2014年5月19~23日 ②佐渡金北山縦走 

こんな場所もあったのね~
アオネバ登山口~落合~ユブ~アオネバ十字路~マトネ~金北山~防衛省管理道路~白雲台
歩行距離13.7km 行動時間7:35 標高差+1404m -826m

この山の素晴らしさをどう表現したらいいのだろう・・・
佐渡の最高峰金北山1172.1mの山。昔はただの北山と呼ばれていたそうですが、この地で金が見つかったので、頭に金をつけて金北山と呼ぶようになったのだそうです。
佐渡島は3000万年前、つまり日本列島が形作られたころ海底から隆起し、まず南側の小佐渡山地が形づくられ、続いて北側の大佐渡産地が隆起しました。二つは海で隔てられていましたが、間の海峡も徐々に隆起し、二つの山地はやがてつながり、今の佐渡島になったと言われています。
c0179351_19305495.jpg

佐渡島は独立した形で隆起したために、日本列島と陸続きになったことがなく、熊・猪・猿・鹿が住んでいません。そうです! 今大問題になっている猪・鹿の食害と無縁の地なのです。だから、豊かな植生が守られ、今や日本にはこのような花の山はないとまで言われています。

そしてその山に一歩踏み入れると~ 花花花花花・・・
九州ではオドリコソウの白花はあまりありませんが、こちらは白だらけ。
c0179351_19361539.jpg

コンロンソウもいっぱい。
c0179351_19372359.jpg

ギンランもね。
c0179351_19374673.jpg

と言う風に、最初から花だらけなのですが、登山口になったアオネバの谷は緑の美しさも素晴らしい。
c0179351_19385225.jpg

まるでジャングルに来たような気さえします。
c0179351_19393132.jpg

イチリンソウ・ニリンソウ・・・ いっぱい。
c0179351_1940721.jpg

緑もますます美しく。
c0179351_194103.jpg

そして出てきました。シラネアオイ!
c0179351_19412462.jpg

歓喜の声がこだましますが、それは序章にしかすぎませんでした。そこからゴールするまでお腹いっぱいシラネアオイを見ることができたのですから。
c0179351_19431257.jpg

道はシラネアオイロード。
c0179351_19434864.jpg

どこまでもどこまでも~
c0179351_19442223.jpg

そうそう、なぜアオネバなんて不思議な名前が付いたかと言うと、この土があるためです。つまり青い粘土質の土が露出しているからです。なあるほど。
c0179351_19465543.jpg

こちらにはエゾエンゴサクが咲いていますが、ジロボウやヤマエンゴサクと比べると、大きくて色が鮮やかで背が高い。
c0179351_19482966.jpg

サンカヨウやチゴユリやエンレイソウやザゼンソウもいっぱい。
c0179351_1949515.jpg

そしてオオミスミソウも咲いていました。色はいろいろ。
c0179351_19493993.jpg

キクザキイチゲもいろいろな色がありました。
c0179351_19501759.jpg

これはヒメイチゲかな。
c0179351_19545145.jpg

フッキソウもたくさん見かけました。
c0179351_2042663.jpg

そしてまたここはスミレロードでもありました。様々なスミレが咲いていました。これはスミレサイシン。
c0179351_2052538.jpg

木の花もあります。タムシバも花盛り。それに桜も数種類。
c0179351_2061253.jpg

シラネアオイとともに驚くべき群生を見せたのはカタクリ。葉っぱに斑点がなく、花は大きく、花弁は太い。本当に花! って感じ。
c0179351_2084464.jpg

これまた縦走路にずっと咲いていました。
c0179351_2092756.jpg

花ばっかり書いてしまいましたが、景色もきれいですよ~
c0179351_20102020.jpg

まだまだ雪がたくさん残っています。
c0179351_20104765.jpg

金北山を見ると、あんなところを登山者が登っています。お~ 大丈夫かな?
c0179351_20114216.jpg

そこに近づくまでも雪に埋もれた道を歩かなければなりませんでした。
c0179351_20122333.jpg

そして壁のような雪渓登り。本日は雪は柔らかくアイゼンなしでも大丈夫でしたが、固いとかなり苦戦することでしょう。げんに滑落する人もいるそうです。固かったらピッケルが欲しくなるとか。登って後から来る人を写しました。本当にこんな感じ。
c0179351_20133953.jpg

少しゆるんでも油断は禁物。落ちると止まりません。
c0179351_2016917.jpg

最後まで気を抜かないで!
c0179351_20163877.jpg

それからも案外危なかしい雪の道。
c0179351_20173648.jpg

やっと金北山山頂です。
c0179351_2018379.jpg

後は防衛庁道路をせっせと歩きました。きれいなブナの森があったり、カタクリやチゴユリやアマナも道の傍にいっぱいです。
c0179351_20194214.jpg

もちろんシラネアオイも惜しげもなく咲いていました。
c0179351_20201420.jpg

白雲台に着き、予約制のライナーバスに乗ります。その間最後のご褒美は~ なんと田部井さんご夫婦に遭遇~! 素敵!
c0179351_20213249.jpg

今日も両津の宿に泊まり、明日は観光です。

本日のルート
c0179351_2155780.jpg

グラフ
c0179351_2161724.jpg






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2014-05-26 21:06 | 佐渡 赤城山