2011年 02月 09日 ( 1 )

歩いてみんねぇ よか道ばい
百貫~国見登山口~P719.7m~国見岳~春日越・縦走路分岐~春日越~谷藪~林道終点~本谷橋県道出合~百貫
距離11km 行動時間4時間20分 標高差+-665m
そよかぜ

多良山系には国見岳が2座あります。一つは多良岳のお隣。もう一つは郡岳~経ヶ岳に向かう縦走路の途中の春日越あたりから北西方向の尾根にあります。あまり行く人もなく静かな山です。以前登った時には展望もなく渋い山だと思いました。が、春日越方面から山頂に着くと、進行方向に登山道が続いていました。

先日、遠目越~春日越 を歩いた時に地図をしげしげ見てみました。国見岳から延びる尾根は県境になっています。道はきっと県境を通っているはず。ということで歩いてみることにしました。ルートはピストンでは面白くないので、無理やりグルッと周回することにしました。

本日のルート 経ヶ岳との位置関係をご覧ください。
c0179351_2135843.jpg

地形図では
c0179351_21224343.jpg

グラフ
c0179351_2163743.jpg


県境の百貫に車を置き、百貫林道を少し進むと国見岳登山口がありここから尾根に登りあがります。小さな標識がついていました。
c0179351_2193711.jpg

はっきりしないかもねえ・・・ と思っていたのは大間違い。植林帯ではありますが、左右10mぐらいは自然林を残してあり、とっても歩きやすいきれいな道です。
c0179351_21113195.jpg

伐採地から国見岳が見えました。まだ遠いなあ・・・
c0179351_21121684.jpg

最初の標識①の所から道はは右に曲がりますが、地形図を見ると進行方向にP719.7mがあり、三角点もあるようです。ので、登山道からはずれてP719.7mまで行ってみることにしました。行く人もいるらしく途中までは踏み跡もありました。ちょっと捜索してめでたく三角点を発見。展望もない平坦地でした。
c0179351_21154558.jpg

戻り分岐標識②を左に行きます。写真はP719.7m方向から見たもので、V字型で左が国見岳、右が登山口へ。左に進むとすぐに標識①からの道と合流しました。
c0179351_21231432.jpg

それにしてもこのルートはどこもきれい。何度もうっとりしました。
c0179351_21302974.jpg

分岐からすぐに林道に出合いますが、右手に登山道が続いていました。
c0179351_21333844.jpg

しばらく歩き、右手から来ている林道で昼食。
出発してすぐに古い標識がありました。国見岳となんとかと書いてあるんだけど・・・
c0179351_2136156.jpg

この後、地形図に迷いやすい分岐と書いてある所を通りましたが、反対方向から歩いてきた場合には直進しそうな所でした。ねっ!絶対直進すると思いませんか?正解は左に行くんですよ~
c0179351_2133059.jpg

大好きな赤松の林もありました。なぜ好きかって・・・ わかっとるやろう、聞かんでも。
c0179351_21374820.jpg

しかし、本当にきれいな道です。展望も何もない道だけど、私はこういう登山道は好きだなあ。
c0179351_2140882.jpg

歩いても~ 歩いても~ きれいです~
c0179351_21415384.jpg

国見岳の標識が見えてきました。
c0179351_21423021.jpg

でもそのまま通過~ しばらく歩くと、前回はどうだったか覚えてないけど、直進縦走路・右春日越と書かれた標識に出会いました。
c0179351_22113735.jpg
しばし頭がゴチャゴチャになりました。予定では縦走路に直接出るはずだったからです。まあ春日越に出られさえすればいいけどね。後でGPSのデータを見るとこうなっていました。巻き道だったんだね。
c0179351_2213696.jpg

巻き道経由で春日越に出てわかったことがありました。春日越は四差路になっていますが、東は経ヶ岳方面へ・南は北川内地方面へ・西は遠目山方面へと続いています。そして残りの北への道はどこに続いているのかと気になっていたのです。佐賀に春日というところがあるのですが、巻き道を通って春日に行く道だったのですね。当たり前と言えば当たり前。
c0179351_21592847.jpg

謎はとけたし、さあて下山するとしましょう。と言っても道はない。植林の中を適当に下っていきます。下れば林道が延びてきているはずですから。やや左手方向にくだると、林道終点に出会いました。めでたしめでたし。立派な林道ですが、この通り雪。登山道にはなかったのにね。
c0179351_2219059.jpg

林道歩きも長かったけど、この谷(本谷)の渓谷はステキでした。拾い物~
c0179351_2220139.jpg

と、一部を除き初めてのルートを歩きましたが、予想に反して立派な登山道でした。それに感動物の美しさ。でも展望を求める人には不向きかもね。国見登山口~春日越までは危険箇所は一箇所もありません。おすすめで~す。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-02-09 22:26 | 多良山系