2013年5月3~5日 大崩山山系 地蔵岳

大崩山系への山旅① 地蔵岳 迂闊に入ってはいけない山

さて~ 近頃恒例のゴールデンウィークの同じメンバーでの山旅がやってまいりました。

2012年 夏木山 七年山~桑原山           テント泊
2011年 可愛岳 木山内岳~桑原山          バンガロー泊 
2010年 揺木岳~越敷岳 杉ヶ越~傾山~払鳥屋 民宿泊
2009年 国見岳~高岳~三方山~天主山      テント泊縦走

それぞれにハードで思い出深い山行の数々。そして今回も予期せずして上記に勝るとも劣らない山行になってしまいました。

まあまあ、その顛末はボチボチ書いていきますが、だいたい事の起こりはこの初日にあったのです。そして残りの二日間はこの疲れを引きずって過ごすことになったのです。

5月3日 地蔵岳
地蔵岳南側登山口~地蔵岳~北側登山口
歩行距離6.7km 行動時間4時間20分 標高差+-661m


地蔵岳・・・? 知らんねえ。が最初の気持ち。もちろん地蔵岳はあちこちにあり、九州百名山に選ばれている地蔵岳は登ったことがありますが、大崩山系の地蔵岳の存在は全然知りませんでした。明日、ダキ山の縦走を予定しているし、長崎から鹿川までは5~6時間の移動になるので、前座として軽く登っておこうということになっていました。それで山馬鹿さんが推薦したのが、地蔵岳でした。

地図を見ると、なるほど! 鹿川から近いし、登山時間も短いようです。まあちょっと頑張ればなんとかなるでしょう。と、気楽に考えていました。

さて~、長崎を5時に出て、青雲橋でよっちゃんと待ち合わせして、鹿川キャンプ場に入りました。荷物を降ろして、登山の用意をして地蔵岳に向けて出発。山馬鹿さんが調べた登山口は、宇土内谷の大崩登山口すぐそばのはずだったのですが、それよりずっと手前に下記のような立派な看板がありました。
c0179351_14251210.jpg

山馬鹿さんは登山口があまりにも違っているので、ちょっと戸惑っているようでしたが、そこはいつものこのメンバーですから、いけるっちゃ。こんな立派な看板はあるもん。ということで、ここから出発することになりました。
しかしであります。この登山道は開拓してまだ日数が経ってないようで、足元不安定&急斜面。最初からおっかなびっくりの木の根をつかむ登りとなりました。
c0179351_1429338.jpg

延々と不安定な登りが続きます。
c0179351_14314615.jpg

あれが地蔵様に見えるから地蔵岳やろうかあ?
c0179351_14323384.jpg

と、ちょっと開けると景色を見たりしますが、登山道の角度はこんな感じ。
c0179351_14344724.jpg

お~ 気持ちのいい岩の上に出てきましたよ~ でも下はストンと切れています。束の間の爽快感に包まれるメンバーでありました。
c0179351_1437791.jpg

さっき見た岩も地蔵様のようだったけど、こちらの岩はもっとすごいかな。
c0179351_14381441.jpg

それからも難所は続く。
c0179351_14384489.jpg

気を抜いてはいけません。
c0179351_14391441.jpg

そして、思いがけず地蔵岳南峰と書かれた標識のところにたどり着きました。
c0179351_14402084.jpg

しかし、ここから先は道が判然としなくなってきました。みんでキョロキョロして歩けそうな所を見つけて登ります。
c0179351_14493844.jpg

だんだん不鮮明になってくる道に、もしかしてこの登山道は南峰までの道だったのかなあ。と、一抹の不安がよぎる面々でした。
そして、先ほどの展望のいい岩場の写真中央の岩壁に突き当たってしまいました。いよいよ道がない・・・ この岩壁を登るなんてできない。しかし、来た道を戻りたくない、何としても登らねば。
c0179351_1526844.jpg

ちょっと捜索して、道らしい跡を見つけて攀じることになりました。
c0179351_14511970.jpg

ひとつクリアしてはもう一つ。の繰り返し。こんな刀剣のような岩もあったりして。
c0179351_14521389.jpg

下には鹿川の集落が濃い緑の中に見えていました。
c0179351_14525433.jpg

アケボノちゃんやミツバさんもあり、ちょっとほっとさせてくれます。
c0179351_14535010.jpg

強烈な登りの後は、スズタケのトンネル。稜線に出ると鹿納坊主がピョッコリ見えていました。
c0179351_14561117.jpg

地蔵岳山頂はこんなところ~ 標識なし。前はあったのでしょうけどね。
c0179351_14584545.jpg

そして明日行くはずのダキ山が見えていました。あちらもすごい登りらしいけど・・・
c0179351_14594453.jpg

帰りは当初予定していた北側の登山口に降りることにしました。というか登ってきた道は降りたくないの心。この下山に使った道も最初はスズタケのトンネルで、急坂だし、植林もあったりしてあまり楽しい道ではありません。が、難所は一つだけ。
c0179351_1531955.jpg

Vの字にザイルを頼りに岩壁を降ります。
c0179351_15314818.jpg

ちょっと気を使う場所でした。
c0179351_1534774.jpg

どうにかこうにか生きて林道に到着。よかったよ~
c0179351_15324825.jpg


この周回コース、特に登りに使った南側のコースは、初心者は入ってはいけないと思いました。初心者でなくても、滑落・転落・踏み抜き・道迷いもあると思います。このルートを作った方もそうとう通って開かれたんだろうねえ、と話した面々でした。
地図を見るとわかりますが、岩壁に囲まれた山で、岩壁の弱点をついて登山道が付けられていますが、地形図だけでは読み取ることが難しいと思いました。

さて、キャンプ場に着き、テントを張り、五右衛門風呂に入り、馬肉ステーキで乾杯。話すのはもちろん今日の登山道の厳しさでした。
酔い酔いの夜は、何をしたかを思いだせない方もでたりして~ でも今日の疲れで瞬く間に目は閉じ・・・ おやすみなさい。

本日のルート
c0179351_15415856.jpg

グラフ
c0179351_15421659.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-05-06 15:47 | 宮崎県の山