2013年4月27~29日 中国地方の山 船通山

伝説とカタクリの山 船通山

ゴールデンウィークがやってまいりました。この美しい季節に家に閉じこもっていることが苦手な山好きさんは、あちこちに飛び出していることでしょう。もちろん私もですが~

今回は中国地方の山、三座を狙うことにしました。どの山も比較的簡単で短時間に登ることができます。九州とはまた違う雰囲気の中国地方の山を歩くのはとっても楽しみです。

最初は 島根県仁多郡 にある船通山を目指します。

長崎4:00=長崎道=九州道=中国道=松江道(無料区間)=雲南吉田=船通山登山口12:20
登山口~鳥上滝コース~山頂~亀石コース~登山口
歩行距離9.3km 行動時間4時間 標高差+-706m


さて~ 延々と走り続け、やっと登山口までやってまいりました。人気の山で車はいっぱいですが、みなさんすでに下山しているようで、数台停めるスペースがありました。
この山はスサノオノ命とヤマタノオロチの伝説の地でもあります。スサノオノ命が天上界からこの山の山頂に降り立ったと言われています。また途中の鳥上の滝はヤマタノオロチが潜んでいた場所だそうです。斐伊川の源流域で、ヤマタノオロチを退治した時には血で川は真っ赤になったとか。

さてさて~ 用意を整えて反時計回りにいざ出発。

お天気は上々。こうでないとカタクリさんもご機嫌斜めになるのでね~ 見えている山が船通山だということにして、気分はルンルンで歩きます。
c0179351_15524275.jpg

足元にはいろいろな花が咲いています。これはボタンネコノメソウ。山盛り~
c0179351_155984.jpg

ミヤマカタバミも山盛り~ こうしてみるとユキワリソウのように見えるけど、山盛りあるのであまり誰も気に留めないよう。
c0179351_1601966.jpg

こちらはサンインスミレサイシン。
c0179351_15595950.jpg

ハシリドコロも山盛り~。柔らかくて美味しそうな葉っぱに見えるけど、ゆめゆめ食べてはいけません。走ってコロリで~す。
c0179351_162170.jpg

この鳥上コースはよく整備されていて、とても雰囲気のいいところです。
c0179351_1641866.jpg

カタクリの山にはつきもののエンレイソウもいっぱいありました。
c0179351_165180.jpg

チャルメルソウも地味だけどよく見るとかわいい。この地味なお花は名前をよく間違われて チャルメラソウ と書かれていることが多いみたい。ラーメンの影響でしょうか~笑 そのうちにこの呼び名が本当になったりして。
c0179351_1675027.jpg

さて~ 鳥上の滝にやってきました。小さい・・・ 滝壺も・・・ ヤマタノオロチが潜んでいたというには・・・ きっと昔は大きな滝だったんだろうなあ~ そう思おう。笑
c0179351_169523.jpg

滝からすぐに階段を登ります。
c0179351_16103032.jpg

今回の旅ではショウジョウバカマもたくさんみました。きれいな色です。
c0179351_16112714.jpg

山頂部は平らで公園みたい。左右はすでにカタクリがいっぱいです。
c0179351_16115530.jpg

どんなときにも今回最初の出会いと言うのは嬉しいもので、みんなで激写。
c0179351_16124865.jpg

綺麗な三姉妹です。
c0179351_16134339.jpg

足は進まず~ でも、山頂に着くとその努力は何だったの?と思ってしまいました。笑
c0179351_16144810.jpg

カタクリだらけ。
c0179351_16151813.jpg

倒れこみ者続発。
c0179351_16155947.jpg

酔いしれました。
c0179351_16163414.jpg

と、山頂でまったり。八朔を食べたりしてゆっくり過ごしました。花見で一杯の方々は購入できなかったことを悔やんでいるようでしたが。笑
おっと~ この山はカタクリだけではありません。展望も雄大です。大山や蒜山、隠岐の島も見えるとかですが、どれがどれかよくわかりません。笑 これはヤマタノオロチから出てきた天の叢雲の剣(アメノムラクモノツルギ)が出てきた場所を表しているそうです。
c0179351_1626889.jpg

さて~ どんなにゆっくり過ごしても足りませんが、下山しないといけません。亀石コースを下ります。こちらの道もとってもきれい。
c0179351_162842100.jpg

キクザキイチゲが咲いています。アズマイチゲとそっくりさんですが、葉っぱの感じがちょっと違うし、花の中がアズマさんは紫色ですが、こちらは違っています。またアズマさんの方が毛深いそうです。
c0179351_16304252.jpg

ナツトウダイも面白い形を見せてくれていました。
c0179351_16311796.jpg

さて~ 今回のルートを歩いていると、最初から最後まで見たことのない花がたくさん咲いていました。
c0179351_16323414.jpg

みんな下向きで写すのは大変。
c0179351_16334381.jpg

これがサンインシロカネソウです。
c0179351_16373281.jpg

この山にはたくさんあるけど、他にはあまりないそうです。
c0179351_1638823.jpg

花はトウゴクサバノオやサバノオに似ています。
c0179351_16384449.jpg

いあや~ 感激の出会いでした。

さて下山して、今宵の宿は登山口の近くの斐の上荘。清潔で美味しい食事。そしていい温泉でした。
見る夢はカタクリ色~ おやすみなさい。


今回のルート 北から南へ 反時計周り
c0179351_1652366.jpg

グラフ
c0179351_1653511.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-04-30 16:53 | 中国地方の山