2010年 06月 05日 ( 1 )

こんな美しい空の日に 藪こぎで~す
中山キャンプ場~中山越~平谷越~タワラギ山~分岐標識②~矢筈岳~分岐標識②~谷道~林道~中山キャンプ場
歩行距離6.8km 標高差650m 歩行時間3時間30分

どこに行こうかな~ と、ピッカリ電気が点きました。前日bambooさんたちが多良山系の矢筈岳にシャクナゲを見に行ったとか。どのくらいあるのかなあ~ で行ってまいりました。

本日のルート
c0179351_17563368.jpg

c0179351_1757012.jpg


長崎からは中山キャンプ場までが遠い~ たっぷりドライブしました。中山の集落から見ると~ この山はな~んだ。経ヶ岳? ブブ~!笹ヶ岳でした。反対側から見ると印象も違うね。
c0179351_1811530.jpg

中山キャンプ場からはショートカットルートを利用して~っと。途中にはトキワハゼが可憐でした。
c0179351_1832341.jpg

タワラギ山まではいつもの道。気持ちよく歩きました。途中には高体連の最中なのかな~ ユニフォーム姿の高校生の姿がありました。北陽台だって、ガンバよ~!
さて、タワラギ山は渋い山頂です。展望なし。木漏れ日できれいではありますが。
c0179351_1862943.jpg

そして、bambooさんも書いていたけど、こんな分岐標識①ができていました。
c0179351_1871414.jpg

矢筈岳に行くには、平谷越から向かう場合、タワラギ山標識から右手に入ります。ここで間違ってはなるまじ。テープは所々にありますが、踏み跡も弱く、テープもまばらですので、しっかりコンパスを合わせて進みました。
タワラギ山と矢筈岳の鞍部に来ると、こんな分岐標識②があります。帰りはここまで戻って中山キャンプ場に戻る予定です。ここからはもっと踏み後も不鮮明。地図とコンパスは必須です。
でも大まかに言えば尾根をはずさなければ大丈夫です。テープを探して歩くより、コンパスをしっかり合わせて歩く方が無難です。
矢筈岳の山頂です。三角点はありますが、矢筈岳の山名はありません。道はまだ先へ続いています。
c0179351_18152210.jpg

そしてシャクナゲはというと、ありますね~ でも咲いていた形跡はあまりありません。
c0179351_18165737.jpg

ちょっと開けた所からのぞき見ると、五家原岳が見えました。
c0179351_1817548.jpg

こちらは経ヶ岳方面。
c0179351_18182878.jpg

さあ分岐まで戻りますが、行きと帰りでは見える景色も違うので、慎重に。そしてコンパスを林道にあわせました。最初こそ踏み後があり、所々ケルンがありますが、後は歩きやすい所を歩く方が無難です。杉の落ち葉や伐採木にさえぎられますので、足元注意。フタリシズカの三姉妹は育ちすぎ~笑
c0179351_18223125.jpg

林道に降り立ちました。入り口にはこんな印があります。
c0179351_1824291.jpg

林道途中より見ると~
c0179351_1823677.jpg

今日はナルコ祭りでしたよ。
c0179351_18244148.jpg

美しい空なのに、ほとんど展望なしの山でしたね~ でも、ちょっと冒険気分で楽しかったよ。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-06-05 18:28 | 多良山系