたき)だと思います。
なかなか美しい滝です。

c0179351_21090607.jpg


今年のオオキツネさんはどうかなぁ~
と、毎度葉っぱを見て占うのですが、夏までのお天気も大いに関係しているようで、
葉っぱだけでは決められないよう。

c0179351_21084570.jpg


本日は雨も降っており、ジロボウエンゴサクもしっとり。

c0179351_21082421.jpg


そしてこのかわいいぼんぼりさんも~

c0179351_21080744.jpg


今年も会えてよかったな。

c0179351_21075360.jpg


というわけで、ランの方の勇士は見ませんでしたが、
美しい緑に癒された山歩きでした。

c0179351_21073718.jpg


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-04-26 21:26 | 多良山系

雰囲気のある道
河川公園~板川内~たぬきだまり~岩屋越~岩屋~河川公園

こちらをご覧ください。

c0179351_21085488.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-04-19 21:14 | 多良山系
今日もマンサク三昧
林道~帆柱岳~一ノ宮岳~黒木岳~本多良岳~多良権現~金泉寺~金泉寺登山口
歩行距離4.9km 行動時間4時間 標高差+733m -533m

昨日に続きhirokoさんご夫婦とご一緒に山歩きです。
今日の目的はマンサク。

でも、最初はめったにいかない帆柱岳と一ノ宮岳、黒木岳にも行くことにしました。
お久しぶりだと林道ができたりして様相は一変しているような。

一ノ宮岳のお社だけはそのまま~

c0179351_11365273.jpg


久しぶりの黒木岳は切り開かれており、明るくなっていました。
以前は木々の中でどこが山頂化はっきりしないよう場所でした。

c0179351_11362665.jpg


歩くときれいなマンサクがあちこちにありました。

c0179351_11361227.jpg


岩場を超えたりしながら痩せ尾根を用心して進みます。
その周りにもマンサク。

c0179351_11355652.jpg


本多良に到着~

c0179351_11351798.jpg


鬼の岩屋はいかにも落ちてきそうで、とりあえずストックでつっかい棒。笑

c0179351_11345489.jpg


それからも次々にマンサク登場。

c0179351_11342934.jpg


きれいだなあ~

c0179351_11340976.jpg


多良権現の山頂にもまだまだきれいなマンサクがありました。

c0179351_11334278.jpg


マンサクに負けず劣らず喜ばせてくれたのは、たくさんのホソバナコバイモ。

c0179351_11314073.jpg


こちらもきれいでした。

c0179351_11311226.jpg


しかしまあ、今日も寒い日で下山の時は雪がちらちら。

帰りは白木峰高原の菜の花鑑賞。

c0179351_11304929.jpg


二日間、hirokoさんご夫婦と一緒に歩けて楽しい山でした。
ありがとうございました。

本日のルート

c0179351_12110099.jpg
グラフ
c0179351_12111435.jpg


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-03-31 12:15 | 多良山系
マンサクは満開

この時期、やっぱり出かけたくなる多良山系です。
それはマンサクが咲くから。多良山系にはたくさんのマンサクポイントがあり、よりどりみどり~
なのですが、やっぱりいつもの場所に足は向きます。
c0179351_21105834.jpg

さて、登山口へ向かう林道はこの通り~
写真ではたいしたことなさそうに見えますが、ひくいところでも2m以上はあります。
それに上からも落石がありそうなので、速やかに通過~

c0179351_21043506.jpg

先日作礼山に行って、白木木場からの登山道に感激しましたが、
いつも歩く中山越への登山道も負けず劣らず美しいのを改めて感じました。
いつも歩いている道だから、意識が薄かったのかなあ~
c0179351_21042029.jpg

