2010年 04月 03日 ( 1 )

春爛漫 花の道
甑岩バス停~甑岩~甑岳~遊歩道~林道~日吉青年の家~不動山~網場金比羅山~林道~日見峠~中尾峠~木場峠分岐~烽火山~巻き道~片淵運動公園
歩行距離20km 行動時間7時間20分
リバーさん ミーさん マツさん ミッセルさん pandaさん 山馬鹿さん そよかぜ

春の美しい空の日です。こんな日はどこを歩いても楽しいはず。今日は近郊の山歩き。駅前で待ち合わせてバスで移動し、甑岩のバス停から出発です。
ルート
c0179351_19564554.jpg

c0179351_19591758.jpg

甑岩の展望台から見ると、八郎山系が大きく見えます。ちょっとかすんでいるけどね。
c0179351_201227.jpg

これぞ由緒正しいスミレ。どこでもありそうでなかなかないのよねえ。
c0179351_2023293.jpg

桜もまだまだきれいで、最後の花見かなあ と言いながら歩きました。
c0179351_20356.jpg

甑岩の神社を拝観して、尾根伝いにピークを越していきます。そしてP362.5mの三角点のある所まで行ってみました。そこからは巻き道のようになっている林道を使いました。
ジロウボウエンゴサクがいっぱい咲いている所を通ったり、
c0179351_20123637.jpg

負けじと競うように咲いているムラサキケマンがあったり。
c0179351_20125691.jpg

さあこれは何でしょうか。分かるかなあ・・・ 小さな実のついたびわに袋をかぶせてあるのです。
c0179351_20131735.jpg

振り返るとさっき歩いてきた甑岩や尾根が見えていました。
c0179351_20143051.jpg

いつもはボテボテしているように見える八重の桜はきらいなのですが、この桜は可憐に見えました。
c0179351_20155227.jpg

青い空に広がる桜。最後の力を振り絞るように咲き誇っていす。また来年もお願いね。
c0179351_2017981.jpg

足元には本当に小さな小さなヒメウズの花。よ~く見ると本当にかわいい花です。
c0179351_2018288.jpg

これはニオイタチツボで、さわやか系のブルーで中の白がくっきりしています。
c0179351_20185746.jpg

キジムシロの花の黄色も目だっていましたね~。
c0179351_20193832.jpg

日に透かしてみるアケビの花は、ほんとため息が出るくらい美しい色です。。
c0179351_2045522.jpg

色とりどりの花たちに癒され、喜びを与えてもらったおかげでしょうか、軽快に歩き話の花も咲きっぱなし。
網場の金比羅山で昼食となりました。食後の甘いもとコーヒーは欠かせません。
c0179351_20232263.jpg

本当は網場に降りるつもりでしたが、帰りのバスの便を考えて日見峠方面に下ることにしました。歩く道はスミレロード。これはシロバナタチツボスミレ。
c0179351_20252267.jpg

フデリンドウもたっぷりありました。星をいっぱい散りばめたよう。
c0179351_20254980.jpg

日見峠は長崎街道の関所もあった所です。ここで今回の山旅卒業組はバス停に向かいました。お疲れ様~。修行が足りない居残り組みは更に烽火山を目指して進みました。そうそう、日見峠にあるこの神社は「石神 地震 神社」と書いてありましたが、地震ねえ・・・
c0179351_2030187.jpg

中尾峠からは矢上普賢山が桜越しに見えていました。
c0179351_20312773.jpg

最後の力を振り絞って、急登をがんばると烽火山の山頂です。ここからは港や女神大橋が見えます。
c0179351_20321953.jpg

今日もよく歩きました。気がつけば20km近くの距離を歩いていました。しかし、以前真夏に歩いた時と比べると気温が低い分楽のようです。
最後まで元気でお話の絶えない一日で、楽しかったよ~ん。
[PR]