2009年 09月 09日 ( 1 )

多良山系 藪こぎ

黒木~うなぎて沢~笹南峰尾根~笹ヶ岳鞍部~中山越~黒木

黒木から中山越に向かう時にちょっと気になる案内標識があります。中山越→と書いてあるのですが、その方向の谷にはトラロープが張ってあります。本来道は案内標識の向かい側、谷を横断して左側に巻くようにつけてあります。でも、この標識では間違って直進する人もいるのでは・・・

で、そこをよーく見ると、踏み後があります。間違って直進したのか、故意に踏み込んだかは不明です。今日はその踏み後をたどってみることにしました。写真の黄色い線がトラロープ。水色が本来の登山道の方向。赤が踏み後のある方向です。
c0179351_1918975.jpg

炭焼き釜の跡がいくつかあります。このあたりまでは踏み後がありますが、だんだん不鮮明になってきました。それで、歩きやすい所を見つけてひたすら登りです。途中からは植林の急傾斜です。

右手に自然林の尾根がありますので、登りやすいところで尾根に取り付きました。すると、尾根には踏み後があります。結構ハッキリとした道です。最初から尾根をたどれば、道はあるのかもしれません。

この後もひたすら急傾斜を登ります。登りつめると、笹南峰の崖に当たり、それを左に巻きます。そこはケルンが所々に積んで導いてあります。利用している人が居るということなんでしょうね。まもなく笹ヶ岳の鞍部に出て、冒険終了。登り約2時間もかかりました。

赤い線が今回のルート。青い線は以前につめた谷のルートです。まだまだ楽しめる多良山系です。
c0179351_19133066.jpg

[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-09-09 21:03 | 多良山系