2010年 11月 24日 ( 1 )

国東半島の山は面白い①
中山仙境  前田の登山口~無明橋~高城316.9M~陰洞~坊中の登山口
千灯岳   不動山登山口~不動山~千灯岳605.8M~赤根登山口
hirokoパパさん hirokoさん よっちゃん 山馬鹿さん みつばさん そよかぜ

そろそろ低山の紅葉がいいのではないか・・・
と言うことで、今回は国東半島のの山に登ることにしました。と言っても国東半島にはたくさんの山があります。どれにしようかなあ~ とちょっぴり悩みましたが、未踏の中山仙境と近くの千灯岳にしました。中山仙境なんか320Mに満たない山のですが、二日前登ったばかりの山馬鹿さんによると「恐いよ~」だって。う~ん・・・ 気合を入れて出発!

そうそう、山名に「中山仙境」とは出てきません。何故ゆえに 中山 なのか・・・ 分からんけどね~ もちろんそのネーミングに私としては異存はありませんですが・・・ 山名が出てこないので位置関係がイマイチピンとこないのですが、国東半島の地図で示すと、左赤線が中山仙境のルートで右が千灯岳のルートです。
c0179351_10363364.jpg


まずは中山仙境
c0179351_1038812.jpg

c0179351_10383215.jpg

恐いよ~ とのことで、気合を入れて出発した面々。と言っても、hirokoパパさんは高い所はへっちゃらだし、hirokoさんもスイスイだし、よっちゃんもなんてことないようだし・・・ と言うことはやっぱり問題は長崎組だね~ 
この山も信仰の山でいたるところに石仏があります。
c0179351_10415043.jpg

弘法大大師とそのお供だそうですが・・・ そうなのかなあ・・・
c0179351_1048348.jpg

さあてっと、ここが観光名所?の無明橋。無明とはなんぞや・・・ とちょっとネットで調べてみましたが、ますますわからん。気になる方は調べてみてくださいね。笑
c0179351_10522345.jpg

この無明橋は片側は崖ですが、反対側は・・・
c0179351_10532291.jpg

巻き道から見るとこの高さでありまして・・・ 無理やり作った橋のように見え、渡らんでもいいのではありますが・・・ もっとも作った時にはすぐ横の巻き道はなかったかもね~ それより、この石を運んできた労力と、この大雑把なつくりに命を預ける勇気が素晴らしい~ 笑
c0179351_10575550.jpg

紅葉はというと、なかなかきれいなので~す。ハゼやカントウマユミや紅葉もきれいでした。これは可哀相なよっちゃんからいただいた美しい写真です。なぜ可哀相かって・・・ まあ後半をごらんあれ。
c0179351_1102412.jpg

この山のアップダウンはなかなか面白い。
c0179351_1144670.jpg

まあなんと申しましょうか・・・ よくぞこんな所にねえ・・・ 道をねえ・・・
c0179351_1154642.jpg

ここが最高点の高城で、これは天照大神の石碑です。
c0179351_1172339.jpg

それより何より面々が気になるのは、あの岩垣。
c0179351_1112133.jpg

あれは行かれるとやろか・・・ 行けんとじゃない・・・ いいや行けるさ・・・ よっちゃんに調査してもらわんば・・・  と、あくまでも他力本願の面々なのに、挙句には地図を引っ張り出し、攻略ルートまで考える~ 笑
c0179351_11102482.jpg

しかし、ここは耶馬溪のようですねえ。きれいです。
c0179351_1995746.jpg

でも、尾根は更に切れてきて、両サイドがスッパリ落ちています。
c0179351_19112727.jpg

落ちたら助かりません・・・
c0179351_19121195.jpg

このやせ尾根を行けるところまで行ったら、急降下で降りていきます。なんでもこの下山の道で事故が起こり死者がでたそうです。歩いてみると、良くぞこんな所に道を作ったものだと思いました。崖の中間に細々と道がつけてあります。右下は絶壁。写真がないのがまことに残念です。

さあて、移動してお次は千灯岳です。続く
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-11-24 11:14 | 大分県の山