「ほっ」と。キャンペーン

2015年1月24日 歳神様の山 矢上普賢岳 行仙岳 

信仰の山だけど今はイノちゃん大暴れ
矢上普賢岳登山口~七麺大明神~歳神様の山~普賢神社~普賢岳~行仙岳~P330~矢上経ヶ岳近く林道~矢上普賢岳登山口
歩行距離7.6km 行動時間4:00 標高差+-700m

先日、松尾岳~船石岳~行仙岳~普賢岳 を縦走予定でしたが、都合により前半で終了していました。それで、本日は先日登らなかった 普賢岳 行仙岳 に行くことにしました。

今日は矢上普賢岳の登山口からスタート。大きく見えているのが普賢岳山頂方向。小さくポコンとしているのが歳神様の山。
c0179351_21275744.jpg

この山は信仰の山で、神社や石仏があちこちにあります。本日は七麺大明神にも立ち寄ってみました。
c0179351_2130022.jpg

この入口までは車がくるので、お参りに人も多いようです。こちらは白龍と金龍。
c0179351_21305750.jpg

合間からは東長崎の町も見えています。ほとんど展望のない登山道なので貴重~
c0179351_21311780.jpg

赤い鳥居が並んでいて、寄進者の名前もかいてあります。そうそう石の階段にも 奉納50段 なんて書いてある石柱がありました。
c0179351_21313839.jpg

この山は急に立ち上がっており急峻で、ずっと石の階段が続いています。最初来た時は階段がいやだなあ・・・ と思ったものでした。さて、その階段の途中に 歳神様 の案内があり、そこまで500mと書いてありました。行ったことがなかったので、寄り道~ なかなか歩きにくい道でしたが、今は切り開いた後なのでなんとか歩けました。山頂はイノちゃんの運動場になっており~ あまりいい気持ちはしませんでした。でも、このピークは麓から見た時にぽこんと見える場所です。気になっていたので、確かめることができてよかったよ~
c0179351_2135632.jpg

さて、またもやせっせと階段登り。まあ、最初から山頂まで続くのでね~ 
途中の普賢神社にも立ち寄ってみました。
c0179351_2137406.jpg

その近くには不動明王が彫ってあります。極彩色で色が付けてあるので、最初見た時はなんだかな~ と思いましたが、今ではすごいなあと。
c0179351_21382933.jpg

観音様もあります。
c0179351_21385091.jpg

以前は展望のない山頂でしたが、今は切り開かれています。それにしてもここの石仏は愛嬌のあるお顔。このお顔を見る度に、今は亡き友を思いだします。だって、よく似ているんですよね~
c0179351_21415648.jpg

こちらは虚空蔵ですが、顔はちがいますね~
c0179351_21423452.jpg

行仙岳の山頂はこれまた渋い通り道のような所。
c0179351_21432296.jpg

そこから本日は山先輩お勧めのP330方面に伸びている尾根をたどることにしました。ところどころきれいな場所もあります。
c0179351_21435227.jpg

どんどん行くと矢上経ヶ岳に行くことができます。が、先日行ったばかりなので、山頂手前の林道をたどって登山口に戻ってきました。
この山系はほとんど展望がありませんが、信仰の山でたくさんの石像があり面白い。のですが、延々と続く階段登り、猪が大暴れしている、急登り・急下りの連続 となかなか厳しい環境ですね~ 私的にはちょっと暗い感じの山かな。
本日のルート 左の軌跡が本日で、右は先日の分。
c0179351_2144499.jpg

本日のルートのグラフ
c0179351_2148306.jpg

[PR]