2009年 06月 07日 ( 1 )

九重山系 大船山 北大船山
沢水~くたみ分れ~南尾根~大船山~段原~北大船山~大戸越~奥セリ~柳水分岐~岳麓寺
行動時間7時間30分
よっちゃん 山馬鹿さん みつばさん クラッカーさん そよかぜ 

以前チラッと聞いたことがある大船山への直登ルート。それをよっちゃんが登ったと・・・ なぬなぬ・・・ これは姉の威厳を示さねば・・・ 「案内しなさい!」 素直な弟は「ハイ!」 逆らうと恐いからねえ・・・
集合は沢水に6時30分と言ってきました。こちらからだと3時には出なければなりません。またここで姉の威厳。「もっと遅くしなさい!」 「ハイ!」 へへへ・・・

となんだかんだとありましたが、登山開始。最初からシライトソウがたくさんお出迎え。
c0179351_2072997.jpg

問題の尾根へのコースに入り込むと、それはそれは美しい森でした。しかし、素晴しい急登。あえぎながら登ります。よっちゃんが写してくれた写真で美しさが伝わるでしょう。
c0179351_2093734.jpg

こんな黒岳風な所もあり、変化に富んだルートです。
c0179351_20104055.jpg

石の門もいい感じ。
c0179351_20112726.jpg

落花したツクシドウダンの絨毯です。
c0179351_2013542.jpg

緑に埋もれて森の人に・・・
c0179351_2014269.jpg

きれいな岩に張り付いた美しいミヤマキリシマ。
c0179351_201444100.jpg

このルート大好きになりました。お楽しみの木もあり、誰にも教えたくない秘密のルートにしたいほどです。
誰一人会わなかったルートから飛び出すと、山開きとミヤマキリシマ見物でごったがえす山頂です。ミヤマキリシマは大船山山頂部はまだつぼみのものもありますが、きれいです。段原は休憩中の人で賑わっていました。
c0179351_20183212.jpg

北大船山から大戸越に行く途中のオオヤマレンゲはまだまだつぼみでした。そこから見る平治岳はきれいに染まっています。しかし、行列は続くよどこまでも~ でパス。
c0179351_20202925.jpg

大戸越から奥ゼリへの道は初めてでしたが、思ったより踏み後はハッキリしていました。でも、枯木の大木にスズメバチの巣があります。羽音も聞こえていますが、そこを通らなければ前へ進めません。よっちゃんが気がついて注意してくれましたので、素早く通り抜けました。知らなければ支えに手を置いたり、ストックを置くような場所で、すぐ横を通らなければなりません。これから冬まではこのルートは使わない方がいいと思います。
男池からの道に合流し風穴で一休み。そこからも長い道のりですが、とちゅうにはエゴの花の絨毯がありました。
c0179351_2031264.jpg

人人人でごった返していた今日、静かなルートを使い、ミヤマキリシマも楽しめたなんて、なんて素晴しいことでしょう。案内してくれたよっちゃん、ありがとう!
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-06-07 19:39 | 大分県の山