2013年8月18~19日 祇園山 揺岳 黒岳

キレンゲショウマに会いに

キレンゲショウマ この花も真夏に咲く花です。あのレモン色のぽってりした花はとてもきれいだと思います。以前は九州山地のあちこちに自生していたそうですが、今は鹿の食害に遭い、保護地以外はほとんど絶滅状態です。
さて今回は日本最大の自生地と言われてい自生地を、諸塚村の エコツアー 「黒岳登山とキレンゲショウマ観察会」 に参加して見に行くことにしました。この自生地は年に一週間しか解放しておらず、このツアーでのみ見ることができます。予約制で参加費は2000円。ガイド・お弁当・夏野菜のおやつ・保険料が含まれています。
しかし、諸塚村までは長崎から遠い。6時間もかかります。よって、前泊して参加することにしました。

18日 長崎=松橋IC=五ヶ瀬町=大石峠~祇園山~大石峠~揺岳~大石峠=六峰街道=諸塚村 泊
19日 諸塚村=登山口~黒岳~登山口=諸塚村=椎葉=馬見原=高森=益城熊本IC=長崎

前日はどこに行こうかな~ と調べていました。しかし、実際には同行の方が登ったことがないと言う、祇園山&揺岳に行くことにしました。途中白滝見学。
c0179351_10584899.jpg

今日の二つの山は登ったことがありますが、あまり記憶にありません。急登が続いていたような気がしますが~ でも短いので大丈夫。山頂は以前より切り開かれており、展望有~
c0179351_1104935.jpg

看板も飛ばされて、壊れていましたが見つけ出してパチリ。
c0179351_1113180.jpg

やっぱり山は涼しいね~ 気温は23度。下界とは全然違います。以前は尾根越しにずっと歩いたような気がしますが、巻道もできていました。帰りは尾根道へ~
c0179351_1134440.jpg

峠まで戻り、今度は揺岳へ。ここはタラタラ長かったと言うイメージがありましたが、本当はタラタラではなく、急登です。記憶とはあいまいなもので~
c0179351_1152899.jpg

山頂は通り道のような場所で~ でも六峰街道方面が見えていました。
c0179351_117229.jpg

大石峠に戻り、諸塚村を目指しますが・・・ どう行ったらいいんだろう・・・ セオリー通りなら五ヶ瀬に戻り、椎葉を通り諸塚に入るのでしょうが・・・ この大石峠までの道もグニャグニャで狭かったので、戻りたくないという気持ちもあり・・・ 国道503号線はとんでもない道という情報もあり・・・ で、六峰街道を利用して諸塚に入るをチョイスしたのですが、この選択はよかったのかどうか~ 諸塚村に着いた頃、運転手さんはヨレヨレになっていたことは間違いありません。笑

今日のお泊りは、諸塚村の民宿 樹の里 さん。きれいでお食事もとっても美味しくおすすめです。

さて~ 翌日 しいたけの館 に集合しました。今日の参加者は11人です。ガイドさんと観光協会の若者3人も同行です。黒岳の名前は知っていましたが、登るのは初めてでとても楽しみでした。
見上げると岩峰がそそり立っています、チャートと言われる岩で、ここも霧立と同じ四万十層だそうです。
c0179351_11182141.jpg

黒岳への道は思っていたよりずっと自然が美しく、綺麗でした。
c0179351_11203787.jpg

岩峰にも登ったりして。
c0179351_1121321.jpg

山頂は片側から展望あり~
c0179351_11233282.jpg

この山は秋もよさそうですね。
さて、いろいろな植物もありましたよ~ イケマ。
c0179351_11242781.jpg

ジョコウソウ
c0179351_11274154.jpg

ヒナノウスツボ 今回のようにたくさんの株を見たのは初めて。
c0179351_1128234.jpg

そしてもちろんキレンゲショウマ
c0179351_11284971.jpg

きれいですね~ いっぱい。
c0179351_1129574.jpg


初めて行った諸塚村は長崎からはとっても遠い。でも本当に心温まる接待を受けて、大好きな所になりそうです。また行きたいな~





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-08-21 11:31 | 宮崎県の山