2010年 09月 20日 ( 1 )

トリカブトと秋刀魚の山①
旬の「秋刀魚」を食べ、元気に『トリカブト』を堪能しよう!
と銘打った山旅に出かけることになりました。実は春に同じ山域を縦走した時にトリカブトの大群落に出会いました。春だったから、花は咲いていませんでしたが、一面に広がる葉っぱが素晴らしい情景を彷彿とさせました。これはいつか咲いているときを見てみたいと思っていましたが、早速の企画に万々歳。今回は泉・五木トンネル付近にテントを張り、東側の山犬切方面と西側の鷹の巣山方面に行くことになりました。

9月19日
長崎5:00=五木村道の駅9:00=泉・五木トンネル北側 山犬切登山口10:25~石南山~石南越10:55~南山犬切11:55 12:20~七遍巡り12:35~山犬切峠13:05 13:35~七遍巡り14:15~南山犬切14;30~石南越15:20~石南山15:25~石南越登山口15:40~山犬切登山口15:50
行動時間5時間40分  歩行距離10.5km  標高差+929m -877m
福岡組 風さん エミリーさん
長崎組 山馬鹿さん 島さん クラッカーさん そよかぜ

五木村の道の駅で合流して、登山口へ向かいました。前回は石南越登山口から出発しましたが、今回は泉・五木トンネルの北側入り口にある山犬切登山口から出発します。
c0179351_1429381.jpg

c0179351_14293676.jpg

林道沿いにはアケボノソウがいっぱい。
c0179351_1430217.jpg

さあて、今回の山での一番の難所。写真ではよくわかりませんが、急勾配の登りです。足元注意!
c0179351_13524399.jpg

この道はブナやミズナラが多くて、きれいな所です。
c0179351_13533422.jpg

アップダウンを繰り返しますが、危険な所も急登りも少なく歩きやすい。だから、表情にも余裕がありますね~
c0179351_13545942.jpg

七遍巡りを過ぎて、P1553に近くなるとトリカブトの最初の群生地です。お~!すごく立派でお見事、どの花も重たそうに頭をたれています。この花なんか高さが1.5m以上でした。
c0179351_13571763.jpg

花束みたいにいっぱい花をつけています。
c0179351_1358177.jpg

しかしまあ、お見事です。
c0179351_13593783.jpg

鹿の魔の手をのがれたコフウロがトリカブトに囲まれてひっそりと咲いていました。
c0179351_1359159.jpg

さあて更に進むと、今では廃道になった林道にでますが、ここが一番の群落地です。どこまでも広がるトリカブト。
c0179351_1435711.jpg

鹿も食べない毒草だからこそ、生き延びて大群落を作っているのでしょう。
c0179351_145614.jpg

ここで、同じ長崎から来たというKさんご夫婦・日田から来たというUさんご夫婦と出会いました。同じようにトンネル付近でテント泊だとか。この出会いは夜の宴会を大いに盛り上げる結果となったのですが・・・
さあて、帰りも快調に歩きました。ほとんど展望の無い縦走路ですが時たま開けると市房山が大きく見えました。
c0179351_1411882.jpg

登山口に戻り、私たちはトンネルの南側入り口にテントを張りました。さっそく乾杯のあと、秋刀魚を炭火でやきます。これが美味しい!それに今回はご飯対決もありまして・・・ かたやちょっとこだわっていると言う風さん。こなたご飯炊きだけは自信があるという山馬鹿さん。さあ~どっちが上手く炊けるかな~
c0179351_14123831.jpg

そうそう、この長さ450mのトンネルかなり響きまして、こちらで歌えばトンネルの北側でテントを張っている出会ったご夫婦たちも歌い返す。
c0179351_14161749.jpg

その内にあちらからやってまいりました~ そして、風さんのリードで歌合戦。いいねえ~
c0179351_14173538.jpg

おりしも本日は私の誕生日でもありまして~ ハッピバースディーツュー と歌っていただき、ケーキもありで、最高の誕生日となりました。
c0179351_14192930.jpg

やがて、夜の帳が下りてくるころ、北側組は帰って行きました。美しい夕景そして素晴らしい星空。星も流れ~ 静かに夜は更けていくのでした。
c0179351_14213611.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-09-20 19:04 | 熊本県の山