2010年 08月 23日 ( 1 )

勇気を持ってアチッチ登山 でも キキョウ
吹上峠~大平山~中峠~広谷湿原~茶ヶ床園地~吹上峠
山馬鹿さん クラッカーさん そよかぜ

なんでもって連日こう暑い山に向かうのか・・・ 完全に中毒症状でございます。昨日は無風のサウナの中のような登山でしたが、木陰を歩きましたのでなんとか・・・ 本日は完璧に陰なしの山です。なにしろ草原・・・ なのです。なしてまたこげん山ば選ぶっちゃろか・・・ だってねえ、この山は花咲き山なんだもの。
本日のルート。左下の車道付近から時計回りに歩きました。
c0179351_954340.jpg

このわずか3cmぐらいのノヒメユリは、小さいけれどしっかりユリです。山盛り。
c0179351_9553165.jpg

おや~ これは~ ニラにそっくり。と思って調べたらニラでした。笑
c0179351_10203198.jpg

こんなお天気の日には咲くはずの無いスズサイコ。重たそうに垂れ下がっています。花を見たかったらどんよりした日に来ないとね。
c0179351_10214875.jpg

本日のお勉強はこの花~ キセワタ。コノワタ・・・ カキクケコ・・・ と刷り込みに余念のない方々。そんなに努力してもらって花も幸せ。笑
c0179351_1024597.jpg

先日見たホタルサイコにそっくりだけど、ここのはミシマサイコだそうです。どこが違うんだか・・・ またきっと どうでもいいじゃん ってぐらいの違いなんだろうなあ~
c0179351_10254824.jpg
 
ハバヤマボクチもニョッキリと立ち上がっていました。
c0179351_10263447.jpg

しかしまあ暑いで~す。陰はありません。少しばかりの岩陰や薄い木陰にも身を寄せ合って休憩。冷たい果物や飲み物がご馳走です。でも私は平尾台スタイル。なんだって~ エヘッ!日傘をさして歩いています。
さあて、本日のお目当てはこれでしょう!キキョウ。数年前にやっぱり真夏に歩いた時にキキョウの群生をみて感激したものです。
c0179351_10322932.jpg
 
キキョウは美しいけど、頭はグラグラで~す。
c0179351_10332389.jpg

軟弱メンバーは誰も急登や山頂に行きたがりません。なんちゃって、諸手を挙げて賛成したのは誰だ~?笑
c0179351_1035663.jpg

急登を前に急曲がり~ それにしてもドリーネは大きいすり鉢状。底は地底へと続いているのでしょうか。
c0179351_10363560.jpg

それにしてもキキョウの数はすごいねえ。草に隠れてはっきりしないけど、たくさんかくれんぼしています。
c0179351_10382118.jpg

湿原に行くと高校生が湿地の調査をしていましたが、厳しい先生の愛情に満ちた怒鳴り声が響いていました。笑 がんばれ若者。
アチチの歩きが最後まで続きます。羊が一匹二匹・・・ ジンギスカンで一匹ずつ焼いて食べていい って言われても食べきらんねえ・・・ 頭は朦朧として交わす言葉も意味不明・・・
c0179351_10452252.jpg

本日出会えた花はざっと数えただけでも30種類以上。家に帰って植物図鑑を見ながら思い出したら40種類はありましたねえ~
とは言え、過酷な登山でございました。軟弱で十分。笑
山友hirokoさんのブログを見ると、同じ日に同じようなルートを歩いていました。お会いできずにまっこと残念。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-08-23 10:48 | 福岡県の山