2015年11月11日 佐敷岳

津々谷の滝周辺を歩く
津々谷の滝~佐敷岳~縦走路~津々谷の滝

以前佐敷岳から津々谷の滝へ下ったことがあります。
そのきっかけとなったのは、津々谷の滝へ 書かれたと案内標識を見かけたことが発端です。
もっとも以前にも踏み跡は見ていて、これはどこに行くのかな~ と気になっていました。
その踏み跡はどこに行くのかとある人に尋ねたところ、津々谷の滝へ行くと教えてくださいました。
それで、前回は佐敷岳から下ってみたのです。
が、津々谷の滝の案内標識は、佐敷岳から乙女峠への中間地点にもついています。
どちらも難路と書いてありますので、地図とにらめっこして歩いてみることにしました。

津々谷の滝から登山開始です。一度下ってきているので、登るのはなんとかね~ 
佐敷岳からは今話題の軍艦島が見えてるけどね~ ここからは小さいね。
c0179351_20053568.jpg

山頂には山茶花の白い花が咲いていました。日を浴びてとってもきれいです。
c0179351_20054789.jpg

見上げると色づいた木々の前には椿の花もたくさん。
c0179351_20055696.jpg


椿の花って長い間咲くんだなあ…
晩春まで咲いているもんねえ。
c0179351_20060639.jpg


さて、佐敷岳から乙女峠のほうへ進み、もう一つの津々谷の滝へという標識に従い下山します。
佐敷岳へは最後が、今度は最初が藪こぎちっく。
気を付けてテープ目印を頼りに歩きました。

下ってくと昔の道らしくなってきました。
c0179351_20061691.jpg


今は通る人もない道は倒木に覆われ歩きづらくなっています。
ので、両サイドを適当に歩きました。
c0179351_20062470.jpg


さて、問題はどうやって道に出るか なんですよね~
登山開始の時も猪鹿よけの柵を抜けなければなりませんでしたが、
そこは通っていいように標識があるところでしたので良しとしても…
下山でもそんなところがあるとは限りませんから。
でも、運よく開け閉めできる場所に遭遇。
そこから一般道に出ました。20分ほど車道歩きですが、良しとしましょう。

今回もお初の道を歩けてよかったよ~

本日のルート
c0179351_20063742.jpg



[PR]