滝も連続しており、素晴らしいです。
c0179351_21040956.jpg

さて小さな花もお目覚め。
シロバナネコノメソウはまだ眠そうでしたけどね。
c0179351_21035472.jpg

ユリワサビは本番を迎えていました。
c0179351_21033586.jpg

そしてマンサクは~ きれいだ~
c0179351_21031788.jpg

たくさん咲いています。
c0179351_21025939.jpg

花がすみ~
街の人には幸せの黄色の花がすみはわからないだろうなあ。
c0179351_21024393.jpg

あっちこっちにたくさん咲いていて、嬉しくてうれしくて~
c0179351_21020977.jpg

なんて素敵なんでしょう。
c0179351_21015450.jpg

写真では春うらら~ って感じだけど、実際は北風が強い日で、耳がちぎれそうなほど寒かった~
c0179351_21014102.jpg

おなじみのポイントで花見でお茶。笑
c0179351_21012869.jpg

北風の当たらない場所はぽかぽかで気持ちがよかったよ~
c0179351_21011276.jpg
オオキツネさんは葉っぱがいっぱい。
お~ 今年はいいかもなんて思うけど、葉っぱと花はあまり関係なさそう。
咲いてみないとわからないってね。
c0179351_21005967.jpg
寒さに震えながらの花見だったけど、今年もマンサクを見ることができてよかったよ~


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-03-22 21:22 | 多良山系
時にはちょっとがんばって
砂防公園~大原越~鳥甲岳~摩利支天~大原越~横峰越~五家原岳~金泉寺~西野越~砂防公園
歩行距離18km 行動時間8時間

多良山系では、経ヶ岳・多良岳あたりが人気で人も多いです。山小屋もあるしね。
五家原岳は山も大きくきれいなのですが、黒木からの登路は長くきついし、
苦労して登ると山頂まで伸びている車道がありハイヒールの人がいたり、
鉄塔が林立していて展望もさえぎられており、イマイチかなあ~

本日の鳥甲岳方面はあまり展望もなく、アップダウンは繰り返すし、人気はイマイチのようです。
歩いていて人に会うことはめったにありません。笑
でも本日は久しぶりに歩くことにしました。
久しぶりだと記憶が飛んでいて新鮮で~す。これはいいのか悪いのか。
c0179351_09433723.jpg

経ヶ岳がかっこよく見えるポイント。
こちら方面では数少ない貴重な場所です。
c0179351_09432506.jpg

鳥甲岳山頂。小さな標識があるばかり~
c0179351_09431066.jpg

こちら摩利支天。漠然としていたのでちょっと調べてみました。
Marīci〕 光・かげろうの神格化。自らの姿を隠して災難を除き,利益を与えるという。
もとインドの民間信仰の神であったが,日本では武士の守り本尊とされ,
護身・富裕・勝利などを祈る摩利支天法が修される。
蓮華上に座す尺女像,猪(いのしし)に乗った三面八臂の像などがある。
c0179351_09425803.jpg

さて~ 大花山方面にGO!きれいな道ですが、急坂のアップダウンが待っています。
c0179351_09424633.jpg

横峰越からはこれまた急坂。三つの岩場を越していかなければなりません。
c0179351_09423382.jpg

ようやく五家原岳につきおやつ~
本日も銘柄は~ 笑
c0179351_09421907.jpg

ここから見ると経ヶ岳はなだらかに見えますね。
c0179351_09420685.jpg

縦走路のシャクナゲはつぼみがたくさんついている木もあり~
いいかもね。
c0179351_09415433.jpg

山小屋に立ち寄りご挨拶して、下山。
冬枯れの山は日の光に暖かそうな色になっていました。
c0179351_09414263.jpg

本日のルート 反時計回りに歩きました。
c0179351_09413209.jpg


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-02-04 10:26 | 多良山系
登り始めは多良山系
黒木~大払谷~経ヶ岳~中山越~巻道~金泉寺~多良岳~黒木

今年お初の山は多良山系です。
駐車場で支度をしていると、見慣れたお姿が~
なんとNさん。ご一緒に歩くことにまりました。
冬枯れといっても緑の多い道です。
c0179351_19000762.jpg

経ヶ岳へはどこから登っても最後はつらい急坂。
何度登ってもすいすいと登れたことはありません。
c0179351_18595402.jpg


山頂は新しい標識になっていました。以前のもまだまだきれいだったけど~
c0179351_18593332.jpg

笹岳鞍部のマンサクは早くもほころびているものも~
といってもようやくリボンが伸びてきたって感じですけどね。
c0179351_18591953.jpg

金泉寺で昼食後多良岳へ~
何をお願いしているのやら。
c0179351_18590375.jpg

今年もきっと何度もお世話になる多良山系。
よろしくです。
c0179351_18585023.jpg



[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-01-09 19:14 | 多良山系