2013年4月27~29日 中国地方の山 比婆連峰

中国地方の山旅② 比婆連峰
広島県民の森~出雲峠~烏帽子山~比婆山・御陵~立烏帽子山~展望園地~県民の森
歩行距離12.1km  行動時間5時間40分 標高差+-928

朝から島根県仁多郡の斐乃上荘から38km移動して、広島県民の森にやってきました。ここは比婆連峰がぐるりとまわりを取り囲んでいます。

この場所に来るのは3度目。一度はここがヒババレーと呼ばれていたころで、スキーにきました。そのころは ヒバゴン という怪物が住んでいるという話題がちまたに残っている頃でした。スキーバスで早朝到着したのですが、ずいぶん山深いところだなあ と思いました。

次に来たのは、5~6年前でしょうか。冬山体験できたのですが、ずんずんと降り積もる雪に、振り返ると足跡が消えていて、こういう時に道迷いするんだな と思いました。翌日車は完璧に氷の壁に取り囲まれており、脱出するにはショベルカーのお世話にならなければなりませんでした。

というわけで、過去二回は真冬で、来たとはいえ山の様子はほとんどわかりませんでした。で、今回は春の比婆山系を歩くわけで、お初状態です。

さて~ 県民の森はすでに比婆山6合目。
c0179351_2041699.jpg

いやあ~ ここも本当に素敵な森です。
c0179351_205919.jpg

エンレイソウも咲いています。
c0179351_2053814.jpg

休憩小屋がある出雲峠を通り、まずは烏帽子山までやってきました。冬山の時もここまでラッセルをしてきました。吹雪状態だったし、雪も深くてただ山頂としか分からなかったんですよね~ その時は。でも今回は雪はありませんから、いろいろわかりますねえ。こちらは条溝石。
c0179351_2082687.jpg

さすが伝説の地です。
c0179351_2083987.jpg

ちゃんと御陵を差しています。
c0179351_2010423.jpg

そして烏帽子山のいわれとなった烏帽子岩。前回はこの岩の存在も知りませんでした。
c0179351_20105595.jpg

展望良好。でも山の名前は聞かないで~
c0179351_20111347.jpg

御陵に向かう道にもショウジョウバカマがたくさん咲いていました。こちらの物はこの色が多いようです。
c0179351_20115611.jpg

さて比婆山頂です。立ち入りを禁止された場所が御陵です。
c0179351_20132976.jpg

云われは。
c0179351_2014116.jpg

私としては早く立ち去りたい場所でした。ゾワゾワとするものがありました。早く出発したい。ここでお弁当なんてとんでもない。でもほかの人はなんともないというから・・・?
さて、太鼓岩にも立ち寄ってみました。確かにたたくとドンドンと響きます。けど、この岩を見つけた人がえらいねえ。
c0179351_20211021.jpg

こちらは産子岩。だいたいこういう岩の割れ目には何かしら名前がついているみたい。
c0179351_2022177.jpg

そして、ここからがこの山の素晴らしさを体験できるところです。ブナの純林。素晴らしい~
c0179351_20232396.jpg

ここのブナは日本海側のブナと太平洋側のブナが混在しています。九州では太平洋側のブナをよく見ます。生育がよく、下部から大きく枝分かれして、姿かたち独特の存在感のある木が多いようです。それに比べ日本海側のブナは、すっきり細く立ち上がり、木肌が白く、葉っぱが大きい。雪の多い日本海側では、光合成を一気にしなければならないので、葉っぱが大きいそうです。
c0179351_8385093.jpg

白ブナとも呼ばれ、その姿と色の白さでとってもきれいな森を作っています。
c0179351_8433147.jpg

ブナは 橅 と書き、木で無 と言う意味とか。つまり人間側から見ると役に立たない木 ということらしいです。今はその汚名は挽回され、保存が叫ばれていますが。
登山道のところどころにキスミレが咲いています。葉っぱが大きいしとがっているからオオバキスミレかな。
c0179351_848056.jpg

池の段から振り返ると御陵が見えています。山頂付近だけ緑の木が見えていますが、イチイの木や杉がそこだけにありました。不思議な感じです。
c0179351_8492677.jpg

立烏帽子は狭い山頂でしたが、ちょっとした広場を見つけて昼食。
c0179351_851494.jpg

美しいスミレです。スミレには手をだすな。笑 あまりに種類が多いいので、判別不能。
c0179351_8523191.jpg

これはニシキゴロモかな。色が白いけど。
c0179351_8541258.jpg

下山の道もとってもきれい。
c0179351_854344.jpg

このピンクのミヤマカタバミにはびっくり。こういうのがたくさんあるんですよねえ。
c0179351_8553532.jpg

桜やタムシバもたくさん咲いていました。
c0179351_856441.jpg

この山の美しさは一度ではわからないかも。今度はぜひ秋に来たい と思いました。
c0179351_85721.jpg

オオカメノキのきれいな花を見て、無事にゴール。
c0179351_8574055.jpg


さて~ 下山して、今度は 岡山県鏡野町 に向かって150km移動です。今宵の宿は上齋原温泉の国民宿舎です。ここもきれいな宿で美味しいお食事でした。温泉にも入ってまったり。

さあ明日は今回最後の山です。楽しもう!

本日のルート。 反時計周りに歩きました。
c0179351_951536.jpg

グラフ
c0179351_96415.jpg






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-04-30 20:23 | 中国地方の山