2010年 05月 06日 ( 1 )

祖母山系への山旅② アケボノ三昧 でもどちらも急登
杉ヶ越~縦走路出合~傾山~そで尾~払鳥屋登山口
標高差 1,100m   歩行距離 9.5km   行動時間 6時間45分

味のある民宿のサービスのお弁当をもらって出発で~す。民宿の味(食事の味ではない)については個人差があるので甘いか辛いかしょっぱいかは個人の感覚によりますね~ 笑
杉ヶ越は以前登った九折鉱山跡からのルートとは反対の場所が登山口です。このルートは 登っているのに下りが多い 危険箇所が一杯 きつい とお二人からさんざん脅かされておりました。確かに転落によって死亡事故もおきております。気を引き締めて出発!

本日のルート
c0179351_9281367.jpg

c0179351_9283638.jpg


最初は気持ちのいい道です。でもこれにだまされてはいけないとか。
c0179351_10293585.jpg

ミツバツツジやアケボノツツジも現れてとってもきれい。このルートはアケボノがたくさんです。
c0179351_10295331.jpg

絵に描いたようなアケボノちゃん。
c0179351_10302746.jpg

そして出てきましたよ~ はしご。これは登っているのではなく下っております・・・ 文明の利器を持っておられる方がおられましても標高を聞いてはいけません。かなり登ったつもりでも登ってない・・・泣
c0179351_10311983.jpg

満開の花つきのいいアケボノ。う~んいいねえ。
c0179351_1033254.jpg

そしていよいよ標識が出てきました。これから上は本格的に危険とか。
c0179351_10351122.jpg

傾山さっきからずっとこんな感じで見えているんだけどね。近づかない・・・
c0179351_1035525.jpg

ここも障子岩とか屏風岩とか名前がついているようですが、どれがどれか分からない。とにかくこういう風な岩峰をはしごやロープを使って右に左にと巻いていきます。
c0179351_10424784.jpg

周りはずっとアケボノ。
c0179351_10435937.jpg

おお~ またもや下り~
c0179351_10443097.jpg

今度は足場の悪いロープ場の下り。幹で足場を作ってはありますが・・・ こんな所がぼちぼちあります。総じてロープはたるんでいますので、振られる可能性あり。頼っちゃいけません。
c0179351_10492775.jpg

これは登りですねえ・・・ 登っているんだから上りたい。
c0179351_1049501.jpg

シャクナゲも花は小さいけど咲き初めできれいでした。
c0179351_10515194.jpg

3段はしごがくるとはしごは終わり。いくつあるか途中までは数えていたけど、10以上は酸素不足でカウント不可。笑
c0179351_10535783.jpg

この後はひたすら登りです。はしごよりこの方が辛い。ヘロヘロだあ。アケボノはまだまだ一杯。
c0179351_10573152.jpg

上の方に行くとまだつぼみが多かったので、来週もいいかもね~ ようやっと縦走路に飛び出しました。
c0179351_10583488.jpg

傾山頂付近はまだ色気なし。違うルートからアケボノ目当てに来た人はガックリしていました。ルートが違うと出会えないんだねえ。
c0179351_110266.jpg

三つ坊主もまだ冬の色。
c0179351_1105939.jpg

大崩方面の山々が おいで~ と言っているようでした。
c0179351_1115180.jpg

しか~し、山頂は暑い。陰なし、風なしで干物になりそう。お昼には早すぎるしね。でさっさと出発。払鳥屋ルートもお初です。昨日のうちによっちゃんの車をデポしてきましたので、ひたすら下るだけ。とちゅうはダンコウバイがとてもきれいでした。
c0179351_11134544.jpg

ロウバイににて透き通っている感じ。
c0179351_11141982.jpg

そで尾と呼ばれるところでランチです。民宿のおにぎりをぱくつき、チョコやフルーツ缶やもなかやコーヒーでたっぷり楽しみました。
分岐の標識から下りはじめです。
c0179351_11173342.jpg

アケボノちゃんはまだまだきれい。
c0179351_1118793.jpg

でもこのルートは激下りで~す。転がるように降りていきます。途中からはアケボノもなくなり、つが林があったりしますが、もういや!と叫びそうになるころやっと小川の合流点に降り立ちました。山頂から2時間ぐらいかかったかな。
c0179351_1121249.jpg

こんな橋を渡り~ アライグマのように手を洗い~
c0179351_11213689.jpg

ビックリするくらい立派な登山口の標識のそばに到着!車はすぐそばです。
c0179351_11224798.jpg

ハードな一日でした。よっちゃんご案内ありがとうね~

楽しい二日間でした。思い出は数々あれど、もしかして一番はあの民宿かなあ・・・ 笑
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-05-06 09:42 | 大分県の山