2011年 07月 10日 ( 1 )

夏日の激登り
長者原~雨ケ池~坊がつる~三俣山~スガモリ越~長者原
hirokoパパさん hirokoさん よっちゃん 山馬鹿さん みつばさん そよかぜ
行動時間7時間20分 歩行距離11.8km 標高差+-1032m

梅雨明けしたし、九重方面にでも行きましょう と出かけることになりました。前日に 行くよ~ とメールすると、 hirokoパパさんご夫婦とよちゃんも合流することになりました。
今回のルートで一番大変なのは、坊がつるから三俣山への直登ルートです。見ただけでは 本当に登れると~? と思うこと請け合い。笑

本日のルート
c0179351_22342441.jpg


グラフ
c0179351_22351939.jpg


さて、長者原から雨ケ池までは樹林帯で陰も多く、比較的気持ちよく歩けます。山アジサイが爽やかな色で涼しげでした。
c0179351_1452563.jpg

雨ケ池の木道は新しくなり、気持ちよく歩けます。池の水もけっこうたくさん溜まっていました。
c0179351_146439.jpg

イブキトラノオがたくさん咲いていましたが、ノハナショウブは今からなのか少ししか咲いていませんでした。
c0179351_14112540.jpg

ネバリノギランも今から開きそうでした。
c0179351_14122518.jpg

いつ来ても爽快な気分になる坊がつるです。そこから見上げる三俣山はそそりたち、どこから登ることができるのか と思ってしまいます。
c0179351_14221381.jpg

坊がつるにはシライトソウも咲いていました。
c0179351_1423826.jpg

チダケサシもアチコチにあります。
c0179351_1424189.jpg

さあ、意を決していよいよ三俣山への直登の開始。
c0179351_1430535.jpg

九重特有の滑りやすい黒土に苦労しながら、汗ダラダラ出歩いていると、こんな標識がでてきまいした。以前にもあったかな~? とにかくこの標識のとおりでございまして、まだまだ序の口です。
c0179351_1432556.jpg

この後ますます傾斜はまし、登りにくい個所も何回も現れます。展望が開けた所から下を見ると、転がるような傾斜です。よくぞまあこんな所に道をつけたものだと感心します。
c0179351_1436750.jpg

涼しい風が吹いてはきているのですが、上部は灌木で陰がありません。アチチです。せみもないています。よっちゃんがせみを捕まえました。小さなせみですが、何ぜみ?
c0179351_14384482.jpg

さらに登ると坊がつるが小さく見えます。緑の宝石だね。
c0179351_1440392.jpg

南峰に登りあがり、大休止。ガスがっかったり、流れたり・・・ 見飽きることはありません。
c0179351_14415376.jpg

本峰からは遠く雲仙が見えていました。かすかに見えているのが雲仙です。
c0179351_14432710.jpg

西峰から見る本峰方面。
c0179351_14441430.jpg

大船山方面。
c0179351_14445850.jpg

ここからはスガモリ越に直下降。
c0179351_1446142.jpg

硫黄岳の噴煙を見ながら下山しました。
c0179351_1447574.jpg

本日はたくさん花さんとの出会いもありました。
もう終わりかけだけど、ショウキラン。
c0179351_14484323.jpg

ナツツバキ
c0179351_14491592.jpg

ユウスゲ
c0179351_14495791.jpg

クサレダマ
c0179351_14503181.jpg

ノコギリソウ
c0179351_14505851.jpg

ノハナショウブ
c0179351_14512361.jpg

ヒメユリ
c0179351_14514933.jpg

その他のたくさんの花さんたちとも出会いました。

真夏日の暑い一日でしたが、たくさんお話ししながらの楽しい一日でした。
ありがとうございました。
またご一緒に~!
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-07-10 22:36 | 大分県の山