2009年 04月 13日 ( 1 )

阿蘇 御竈門山~烏帽子岳縦走
御竈門山登山口~御竈門山~縦走路~うし越~尾根~烏帽子岳~草千里が浜

熊本組 2名 Iさん 馬しゃん
福岡組 8名 hirokoさん  いーさん S-tarouさん kazさん 肉まんさん
         登るタクシードライバーさん Oさん 凧さん     
長崎組 3名 山馬鹿さん pandaさん そよかぜ

凧さんの呼びかけで阿蘇の山に登ることになりました。場所は御竈門山~烏帽子岳。地図をいくら見てもこのふたつの山の縦走路はない。ピストンかな?

御竈門山の登山口に着くといきなりアソキスミレのお出迎え。
c0179351_1851556.jpg

集まった面々は顔なじみの方も居ますが、お初の方も数人。聞けば根子岳の主と言われるIさん、Iさんや凧さんとと一緒に毎週岩登りをされている登るタクシードライバーさんのそうそうたるメンバー。そして、Oさんと一度だけお会いしたことがあるいーさん。どんな登山になるのかな?

御竈門山への道はいきなりの急登。車を置いた所がすぐ下に見えます。
c0179351_188406.jpg

おまけに痩せ尾根で野焼きの後で掴まるものはなく、両サイドストンと切れています。落ちたらどこまでも~です。高所恐怖症の方には辛いね~ 誰とは言わないけど。そうでなくても風や雨のときは厳禁の登山道です。
c0179351_18114371.jpg

急登は終わっても痩せ尾根は終わらない。御竈門山は正面方向だけど、油断大敵。
c0179351_18125446.jpg

御竈門山の山頂はかなり狭いので、全員で立つことはできません。両サイドも切れています。ここで凧さんが凧揚げに挑戦しましたが、風が安定せず・・・
c0179351_181508.jpg

分岐まで戻り、ここから一般ルートではない道に突入。途中まではハッキリとしていますが、その後は登るタクシードライバーさんたちが以前たどったルートを案内してくれました。写真で見ると、右方向に尾根を進み途中から道なき道を下り、うし越に行きます。
c0179351_18184688.jpg

登山開始からずっとアソキスミレは咲き乱れ、緊張を和らげてきれました。向かう烏帽子岳がキスミレの向こうに見えています。
c0179351_18203018.jpg

踏みたくなくても踏まないと歩けないくらいです。
c0179351_18211885.jpg

先頭を行くIさんや登るタクシードライバーさんの後をしっかりついて行かなければ迷子になるというくらいの道?を下り、うし越で一休み。さあこれからが問題だそうで・・・ これまでも十分問題だったけど・・・ 写真の稜線中央部にとんがった岩が見えますが、あれを越えて行かなければならないそうで・・・
c0179351_18255528.jpg

岩が近づいてきました。Iさんや登るタクシードライバーさんが用心のためにザイルを張ってくれましたので、安全に登ることができました。感謝~!
そして山頂では馬しゃんがお出迎え~ みんなで記念撮影です。
c0179351_1830512.jpg

草千里の顔も面白い。
c0179351_18361027.jpg

山頂で昼食を食べ、下山。下る道は一般登山道。楽チンだよ~ しかし、何故か倒れる人続出。
c0179351_18354655.jpg

長崎組の人までも・・・ それを激写する方も・・・
c0179351_18361510.jpg

それは これ!
c0179351_18365959.jpg

こういうこと。
c0179351_18372058.jpg

みなさん、本当にありがとうございました。みなさんと一緒でないと行けないルートでした。
温泉に入るというみなさんとお別れして、長崎組は野草園に向かいました。ここでもいろいろな花たちに会えました。
サクラソウ
c0179351_1839208.jpg

ミチノクフクジュソウは仰烏帽子山で見るのとは違い、かなり小さい。
c0179351_18402678.jpg

ヒゴイカリソウ
c0179351_18404891.jpg

ルイヨウボタン
c0179351_18412151.jpg

シロバナエンレイソウ
c0179351_18414339.jpg

今日もまた楽しい楽しい一日でした。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2009-04-13 18:46 | 熊本県の山