2014年11月23日 熊群山

スリリングな山
神楽殿~熊群神社~熊群山~林道~直野
歩行距離5.8km 行動時間3時間 標高差+518m -457m

今回の目的地は熊群山。熊群と言うからには、昔は熊さんがたくさんいたのかな?この山はメサの台地になっていて、山頂の周囲は峻嶮な崖地が多いようです。それに修験の山でもあったようですから、例にもれずそれなりの厳しい山なのでしょうね。
この神楽殿から出発。神楽殿だから、神楽が奉納されるのでしょうね。
c0179351_20590352.jpg
写真ではなだらかそうに見えますが、ここも結構な傾斜です。
c0179351_20593901.jpg
壊れかけた鳥居がありますが、そこをくぐらず右下の道を進みます。鳥居をくぐるとどこに出るのかな?
c0179351_20595636.jpg
そして、出てきました。よっちゃん曰く、壁のような石段。
c0179351_21021445.jpg
なんでも鬼が一夜にして作ったとか。ここの鬼さんもあまり設計は得意ではないようです。時には四足になったりして登って行きます。
c0179351_21023485.jpg
上を見上げると、まだまだ続く~
c0179351_21025089.jpg
熊群神社は歴史がありそうで、手の込んだ彫り物がしてありました。中でもこの彫り物にみんなびっくり。上は薄く掘られた紅葉。そして、真ん中は猫ちゃんでしょうけど、牙をむいていて化け猫風。猫が睨みつけているのはネズミ~
c0179351_21030706.jpg
そして~ 出てきました~!恐怖の崖のぼり~ 数々ある崖でも、ここのは登りにくい。特に最初は手がかりが少なく、足の置場も微妙~ 肝が冷えました~
c0179351_21032631.jpg
上から見ると~ 鎖がなかったらとても登れません。
c0179351_21035228.jpg
上を見ても~ 気が抜けない登りです。
c0179351_21042140.jpg
展望はほとんどありませんが、祠の先からは由布岳が~
c0179351_21043877.jpg
台地の上に出ると、自然林がとってもきれいで、うっとりです。
c0179351_21045660.jpg
昔はきっと日本中こんなだったんだろうなあ…
c0179351_21051459.jpg
肝心の熊群山山頂はというと、台地の中でも特に地味な場所に~ 展望なし。
c0179351_21054943.jpg
帰りはあの崖は降りたくないねえ~ とかなんとか話していると、山先輩が気持ちよさそうな道を発見。そのまま進んでみることにしました。そこもとってもきれい。
c0179351_21061002.jpg
開けたところからは、黒岳・大船山・花牟礼山が見えます。こちらから見ることはあまりないので~
c0179351_21062799.jpg
メサの台地なので、こういう岩壁が連続しています。
c0179351_21065328.jpg
秋の美しい彩の中の林道歩きは気持ちいい。
c0179351_21070607.jpg
里に下りると柿の実がとってもきれいでした。
c0179351_21072383.jpg
故あって下で待機していたパパさんにお迎えに来てもらって、登山口に帰ってきました。
おかげさまでした~
思いがけず、縦走できてラッキーは山登りでした。縦走路はお隣の時山に続いているそうです。
本日のルート
c0179351_20582728.jpg
グラフ
c0179351_20592325.jpg
下山後は国東半島の両子山へ向かいました。

[PR]
by yamanosoyokaze | 2014-11-25 21:49 | 大分県の山