2014年5月2~4日 平家山 国見岳 五勇山 烏帽子岳 京丈山

春の遠征② 平家山
一日目 とのぞ橋~平家山登山口~平家山~後平家山 テント泊
行動時間2時間50分 歩行距離3.5km 標高差+720m -31m

さてさて~ 今回も、嬉し・恐ろしの連休の山旅がやってまいりました。毎度このメンバーでの山旅は私にとっては過激であります。よくぞまあ・・・ と後になって振り返ると思うことの多い山旅になるのです。
さて、今回一つの目的ははっきりしているのですが、後はオプションです。つまりオプションを選択するのは自由なのですが~ でも、きっとね~ の心であります。

さあて~ 一台を二本杉峠にデポして、一台で平家山登山口近くへ行き、ここから登山開始です。ここは昨年平家山~南平家山を周回した時に使った登山口ですが~記憶喪失。笑
本日はテント泊縦走なので、荷物が重い! 歩けるのかな・・・ カメラを向けると何故か手足が動くよっちゃん。この時はまだ元気だねえ~ みんな。
c0179351_13102788.jpg

ほとんど登り一辺倒の道を、重い荷物にあえぎながら歩きました。荷物で歩きは全然違うもんねえ。ここは懐かしの平家山。標識がなかったらただの通り道みたいな山頂です。
c0179351_13121598.jpg

国見岳に向かって歩くと美しい場所が次々に現れます。
c0179351_13133725.jpg

稜線の適当な所にテントを張りました。
c0179351_13141094.jpg

さて、今回の山行の大きな目的は水場探しです。なぜなら、この山系を縦走するときに一番困るのが水の確保だからです。以前目丸山方面から国見岳に向かって2泊3日でテント泊縦走をしたことがありました。その時は水場が国見岳の力水にあることしかしりませんでしたので、2日分の水を担いで歩いたのですが、途中で水が乏しくなり、力水までの数時間は渇水状態でした。
ので、この縦走路に水場があれば快適に歩けるのに・・・ これは思い違い。水があってもテント泊縦走が快適なはずはない。重い!笑 ・・・ と思ったからです。
それで地形図を見て、これぞと思われる所に水場を探しに行くことにしていました。それぞれの思い描いている場所は微妙に違っていますが、探せばどこかに水はある の心~ ではありますが、そんなに簡単に水場が見つかるはずはないだろうなあ・・・ でもしかし、見つけたのでありますよ~ お~!! あった~!! それもはっきりした流れ。枯れることはなさそうに見えました。
c0179351_13471690.jpg

これで安心して縦走できるというものです。そして谷を散策。きれいだなあ~
c0179351_141222.jpg

ワチガイソウが所狭しと咲いています。
c0179351_1415033.jpg

ニリンソウもかわいい。
c0179351_1422816.jpg

その後さらに第二の水場も発見。
水もたっぷり汲んで、心おきなく水を使ってお茶も飲めます。ありがたいありがたい。で、今日のメニューはおなじみのすき焼き~ 完食!
c0179351_1404014.jpg

本日の飲み物はワインに焼酎。いつものパターンであっという間にあちらの世界に行かれた方もおりました~
夕日が美しい。
c0179351_1443919.jpg

ブナの林もゆっくりと暮れていきました。
c0179351_1452168.jpg

あまりにも簡単に水場が見つかってしまい、明日は何をするのかな~ 一抹の不安を覚えつつ・・・ おやすみなさい。
本日のルート
c0179351_1415223.jpg

グラフ
c0179351_14152170.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2014-05-05 14:06 | 熊本県の山