2009年 12月 02日 ( 1 )

里山でも縦走は楽しい
左底~鳴鼓岳登山口~展望台~芝生広場~鳴鼓岳~師匠手山~滑石峠~園田トンネル上~岩屋山~下大橋  行動時間5時間30分
みつばさん そよかぜ

久しぶりに歩いてみようか。とみつばさんと話し合って、バスで左底まで移動して登山を開始しました。ほんと、このルートはずいぶん久しぶりです。特に滑石峠から園田トンネル上まではあまり歩かれてないので、注意しながら歩かなければなりません。登山口までの林道はびわの花の甘い香りに包まれていました。
c0179351_1916931.jpg


以前展望台からはスカッと気持ちのよい展望が広がっていたのですが、現在では木々が育ちイマイチです。このままでは見えなくなってしまうでしょうね。でも多良山系が見えていました。
c0179351_1915103.jpg

目を転じると、雲仙もかすかに確認できます。快晴ですが空気は澄んでいないようです。
c0179351_19171670.jpg

芝生広場にも立ち寄りましたが、ここも樹木が茂りほとんど展望はありません。山の中の盆地という感じ。ここから通り道のような鳴鼓岳を通り、烏帽子岳までの道はあまり面白くありません。そこから滑石峠までの道は一部激下り。でもロープが付いて下りやすくなりました。今は昔の滑石峠です。
c0179351_19203084.jpg

ここから園田トンネルまでが今回の要注意ポイント。目印に気をつけて、地図とコンパスを見ながら歩きました。園田トンネル上でお昼ご飯。ポカポカと暖かい日差しでした。さあ疲れた身には辛い岩屋山への登りの始まり。ところがどこから現れたのか、かわいい猫ちゃんがついてきます。「どこまでくるの?」「迷子になるよ」と猫ちゃんと会話しつつ登ると、あら不思議疲れはなし~ でもいつのまにか猫ちゃんが居なくなると、とたんに足が重い~ 
山頂では常連さんがくつろいでいらっしゃいました。私たちもコーヒーブレイク。
c0179351_19343513.jpg

帰りは自然歩道を使って下大橋まで下りました。途中ははぜがとってもきれいでした。
c0179351_19371598.jpg

派手ではないけど、里山のほのぼのとした紅葉もなかなかいいですね。
c0179351_19375629.jpg

里山の縦走でも自然林いっぱいのこのルートは面白い。また歩きたいと思います。
そうそう、山頂で声をかけてくださった女性の方、お名前を聞くのを忘れました。顔を覚えるのが苦手なそよかぜです。またお会いしたときには声をかけてくださいね。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-12-02 19:40 | 岩屋山