2013年11月23日 大金峰 小金峰

ぶらり一人旅② この山の選ばれたわけ

大金峰登山口~大金峰~小金峰 往復

特に九州百名山制覇を目指していたわけではないけど、登っているうちに記載されている多くの山を登ってしまったようです。それはやっぱり山を選ぶ時の指標となっていたからだと思います。選ばれたからにはいい山なんだろうとね。

九州百名山は今までに3回出版されていますが、そのたびに多くの山が入れ替わっています。記載されている山で一番登ってないのは初版の山で、10座ぐらい残っています。新版として出されたのでは、後3座。百名山地図帳では6座。けっこう登っていますねえ。

この三つの本で一度も外れてない山は、いい山ということでしょうねえ。一度も外れてないのに、登ったことのない山があります。登ったことのある人の評判があまり良くないので近くに行っても食指が動かなかったし、それに国道とは言いながら、離合困難で工事車両の通行も多い二本杉までの道も走りたくないなあと思っていました。

しかし、3度も選ばれているこの山にはそれなりの理由があるのでしょうから、自分の足と目で確かめようと思いました。平日は工事車両が多いので、休みの日に出かけることにしました。

さて、高千穂の宿のこれまた美味しい朝食をたっぷりいただき、雲海の出ている街を見ながら出発です。霜がびっちり降りていました。
c0179351_20202793.jpg

登山口までは2時間あまりのドライブ。車の少ない時間帯で軽快に走りました。問題の二本杉までの道も、対向車も少なくなんとか無事に登山口までやってきました。ホッとするねえ~ 登山口には3台の先客さん。さあ、出発。
c0179351_2023548.jpg

登るにつれてだんだん雪が出てきました。雪歩きになるなんて思いもしなったなあ~
c0179351_202345100.jpg

たいした登りもなく、展望もなく、大金峰の山頂に着きました。山頂も展望なし。雪だるまが笑って待っていました。
c0179351_20245897.jpg

そこから小金峰までの道もアップダウンの少ない道ですが、植林が多く、展望もなく、おまり楽しいとは言えません。道は雪。
c0179351_20262383.jpg

ところどころにカラマツがあって、色づいてきれいでした。
c0179351_20265966.jpg

一番きついのは小金峰への10分の登り。山頂は狭いけど、白くなった国見山が見えました。
c0179351_20284175.jpg

山頂で、宮崎と熊本からの先客さんとしばし歓談。さっさと下山するつもりでしたが、のんびり話し込んで帰りも一緒のゆっくり歩きになりました。
3人で、この山は一度でいいかもねえ~ と。正直な感想としては、その通りで、ただ長いだけのあまり楽しい登山道ではありませんでした。なぜ選んだのかよく分らないので、選定理由を書いてほしいなあ。歴史的な理由とか、昔の登山道が良かったとかねえ。
本日のルート
c0179351_20342053.jpg

グラフ
c0179351_20344510.jpg

下山後は3333段の日本一の石段にでも行こうかなあ~ と思っていましたが、おじ様達とのんびり過ごしたので時間がおしてきました。
それにあの国道と言えば、登山者を乗せた大きなバスの後ろについてしまったので、殿さま運転。つまり離合の度にバスの登山者が降りてきて、対向車をバックさせるのです。しかし、時間が時間だけに対向車は次々に現れ、その方たちは走って先に行き、対向車をバックさせる始末。あの国道の三分の二ぐらいは走り回っていらっしゃいました。ご苦労様。後ろについた私は楽ちんではありますが、いつ着くともしれず・・・ 後ろをみれば延々と車の行列。
残り三分の一ぐらいのところでようやくバスがかわしてくれました。というか、そこまではかわす場所もなかったけどね。
さて~ 解放されてその後は気持ちよく走りました。でもすっかり時間が遅くなり、石段はパス。
今宵は大津のビジネスホテルに宿がとれました。連休なのでもぐりこめただけラッキー。

明日はここから移動して、外輪山の山を登る予定です。






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-11-26 20:50 | 熊本県の山