2010年 12月 29日 ( 1 )

登り納めも経ヶ岳
黒木~舞岳~経ヶ岳~つげ尾~黒木
エミリーさん 山馬鹿さん クラッカーさん そよかぜ

いよいよ今年も登り納めとなりました。今年最初の山は経ヶ岳でした。そして最後の山も経ヶ岳になりました。
c0179351_21275334.jpg

c0179351_21281645.jpg

グラフを見ると、舞岳尾根も急登であはありますが、下りに使った大払のコースもまけず劣らずの急坂ということが分かります。長崎の岳人の間ではここをスイスイと登れたらアルプスはどこでも行けると言われています。が、一回もスイスイと登れたことはありません。笑

おりしもエミリーさんも多良山系登山とか~ でご一緒することにしました。コースは適当~笑 舞岳尾根を登り、雪の具合をみて決めようということになりました。我が家付近には雪の片鱗も見えませんでしたが、黒木に入ってからは車道にも雪が残っておりビックリ。山頂付近はかなりあるかもしれません。
さて、登りだしは市房山のように木の根っこが張り出した舞岳尾根の足の裏が見えるくらいの急登。
c0179351_842538.jpg

やがて雪が出てきました。
c0179351_8433629.jpg

一箇所岩場の登り辛いところがありますが。そこは凍結。先を行くお二人さんは乗り越えていかれましたが、残りの二人は巻いてみました。ここは以前巻き道を探したことがあり様子はわかっていましたが、巻くのもかなり大変ではあります。
ここは多良随一のシャクナゲの名所ですが、昨年も今年も空振り。来年はと言うと・・・ いいかも。
c0179351_845472.jpg

狭い尾根道の雪は段々深くなってきました。ズルッとかズボッとかに注意注意。
c0179351_8482249.jpg

しかし、ここから見る多良の峰々は雪がついてアルプスのような~
c0179351_8492235.jpg

経ヶ岳の山頂でお弁当&ぜんざいで暖まり、下山です。つげ尾への雪がなくてもカチンコチンに凍って危ない岩場は、雪のおかげで歩きやすくなっていました。でも雪は深く不用意に足を置くと、ズボッといきます。
c0179351_8523015.jpg

曇りながら、時折日が差すと美しい森です。
c0179351_8531717.jpg

高度を下げると、雪もシャーベット状になっており、より滑りやすくなっていました。時折、あ~!とかオット!とかワーとかのコーラスが響いていました。

今年最後の山も楽しく登ることが出来ました。
この一年ご一緒くださった皆々様、ほんとうにありがとうございました。
また今年はご一緒できなかった皆々様、来年はご一緒できますように。
来年度も健康に恵まれ、事故や怪我のないように気をつけて楽しみたいと思います。
年々年をとることには間違いないので、身の丈にあった山を目指したいと思っています。
では~ 良いお年を~ 029.gif
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-12-29 21:29 | 多良山系