2013年3月25~29日 関東の山 

関東への山旅① 小田原へ

昨年、関東に住む山友さんが、九州の山に登りたいと言ってきました。本当に3年ぶりぐらいの再会となるはずだったので、とっても嬉しくて阿蘇の山を一緒に歩くことにしました。ところがあいにくの台風襲来でその約束はお流れになってしまいました。

でも、やっぱり会いたいなあ・・・ ということで、今度は私が関東に行くからと約束しました。目的地はもちろん山ですが、関東の山に詳しくないので、名前を知っている丹沢山系と、日本一登山者が多いという高尾山に行くことに決めました。山友さんは丹沢の計画を練ってくれました。ありがたい!

そして、いよいよ実行となりました。

3月25日 移動日 長崎=羽田=小田原 
長崎から羽田まで飛行機で一っ跳び。ありがたいことに今はいろいろ作戦を練ると安くで東京まで行くことができます。いい時代ですね~ ここで長崎から一緒に来た長崎の山友さんはご親戚の方と小旅行のため、高尾山登山の日までお別れ~ そして、北九州から参加のhirokoさんと合流です。

二人で電車を乗り継いで小田原にやってきました。ビジネスホテルに宿をとり、近くの小田原城に散歩に出かけることにしました。おりしも桜が満開です。
c0179351_12252668.jpg

お堀端はとってもきれいでした。
c0179351_12255346.jpg

ところで、小田原城はだれのお城だったか知っていますか?即答できる方は素晴らしいです。私の頭は空っぽでで~す。笑 小田原にはお城がある、かまぼこが有名、ぐらいしか知りません。それで、ちょっと調べてみました。

室町時代に西相模一帯を支配していた大森氏が築いた山城でした。

15世紀末、伊勢宗瑞(後の北条早雲)が小田原に進出し、
以後、北条氏が5代約100年にわたって関東での勢力を拡大していきました。
小田原城は、関東支配の中心拠点として整備拡張され、
豊臣秀吉の来攻に備え城下を囲む総延長9kmに及ぶ総そうがまえ構の出現に至って、
その規模は最大に達しました。
c0179351_15561010.jpg

資料館などみると、北条氏の紹介が多いということは、北条氏のお城ということなのでしょうね。

しかし、天正18年(1590)、
石垣山一夜城の築城をはじめとする秀吉の小田原攻めにより北条氏は滅亡し、
戦国時代が終焉を迎えました。
かの有名な一夜城の話しは小田原攻めの時のことだったんですね。

北条氏滅亡後、徳川家康に従って小田原攻めに参戦した大久保氏が城主となり、
城は近世城郭の姿に改修されました。

その後、大久保氏の改易にあたり、城は破却されましたが、
稲葉氏の入城の際に再整備され、城の姿は一新されました。
稲葉と言えば、あの大奥の春日野局の子どもですねえ~ 母の力は強し。

貞享3年(1686)に再び大久保氏が城主となり、
小田原城は東海道で箱根の関所を控えた関東地方の防御の要として幕末に至りました。

明治3年(1870)に廃城となり、明治5年までに城内の多くの建物は解体されました。
後に、小田原・足柄県庁・神奈川県支庁の所在地となり、
さらに明治34年には、二の丸に御用邸が建てられました。

大正12年(1923)9月の関東大震災により御用邸のほか石垣もほぼ全壊し
、江戸時代の姿は失われてしまいました。

昭和9年(1934)に隅櫓が再建され、
昭和35年(1960)5月には廃城以来90年ぶりに市民待望の天守閣が復興されました。
昭和46年(1971)3月に常盤木門が、平成9年10月に銅門、平成21年3月には馬出門が完成しました。
昭和13年(1938)8月に二の丸・三の丸の一部が、
昭和34年(1959)5月に本丸と二の丸の残り全部が国の史跡に指定されています。
c0179351_16113041.jpg


ということであります。

再建ですが、なかなか立派なお城です。
c0179351_160583.jpg

石垣や木立も大きく歴史を感じます。
c0179351_1614019.jpg

天守閣の上から見ると、桜がとってもきれいでした。
c0179351_1621125.jpg


さて~ 夜は小田原の友達と再会。若き日にいつも話を聞いてくれたお姉さんのような存在でした。それは今も変わりません。小田原に宿泊したのは、この友と会うためではなく、登山口に行くのに交通の便が良かったことと、ビジネスホテルがとりやすかったからですが、こうして再会できて小田原に来てよかったと心から思いました。話しはつきませんが、明日からは山に入りますので、涙涙でお別れ~

ビジネスホテルで友と山のことがぐるぐる渦巻きながら、おやすみなさい~





にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2013-03-30 16:12 | 関東の山