2016年1月31日 鳥甲岳 摩利支天 五家原岳

時にはちょっとがんばって
砂防公園~大原越~鳥甲岳~摩利支天~大原越~横峰越~五家原岳~金泉寺~西野越~砂防公園
歩行距離18km 行動時間8時間

多良山系では、経ヶ岳・多良岳あたりが人気で人も多いです。山小屋もあるしね。
五家原岳は山も大きくきれいなのですが、黒木からの登路は長くきついし、
苦労して登ると山頂まで伸びている車道がありハイヒールの人がいたり、
鉄塔が林立していて展望もさえぎられており、イマイチかなあ~

本日の鳥甲岳方面はあまり展望もなく、アップダウンは繰り返すし、人気はイマイチのようです。
歩いていて人に会うことはめったにありません。笑
でも本日は久しぶりに歩くことにしました。
久しぶりだと記憶が飛んでいて新鮮で~す。これはいいのか悪いのか。
c0179351_09433723.jpg

経ヶ岳がかっこよく見えるポイント。
こちら方面では数少ない貴重な場所です。
c0179351_09432506.jpg

鳥甲岳山頂。小さな標識があるばかり~
c0179351_09431066.jpg

こちら摩利支天。漠然としていたのでちょっと調べてみました。
Marīci〕 光・かげろうの神格化。自らの姿を隠して災難を除き,利益を与えるという。
もとインドの民間信仰の神であったが,日本では武士の守り本尊とされ,
護身・富裕・勝利などを祈る摩利支天法が修される。
蓮華上に座す尺女像,猪(いのしし)に乗った三面八臂の像などがある。
c0179351_09425803.jpg

さて~ 大花山方面にGO!きれいな道ですが、急坂のアップダウンが待っています。
c0179351_09424633.jpg

横峰越からはこれまた急坂。三つの岩場を越していかなければなりません。
c0179351_09423382.jpg

ようやく五家原岳につきおやつ~
本日も銘柄は~ 笑
c0179351_09421907.jpg

ここから見ると経ヶ岳はなだらかに見えますね。
c0179351_09420685.jpg

縦走路のシャクナゲはつぼみがたくさんついている木もあり~
いいかもね。
c0179351_09415433.jpg

山小屋に立ち寄りご挨拶して、下山。
冬枯れの山は日の光に暖かそうな色になっていました。
c0179351_09414263.jpg

本日のルート 反時計回りに歩きました。
c0179351_09413209.jpg


[PR]
by yamanosoyokaze | 2016-02-04 10:26 | 多良山系