2011年 02月 23日 ( 1 )

スダジイの森
いこいの村長崎~烽火山遊歩道入り口~烽火山~烽火台跡地~烽火台復元地~いこいの村長崎
行動時間2時間30分 歩行距離4.7km 標高差+-357m
bambooさん そよかぜ

轟峡の近くにある烽火山には以前車で山頂まで行ったことがありました。その時、多良岳横断林道のシャクナゲ高原からP773(鳥屋岳)を通り伸びている尾根の突端の岩壁を見てビックリしたものです。その時からあの尾根を歩きたいと思い、昨年実行することができました。 
しかし、車で行った烽火山にも登山道があるので、一度は登りたいと思っていました。本日はbambooさんと上記のコースで歩くことにしました。
広域の地図で見ると烽火山はこんなところです。多良岳との位置関係を見てね。
c0179351_17283274.jpg

本日の軌跡
c0179351_17443963.jpg

グラフ
c0179351_1745873.jpg

さあて、いこいの村を出発して轟峡へ向かう車道を20分ばかり歩くと、烽火山への遊歩道がありました。
c0179351_17311325.jpg

曇り空なのでか、うっそうとした森です。あまり歩く人もいないような・・・
c0179351_1732727.jpg

ここにはスダジイの巨木があるそうですが、標識もなにもありませんけど、この木かな。
c0179351_17333064.jpg

この木だけではなく、たくさんの巨木があります。
c0179351_1734713.jpg

ではありますが~ 足元はアキレス腱が伸びきるぐらいの急登です。それに落ち葉がタップリあって結構緊張する登りでした。
c0179351_173517100.jpg

山頂に飛び出すとパッと開けた景色が目に飛び込んできました。
c0179351_1736361.jpg

この景色を見ながら早いお昼ご飯。そしてあの岩壁も見ましたよ~
c0179351_17365576.jpg

いこいの村までは車道歩きですが、途中でこんな標識がありました。
c0179351_17374596.jpg

で、行って見ました。そこにはほとんど形跡はないのですが、案内板がありました。それによりますと~ 烽火台(ほうかだい)ではなく(とぶひだい)とルビがふってあります。それに作られたのは和銅6年’(713年)だそうです。驚き~!
c0179351_17485048.jpg

その後素直に元に戻ればよかったのですが、踏み後があったものでたどっているうちに藪突入となりまして~ なんで~?無理やり車道に下りました。笑 いこいの村には烽火台跡地から移行され復元された烽火台があります。
c0179351_17435156.jpg

予報では雨もあり~ ということでしたが、日も差したりして快適でした。
bambooさんまたご一緒しましょうね。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-02-23 17:50 | 多良山系