2016年5月21日 愛宕山 鳳上岳

今では忘れられたような山だった

愛宕神社登山口~愛宕山 往復
大河内登山口~鳳上岳 往復

今日の第一の目的地は愛宕山だったのだけど、その前に登った岩戸山が面白く~
愛宕山は登らなくてもいいかな と思ったのですが、また来るのも大変だし~
ということで、やっぱり登ることにしました。
登山口は愛宕神社の鳥居のところ。
登山口はかなり藪にだっていました。

c0179351_20450766.jpg

参道らしいところもあります。
が~ 上に行くにしたがって不鮮明になりました。
c0179351_20445609.jpg
山頂部は平らでどこが山頂かわかりにくい。
しばし捜索して見つけました。
なんと一等三角点だったんだねえ。
c0179351_20444454.jpg

大きな岩があったりして、神社の跡かな~ と思ったりもしましたが、
それらしい痕跡はなし。
c0179351_20443355.jpg
ヤブランに覆われた山頂部は広く、地籍調査のためのピンクのリボンがあちこちついていますので、
うっかりリボンに従って進むと迷いやすい。
違う道をたどって下山しようと思いましたが、急になったので元にもどり下山しました。
c0179351_20441870.jpg

下山後見た愛宕山。左の小さな山が先日登った富士山。
この地に伝わる伝説では、味噌五郎どんが愛宕山の山頂をつまんで置いたのが富士山とか。
平らな山頂の愛宕山ですから、そうも見えるねえ。

c0179351_20423279.jpg
お次は愛宕山の北東にある鳳上岳へ向かいました。
こちらはきれいな山容です。

c0179351_20440560.jpg
登山口は尾の標識のところ。
地元の方は、三年前に登ったけど倒木が多く、道もはっきりしなかったから無理しないで と。
では行けるところまで~
c0179351_20435123.jpg
しかし、倒木は片づけられていて道もはっきりしていました。
ほどなく、展望のない山頂へ。
ここの石積みは古代人の遺跡だそうです。
がそういわれないとわかりません。
c0179351_20433470.jpg

ひっそりとした山頂でした。
c0179351_20424649.jpg

下山後地元の方が、この山は初詣の山だったそうで、神社三つをつないで登っていたそうです。

地味な二つの山でした。
愛宕山の軌跡は YAMAP で。
鳳上山の軌跡は YAMAP で。



[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-05-23 21:07 | 雲仙山系