2010年 05月 26日 ( 1 )

関西への山旅④ 想定外の 宝塚観劇

Tさん hirokoさん そよかぜ

朝~ 今日はまた別の山に行く予定でしたけど・・・ 雨~ かなり降っています。 後で聞くと九州は集中豪雨だったようです。そこまではないけど、こんな日に山に入るのはどうかなあ・・・ と思いました。

ここは宝塚。泊まった民宿の窓から宝塚歌劇場が近くに見えます。この女性専用の民宿自体も宝塚観劇の人の常宿みたいで、それらしい方々が一杯で満室。壁にもポスターが一杯。

そしてここは注文の多い民宿で~す。あちこちに張り紙があり、電気は消せとか、お風呂に入った後はごみをすくえとか、なんとかかんとか・・・ それはいちいちごもっともでございます。当然と言えば当然のことが書いてあります。マナーが乱れているご時世を表しているのかもしれませんが、読むのに疲れる・・・ 笑

さあて、予定通りに起きたので時間はたっぷりありますが・・・ どうする~? そこへTさんから思いがけない提案がありました。「宝塚観劇はいかがでしょう?」 これまたビックリの提案です。3日間たっぷり歩きましたし、こういう日に無理して歩いても楽しくないし危険。と言うことで、hirokoさんも私も諸手を上げてさんせ~い!

とりあえず登山口だけ確認した後、当日券を買うために並ぶことになりました。Tさんから「私が並んでいるから見学してきてください」とありがたいお言葉で、hirokoさんと二人であちこちブラブラしました。

宝塚ですね~ こういう銅像がたくさんありました。これは知っていますよ~ ベルサイユのバラ。
c0179351_956059.jpg

これは知らんねえ・・・
c0179351_9562968.jpg

というか、ベルバラしか知らん。笑 ♪~スミレの花咲くころ~♪ でスミレも植えてありますが、今は葉っぱだけ。笑
c0179351_9575658.jpg

オ~!橋も派手です。
c0179351_9583320.jpg

橋の上に上がると、見えます歌劇場。
c0179351_9591752.jpg

おしゃれにつくってあります。
c0179351_9594516.jpg

道行く人は、左に親に付き添われた歌劇団の学校の生徒、右にいかにも歌劇団の人らしいお方も。
c0179351_1011363.jpg

雨の降りしきる中、Tさんはずっと並んでいてくださいました。本当に感謝です。そしてようやく入場。そこは別世界。こんな所に登山姿で登山靴のオバサンがやってきたのは初めてかもしれません。笑
c0179351_103123.jpg

両サイドはお店屋さん。飲んだり食べたりはもちろん、それらしい洋服やグッズやお土産がずらり。息子になにか・・・ と思いましたが、思い切りフリフリやバラやピンクや・・・ これはないねえ・・・ きらびやか~ で、無難にレビューチョコレート・スミレキャンディー・バラのカードケース(これは自分用 笑) をゲット!
c0179351_10141048.jpg

テラスだって素敵ですよ~
c0179351_10174467.jpg

さあいよいよ劇が始まります。
c0179351_10181812.jpg

お客さんは・・・ 満席。それに老いも若きも、女性も男性も・・・ いろいろな年代の男性がいたのはビックリです。かなり年配の男性方は常連風。
私たちの席はTさんが並んでくれたおかげで真ん中のS席のすぐ後ろでとってもいい所でした。
今日の演題はこれ!宙(そら)組の公演でした。
c0179351_10221128.jpg

で、どうだったかって・・・ 途中夢の世界に行きそうになりました。 そんなに素晴らしかったのかって いえ眠くなりました・・・ 夢中になるには年取りすぎましたねえ。笑 私たちの周りはみなさんトップスターが出るたびに拍手!でしたよ~

でも、二幕目のレビューは良かったですよ。踊って!歌って! そう!あれあれ! 足を上げるラインダンス!そして大階段で後ろに羽をつけて踊るあれ! 最後に大きな羽をつけて現れた時、この人がトップスターなんだと思いましたが、次に現れた人のほうがもっと大きい・・・ あ~この人ね。しかし、次の人がもっと!その次が・・・ そして最後に現れた本物のトップスターの羽飾りには笑が出ました。たたみ3畳はあるねえ。
c0179351_1033560.jpg

一生の思い出になる宝塚観劇でした。

さあ旅も終わりです。Tさんには何から何までお世話になりました。用意周到に計画してくださり、自分たちではとてもできない山行でした。本当にありがとうございました。
またいつかご一緒いたしましょう!
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-05-26 10:43 | 関西の山