2010年 12月 23日 ( 1 )

すっきり
修多羅の森~しゃくなげ高原看板~鳥屋岳P773~P710~林道~修多羅の森
行動時間2時間40分  歩行距離6.6km  標高差487m 
クラッカーさん そよかぜ

多良山系の地図を見ると、白木峰から多良横断林道を金泉寺下方面に進むと、中間ぐらいのところに修多羅の森がり、付近に気になる尾根があります。修多羅の森から金泉方面にちょっと行くと、しゃくなげ高原と書かれた看板がありますが、そこから長い尾根が南東方向に伸びています。

以前轟渓谷の近くの烽火山から見た時に、その先端はすごい岩崖になっていました。その時はとても降りられそうにないと思いましたが、先端の東側は崖ですが、南方面はなだらかになっています。いつも気になっていたので、歩いてみることにしました。修多羅の森の駐車場に車を停めて出発。きれいな青空を背景に五家原岳が見えています。
c0179351_20515372.jpg

以前ちょっとだけ踏み込んだことがありましたが、踏み後はついていましたので、最初は簡単です。自然林できれいな森。シャクナゲの木もたくさんありました。
c0179351_20534449.jpg

足元はふかふかの落ち葉の絨毯で、松の木もたくさんありました。でも展望が開けている所はなく、P710あたりからちらりと見えるだけです。
c0179351_20555861.jpg

道はとちゅうから不鮮明になり、踏み後ほとんどもわからなくなりました。P710のつぎのピークを過ぎると尾根は東側を向いてきます。そのまま行くと崖の方に行くので、方向を南に修正しながら歩きました。20~30mぐらいは急下りですが、後はなだらかになり、植林に変りました。林道に出会い、左に行くと轟方面で、右に行くと修多螺の森に帰ることができます。林道歩きは修多羅の森まで45分ぐらいでした。
c0179351_21226100.jpg

c0179351_2111431.jpg

c0179351_21112021.jpg

いつも気になっていた尾根でしたので、歩いてすっきりしました。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-12-23 21:16 | 多良山系