2013年6月12日 佐世保~佐々

梅雨の合間を縫って
佐世保~眼鏡石~左石~中里宿~半坂峠~佐々
歩行距離18km 行動時間5時間30分

いろいろあって、忙しさに取り紛れてぼーっとしていたら、明日は街道歩きと言うことが判明。あれ~何も準備してないぞ~ 慌ててメールしたり、地図を用意したり。まったく予備知識なしで歩くことになりました。大丈夫かいなあ・・・

さて、梅雨とはいいながら日差しもあます。でも暑いぞ~!それでも前回歩き終えた佐世保市の体育館前から出発。いきなり道が消失しているところもあり~ こそこそ歩く怪しい面々でした。
このお寺の門は新しいのですが、とっても立派。こうしてみると 中国の影響を受けている と感じますねえ。
c0179351_1282178.jpg

街道らしい町並みを歩くと竹細工のお店が、先輩の方が仕事をしていました。今ではとても懐かしい光景。
c0179351_1295996.jpg

街道らしい微妙に曲がった道。
c0179351_12102795.jpg

松浦鉄道越しにピョコンと盛り上がった場所が見えます。以前名前を聞いたように思いますが・・・ あとで前岳だとわかりました。でもなんかもっと別の名前だったような・・・???
c0179351_12121929.jpg

平戸街道は標識が整備されていて、それをたどればいいようです。でもそれはおすすめのコースと言うことではあるようですが。道は時代とともに変遷していますから。ここは現在位置の丸印がある場所で、俵一里塚なのですが・・・ どこ? と思っていると頭の上に石碑が!こりゃあわからん。
c0179351_1215834.jpg

お~ 佐世保狛の飾りが! タクさんはこれで子どもの頃遊んでいたそうです。なんでも駒を投げつけて遊ぶのだそうで・・・ 男の子のおもちゃだねえ、これは。
c0179351_12182654.jpg

この煉瓦の建物は、水圧を調整するために使われていたそうです。おしゃれな感じ。
c0179351_1230339.jpg

ちょっと寄り道で、眼鏡岩にも行ってみました。初めて見ましたが、大きいですね。絵図で見るともっと真ん丸だったようですが、だんだん崩れていっているのかもしれません。
c0179351_12272056.jpg

裏から見るとこんな感じ。大昔、波でえぐられて穴が開き、隆起して現在の形になったとか。今はやりのパワースポットになっているようです。
c0179351_12283326.jpg

こちらは左石といわれる石。平戸から歩いてくると左に大きな岩があったからだそうです。でも今は削られてその面影はありません。地名にもなり、目印となるような大きさだったんでしょうけど。
c0179351_123333.jpg

今日の街道歩きは、紫陽花の花があちこちでとってもきれいでした。こんなにたくさんの種類の紫陽花があるんだなあ と見とれながら歩きました。
c0179351_12341494.jpg

あじさいに見とれていたからでしょうか、いつの間にか違う道へ・・・ これは国道にあるオランダ街道の標識。平戸まで35km。長崎まで76km。と書いてあります。
c0179351_1236106.jpg

ここら辺で通り雨がザーッと降ってきて、あわててローソンで雨宿り。軒下に座り込み、ランチタイム。ちょっぴり浮浪者になったような気分。笑 
お腹ものども潤って、余裕で地図を見るとなんか??? どうやら街道を外れていたようで、引き返しようやっと街道に戻りました。どうしてもっと平地を歩かなかったんだろうと思っていましたが、昔は湿地帯だったそうでそこを避けて高台を歩いていたようです。お疲れ様。笑
平戸街道の一里塚は、だいたい一里 と言う場所に作ってありますが、最近作られたもので、あまりありがたみはないですねえ。
c0179351_1240448.jpg

こちらはご主人様を守って、蛇に殺されたという忠犬の墓。手前の二段に積まれた石がそうです。奥にはわんちゃんのための観音堂もあります。よちよち歩きの赤ちゃんにさえおびえて、私の後ろに隠れる我が家のワンコに拝ませたいものです。
c0179351_12462174.jpg

全面ツタに覆われた家。スタジオジブリなら背景に使えそう。
c0179351_12471731.jpg

相浦の中里宿にやってきました。ここは重要な宿場だったそうです。
c0179351_1248484.jpg

本陣跡はいまは魚屋さん。
c0179351_12483173.jpg

この飾り瓦は、菊とハスかな。
c0179351_12492383.jpg

相浦富士がきれいです。昔は相神浦松浦氏の山城があったそうです。
c0179351_12504269.jpg

このバス停の名前は嘘越。嘘・越?なんじゃらほい。
c0179351_13213668.jpg

と思っていましたが、ここから街道は半坂と呼ばれる難所を登っていきます。とはいえあそこまでかな・・・
c0179351_12522836.jpg

と思っていたら、道は曲がりさらに登る・・・ そのたびに うそ~! 影もない急坂を、何度もうそ~! と叫びながら登りました。それで嘘越? あと半分!と言ったから半坂? 振り返ると景色はきれいではあるのですが。
c0179351_1334623.jpg

調べたら 埴坂がなまって半坂になったようで、滑りやすい赤土の急坂の意味だそうです。ここはまた相神浦松浦氏と平戸松浦氏の合戦の場所だったそうです。
さて~ 何度も うそ~! と叫びつつ、コース最大の難所である半坂峠に登りあがりました。ここには駕籠立場がありました。駕籠に乗っている人はいいとして、担いでいる人は休まんば身が持たんよ。ほんと。
c0179351_1375052.jpg

ここからは急坂の下り、どちらから歩いたとしてもきつい場所ですねえ。そして口石一里塚跡にやってきました。以前は塚の高さは1mぐらいあったそうです。
c0179351_1310127.jpg

汗ダラダラで歩いてきたので、頭の中は かき氷 アイスクリーム 冷たい飲み物 であります。当然茶店に飛び込み、クーリッシュをなめなめしながら本日のゴールとなりました。

同行のみなさま、お疲れ様でした。
本日のルート
c0179351_1314882.jpg


あ~ 暑かった。来週水曜日は 佐々~江迎 を歩く予定です。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-06-13 13:14 | 平戸街道