2011年 05月 09日 ( 1 )

ここのアケボノもこれから
お化粧山登山口~お化粧山1450m~ブナの三叉路1571m~鹿納野1546m~鹿納山(鹿納坊主)1567m~鹿納野~ブナの三叉路~お姫山1550m~五葉岳1569.7m~大吹鉱山跡登山口~お化粧山登山口
趙軟弱さん クラッカーさん そよかぜ

前日、長崎を出て見立あたりにテントを張り、翌朝登山をすることになりました。五葉方面に登るのは本当に久しぶり。初めてアケボノツツジやヤマシャクヤクを見たのもここでした。その時の感動は忘れられません。「日本の山も捨てたもんじゃない」と目がウルウルになった山でした。
そんなに感動したのに、なぜこの山域に長い間足を踏み入れなかったか・・・ それは登山口までの日陰林道があるからでした。前回はこの林道のあまりの悪さに途中で車から降りて歩きたくなりました。その時の悪路の印象もまた強烈で、運転して登山口まで行く勇気がありませんでした。

さて、テントを張る頃は雨模様で、明日のお天気が心配になりました。天気予報では晴れになっていたので、迷わずに家をでたのですが・・・ さあて・・・ どうなるかなあ~

朝・・・ 霧です。でも、回復を信じて出発。

悪路の強烈な印象の日陰林道ですが、今回はどうかと言うと、案外いい道かなあ。車が通るからでしょうか、均されている感じがしました。もちろん厳しい場所もありますが、趙軟弱さんの卓越した運転技術により、セダンでも無事に登山口に着きました。良かった~!

本日のルート
c0179351_1651830.jpg

グラフ
c0179351_16521915.jpg

とは言え、相変わらずの霧。でも、登山者はどんどん登っていきますので、私たちも負けずに出発。植林からヤマシャクヤクの群落地にやってきましたが、つぼみです。そして、ブナの三叉路は~ 幽玄の世界。
c0179351_165357.jpg

ここからまずは鹿納山に向かいます。霧の中のアケボノが誘っています。
c0179351_16542019.jpg

シャクナゲもまだまだつぼみのものばかり。
c0179351_1654553.jpg

鹿納野を過ぎて展望台からみる鹿納坊主は~ 霧でぼんやりしています。
c0179351_1715274.jpg

晴れるのを期待してゆっくり歩き~ というか、下が濡れているのでスリップ注意でゆっくりしか歩けない。それにアップダウンの岩場の連続~
c0179351_1657116.jpg

しか~し、ゆっくり歩きが功を奏し、なんだか明るくなってきましたよ。
c0179351_1658487.jpg

途中の岩場のロープが切れており、登り上がるのに少々手間取りましたが、どうにか通過。
そして霧が取れて見え始めました。こちらは五葉方面。
c0179351_16584338.jpg

鹿納山頂への最後の登りもなかなかに大変でした。
c0179351_1785246.jpg

山頂からは360度の展望でした。。写真右手のなだらかな方が大崩山頂方面。その尾根続きに見える岩峰は七日回岩。わく塚も見えています。写真中央方面が先日登った木山内岳と桑原山。
c0179351_17123186.jpg

狭い山頂はそんなにたくさんの登山者を受け入れることはできませんので、ちょっと休んで下山です。下山も厳しい。
c0179351_1714349.jpg

アケボノちゃんにはちょっと早かったのですが、ミツバツツジはきれいでした。
c0179351_17201569.jpg

帰りにもう一度展望台に立ち寄ると、山頂に人の居る鹿納坊主がはっきり見えていました。
c0179351_17214713.jpg

いい山だったなあ・・・
c0179351_17224140.jpg

本日はなんといってもミツバツツジの勝利でしょうねえ。
c0179351_17232547.jpg

アケボノツtジも咲いているのですが、つぼみのものが多いようです。
c0179351_17241271.jpg

そしてまたもややってきたブナの三叉路は、別の顔になっていました。
c0179351_17251850.jpg

お姫山から見る鹿納坊主です。乙女山に足を伸ばそうかとも思いましたが、ウン悪く昔乙女の団体さんがやってきて、乙女山を目指しましたのであっという間に断念。笑
c0179351_17345481.jpg

さて、ブナの三叉路から五葉岳に向かう間、以前とは違う印象を受けました。というのは、以前はうっそうとしたスズタケの切り分け道で展望はピークに登るか、スズタケを分けて垣間見る程度だったからです。今ではどこもスポーンと展望が開けています。ブナも枯死にしたものが多く、ほとんどが老木。あんなにたくさん縦走路中にあったアケボノツツジも少ないような気がしました。ここも例に漏れず、荒れ果てた稜線になっていくのでしょうか。
c0179351_1743186.jpg

五葉岳に着くころはまた霧が流れるようになりました。
c0179351_1749474.jpg

本日はここから下山です。ガラガラのとっても滑りやすい道でした。
c0179351_17505125.jpg

伐採地も滑りやすいところでした。
c0179351_17513995.jpg

でも、ここにはヤマシャクヤクとトリカブトが山盛りです。
c0179351_17522068.jpg

いいねえ~
c0179351_17524389.jpg

近頃はあれた稜線より、癒しの谷が好きです。
c0179351_17533411.jpg

林道歩きも長いけど、緑はとってもきれいでした。
c0179351_17543336.jpg


この山域で面白いと思うのは山名前でしょうね~
お化粧山 お姫山 乙女山・・・ 
ここにあった大吹鉱山(すずを採掘)に女性が、大分~吐野~三里川原や瀬戸口谷~五葉岳大吹鉱山まで二度と帰らぬ旅をしたそうです。お化粧山は鉱山に下りる前に汗にまみれた顔を化粧したという伝説が残っているそうです。女郎の墓も残っています。その女性たちの面影を感じさせる山名になっていますね。

高いのはどこ? 調べてみるとブナの三叉路が一番標高が高い。笑
① ブナの三叉路 1571m
② 五葉岳     1569.7m
③ 鹿納山     1567m
④ お姫山     1550m
⑤ 鹿納ノ野    1548m
⑥ 乙女山     1517m
⑦ 兜巾岳     1450m
⑦ お化粧山    1450m

鹿納坊主は地元で「三つ鹿納」と呼ばれるらしい。
鹿納山(鹿納坊主 第一鹿納) 中の峰 北の峰((第二鹿峰)
第二鹿納には直登ルートもあるみたい。

と真面目に調べてみました。

久しぶりに岩場を歩けて楽しい山でした。
ありがと~!!
 
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-05-09 18:29 | 宮崎県の山