2010年 05月 01日 ( 1 )

GW脊梁の山旅② 地図で見る石堂山のあの尾根は・・・ 
6合目登山口~石堂山~樋口山 往復      天包山登山口~天包山 往復
行動時間7時間30分                 歩行時間50分

石堂山の山開きは昨日でした。上手いところでかわしましたね~ 笑 
登山口の近くの西米良に宿泊したのですが、5時起き。なんで~? 実は地図を見るとわかるのですが、北の稜線上に樋口山という山があります。そこまで行こうと言うことになってるからです。そこはあまり行く人はいないようで一部藪とか・・・ 時間が読めないところもあるので早立ちです。

本日のルート
c0179351_19395570.jpg

c0179351_1931563.jpg


石堂山へは以前は麓からの登山道しかなく、標高差1300mで体力のいる山だったそうです。以前のガイドブックを見ると、どれも難しい山という風に紹介してあります。でも今日では6合目からの登山がメジャーになっているようです。といことで、私たちも軟弱コースで出発。そうそう登山口までの林道は未舗装ですがそんなに悪くないように見えました。
向かい側の市房山が大きく見えています。ぎざぎざの縦走路が魅力的ですね~
c0179351_1972640.jpg

最初からなかなかの急登ですが、ミツバツツジがきれいで疲れを癒してくれます。
c0179351_1995542.jpg

やがていったん林道に飛び出します。ちょっと進むとまたすぐに登山道に入ります。
c0179351_1911154.jpg

そしてそしてアケボノツツジが出迎えてくれました。何度見てもこの花はいいですね~
c0179351_19114947.jpg

これからがこの山の正念場。こんな偽ピークが4度ほど繰り返します。繰り返すことを頭に入れておかないとガックッときますです。
c0179351_1912446.jpg

地図で両サイドが崖マークの一直線に伸びる登山道は一度歩いてみたかったのですが、なるほどの道でした。
c0179351_17463754.jpg

こんなちょっとした崖登りもありますが、気をつければ大丈夫。それより何でもない登山道のジャリジャリの道でスリップするとがけ下へまっさかさまで~す。助かりませ~ん。
c0179351_1915626.jpg

石堂山の山頂です。展望良好のいい所でした。
c0179351_1917290.jpg

でも私たちは先へ進むので、ちょっと休んで出発。アケボノロードです。
c0179351_19175477.jpg

ほんと、アケボノはいいねえ・・・
c0179351_19184730.jpg

樋口山はまだまだ遠い。向こうの三角の山が樋口山です。途中のやせ尾根は危険なので、左側にまいたりしました。
c0179351_19193146.jpg

脊梁に入るたびに思うのですが、山が壊れています。これは人が入るからではなくようで、温暖化か鹿の食害かなんなのか・・・ とにかく山が坊主になっています。そしてそんな所は強風地帯で、寒かった~
c0179351_19211774.jpg

時にアセビの藪に突入しながら、樋口山を目指します。なかなかきれいな所もありますよ。
c0179351_19222537.jpg

山頂は小さな標識があるばかりです。石堂山から1時間40分ぐらいかかりました。
c0179351_19233778.jpg

お弁当を食べて、来た道を戻ります。行きと帰りではアケボノも違って見えたりして・・・
c0179351_19252436.jpg

尾根にはアケボノが多いようです。
c0179351_19255730.jpg

崖下りも慎重にクリアし登山口に戻ってきました。

さて、米良三山とは 市房山・石堂山・天包山を指すのだそうですが、市房山・石堂山は登りましたので、登ってないのは天包山だけ。登山口から天包山の登山口までは近い。それに山頂近くまで車道がある・・・ ということで、登山口まで行ってみることにしました。行けばきっと・・・ 笑 登山口で歩行時間を聞くと30分だって。では出発~!やっぱりね~ 笑
登山道は整備されていて公園のよう。山頂までずっとこの階段道。
c0179351_19342830.jpg

鉄塔が建っている山頂です。
c0179351_19345828.jpg

展望台があってそこから石堂山と右の方に小さなこぶのように見えているのが樋口山です。
c0179351_19361035.jpg

石堂山であった人もついでに天包山に登っているようです。

今宵もコテージ泊。連泊はいいねえ。楽チン。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2010-05-01 19:41 | 宮崎県の山