2014年1月2日 霧島山系 矢岳

今年の登り始め
さて、毎年年末か年始には暖かい南国への山旅を企画しています。しかし、大きな山は行ったことがあるところが多く、面白そうな低山もなかなか見つからなくなってきました。そんな時に、九州百名山地図帳を見ていると、登ったことない山が見つかりました。それは、霧島山系の矢岳・徳蘇山系の花切山・高隅山系の御岳でした。その山系の山には行ったことがありますが、上記の山は未踏です。それでこの山に登ることになりました。

2日 長崎=高原=皇子原登山口~矢岳~竜王岳~炭化木の谷~皇子原登山口=高原=清武=宿
3日 宿=丸野駐車場=椿山キャンプ場~尾根コース~花切山~赤松展望所~平成登山道~加江田渓谷~丸野駐車場=大崎 宿
4日 宿=鉄塔下登山口~鉄塔~御岳~小箆柄山~大箆柄山~御岳~鉄塔下登山口=垂水温泉=隼人西=長崎

地図で見ると星の場所が登山したところ
c0179351_161435.jpg

皇子原登山口~矢岳~竜王岳~炭化木の谷~皇子原登山口
歩行距離7.3km 行動時間4時間50分 標高差+-850
今日は矢岳に登ります。今までは県別の山の本にも掲載されてないような山でした。それなのに、突然の九州百名山抜擢。笑 私としては新しい山を知るには嬉しいことですが・・・
素敵な名前の皇子原に登山口はあります。ここは天孫降臨の地でありますので、そこここにそういう場所があるみたいです。さあ、ここから出発。
c0179351_1653631.jpg

最初はのんびりゆったりの道でしたが、突然激下り~
c0179351_1661074.jpg

谷底はいかにも溶岩だったというような岩がゴロゴロ。
c0179351_167087.jpg

そこから登り返し~ 結構な急坂ですが、気持ちのいい所です。
c0179351_1674712.jpg

時期であればミカエリソウの大群落の中を歩き矢岳山頂へ。
c0179351_1684048.jpg

韓国岳が白く見えています。
c0179351_1692877.jpg

ついでに竜王山まで足を延ばすことにしました。途中に周回路としてとられている下山道がありました。山頂は地味かな~
c0179351_1694965.jpg

その後、どうする~? そのまま下る~? と言っていましたが、炭化木の谷に下ってみることにしました。わかりにくい道をどんどん下っていきます。
c0179351_16122655.jpg

そして谷底に行くと、ありました~
c0179351_16131691.jpg

あちこちにありました。貴重な標本だそうです。
c0179351_1613499.jpg

新燃岳の噴火の時の火砕流でできたそうです。
c0179351_16143723.jpg

見学の後は登山口へ向けてGO! でもどこでも歩けそうな場所で、地図とコンパスで適当に歩きました。
c0179351_16153540.jpg

新年早々藪漕ぎするつもりじゃなかったんだけどねえ・・・ のGPS軌跡を見るともっと先に登山道があるのですが、近道したのが運のつきで。笑 最後はめでたく登山道に合流。
c0179351_1616949.jpg

本日のルート 一部正規のルートではありませんのであまり参考になさらないように。
c0179351_16173715.jpg

グラフ
c0179351_1618284.jpg

今日は宮崎の清武温泉に宿泊です。






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2014-01-05 16:20 | 宮崎県の山