2016年3月16日 鉢巻山 吾妻岳

地味な山頂二座
田代原~自然歩道~大平手前鉢巻山分岐~鞍部~鉢巻山~鞍部~吾妻観音~吾妻岳~田代原
歩行距離7.3km 行動時間4時間45分 標高差+-730m

雲仙の九千部岳は有名で何度も登る山ですが、そのお向かいにある吾妻岳はイマイチ人気がありません。
きっとそれは山頂が地味だからかな?
私もこの山を単独ピストンはほとんどありません。
多くは縦走ですが、時期によっては強烈な藪になっており、きれいな服はご法度。

さて、本日も例にもれず周回縦走。まずは単調な自然歩道をたどり、鉢巻山登山口まで向かいました。
地図を見るとわかりますが、ほとんど鉢巻山山頂直下まで自然歩道をたどり、
そこからトラバースして鉢巻山と吾妻岳蔵部まで行きます。
今回は登りなのであまり感じませんが、下りだと谷側に傾斜した細道は」いやなものです。

鞍部から以前よりずっとわかりやすくなった道をたどり鉢巻山へ~
かなり急な場所もあり、用心して歩きました。
鉢巻山山頂は木々に囲まれ地味な山頂です。
そこからもう少し弘法原方面に進むと岩場があり、展望がありますが今日はパス。
引き返したところにも少しばかり展望が開ける場所があります。
c0179351_09044354.jpg

鞍部から吾妻岳への登りもきつい場所もありますが、途中はきれいな森です。
c0179351_09042377.jpg

椿の花がたくさん落ちていてとてもきれいでした。
c0179351_09040860.jpg

吾妻岳への最後のあたりは毎度大藪になっていて、大変な思いをしますが、
今回は刈られていて大丈夫でした。
吾妻観音の岩場の向こうには九千部岳がどんとそびえていました。
c0179351_09035527.jpg

吾妻岳山頂 こちらも木々に囲まれて展望なし。
c0179351_09034137.jpg
吾妻岳は千々和断層の上にあります。
南側は等高線が詰まっているのがわかります。
吾妻岳からの下りはこの断層を縫うようにして降りていきますので、結構な傾斜です。

本日の軌跡
右の田代原から自然歩道をたどり、戻る感じで鞍部へ行き、鉢巻山ピストン
そして吾妻岳に行きました。
c0179351_09032792.jpg

c0179351_09030649.jpg


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-03-19 09:27 | 雲仙山系