2011年 05月 02日 ( 1 )

連休の山旅② マニアックなルート

30日 大崩キャンプ場バンガロー=藤河内木山内岳登山口~喜平越~木山内岳~万次越~桑原山~矢立峠~矢立谷~小岩屋~美人の湯~大崩キャンプ場バンガロー泊
行動時間8時間40分 歩行距離13km 標高差+1342m -1466m

大賑わいの大崩方面をよそに、私たちは祝子川を挟んだ対面の山を歩くことにしています。しかし、下りに使う予定の矢立谷は以前は道があったようですが、現在は使う人も無く廃道化しているそうです。大崩の茶屋の人や大崩に精通している人たちに情報を求めましたが、みな???です。出発する時には心配そうな視線を向けて見送ってくれました。
さあて~ 怪しい5人組で無事に戻ることができるでしょうか~
本日のルート
c0179351_20553316.jpg

グラフ
c0179351_20555416.jpg

一台に乗り合わせて藤河内の登山口に向かいました。このきれいな渓谷は良く写真になるそうです。
c0179351_2183042.jpg

とってもきれいな水ですよ~
c0179351_2191147.jpg

これまた良く写真になっている味のある橋です。確かに微妙に傾いていて歩くのも味があります。笑
c0179351_2110348.jpg

ちょうど黒髪山のような感じの所を歩いたり~
c0179351_21112588.jpg

観音の滝にも立ち寄りました。75mの素晴らしい直瀑ですが、今は水量がありません。でも多いときだったらこの谷は大変だったかもしれません。
c0179351_2113315.jpg

滝つぼの縁に行って見上げると、うろこ壁がお見事です。上の方にはアケボノツツジのピンクがチラホラ。
c0179351_21141385.jpg

滝つぼは清冽な水があり、早落下したアケボノちゃんがユラユラ。
c0179351_21155299.jpg

観音の滝から上部はなかなか大変な登りで、全身運動。
c0179351_21161425.jpg

滝の上のアケボノちゃん。やっぱりアケボノツツジはいいねえ。
c0179351_21191087.jpg

きれいな谷を詰めていきますが、稜線の手前はなかなかに大変でした。
c0179351_21201278.jpg

喜平越に登り上がり、さらに急登をがんばると木山内岳ですが・・・ 渋い山頂でした。
c0179351_21212159.jpg

で、写真を撮るとあっという間に通過~ 向こうに見えるのはこれから向かう桑原山。まだまだ遠い。
c0179351_21223254.jpg

途中からは大崩の岩峰が見え隠れ~
c0179351_21231211.jpg

しかし、何より嬉しいのはやっぱりアケボノちゃんだね~
c0179351_2124121.jpg

いやいや、このピンクはいいですねえ。
c0179351_21243935.jpg

万次越あたりのブナはステキでした。しかし、例に漏れずこの山系でもスズタケは枯れ、ブナもたくさん倒れています。稜線部分はきれいとは言いがたかもしれません。
c0179351_21251599.jpg

桑原山へ登り返し、ここで昼食。山頂の広さは6畳一間。
c0179351_21282077.jpg

まだまだつぼみの物が多いのですが、アケボノちゃんが現れるたびに歓声があがります。
c0179351_21272642.jpg

これがあるからがんばれるかな~
c0179351_21291730.jpg

とはいいながら、矢立峠までは滑り台のような激下り。落石&スリップ注意!転ばなかったのが不思議ぐらいでした。矢立峠からは道無き道に突入。
c0179351_21352281.jpg

こういうところは歩きやすい所を歩くしかないわけで・・・ 昔の道らしい跡をたどたり・・・ かと思うとパッタリ跡が途絶えたり・・・ ひょっこり道らしくなったり・・・ ともあれ、無事に美人の湯に到着。
大崩の茶屋さんにも無事の挨拶をしましたよ。

藤河内に車をとりに戻りますが、ここでよっちゃんとはお別れ~ 
今回も楽しい山でした。ありがと~!!

長崎組は今宵もコテージ泊。明日は雨の予報で、すでに降り始めています。後は野となれ山となれ~
おやすみなさい。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-05-02 20:58 | 宮崎県の山