2013年1月26日 彦山

知らなかった~ 面白かった~
蛍茶屋電停~三叉路鉄塔入口~一部藪~尾根道~彦山~豊前坊~豊前坊裏山~広場~P363~豊前坊~番所~蛍茶屋
歩行距離5km 行動時間3時間15分 標高差+-557m

先日、七高山巡りをしたおり、気になる道がありました。これはどこに行くんだろう・・・ それで今日は検証登山です。それに地形図にはありながら、登ったことがない、蛍茶屋から先の大きな三叉路にある登山道も気になります。きっと昔はここを登ったはずと思うのですが、今は道はないと人は言います。でもたどってみたい・・・

で~ 本日は蛍茶屋から出発。まずは地形図の道をたどります。鉄塔の左側に道はあるはずです。最初は目印もあり、昔の階段もあり~ でも途中から判然としなくなり、竹藪に~
c0179351_188172.jpg

格闘すること10分ぐらいかな~ しばらくすると右側にはっきりとした登山道が現れました。この道は別の入り口から来ているようです。その道から登ってきた方向を見ると~
c0179351_181016.jpg

藪ですねえ~ 後は気持ちのいい道が続きます。
c0179351_18104233.jpg

以前ははっきりと防火帯に見えていたところは、ジグザグに道がついていて、振り返ると左端に稲佐山、中央右に岩屋山、右手に金比羅山が見えています。いい眺め~
c0179351_1813186.jpg

しばし頑張るとポンと山頂の神社のところに出ました。気になっていた道はこれだったんですねえ。岩場でちょい休憩して、豊前坊に向かいました。豊前坊の神社は後ろが岩壁ですが、ピークはその岩壁の上になっており、いつかは行ってみたいと思っていました。なにせ七高山巡りの時はそんな余裕はありませんからねえ。
神社の右手から入ると、踏み跡もロープもありました。急登ですが、すぐに平らな山頂部にでました。でも特になにもないようです。それからP363に向かうことにしました。
c0179351_1822877.jpg

ところどころにテープがついています。それをたどると広場に出ました。ここは以前も来たことがある場所ですが、別のルートから来ましたので印象が違っているような・・・
c0179351_18234324.jpg

この広場からP363に行く道がないかと思いましたが、発見できず~ 藪漕ぎ~ なんでこうなるの!でも途中から道があり・・・ どうも広場に降りずに尾根越しに道はあるような感じがしました。でも来るときには気が付かなかったなあ。道をたどると簡単に基準点のあるP363着きました。やれやれ~ 
c0179351_18274759.jpg

下山は当然道をたどりましたが、右に行く分岐有。これはどこに行くとやろう・・・ 好奇心の虫はまたしてもムズムズ。そしてたどってみました。途中からどうも豊前坊の神社に戻りそうな気配です。はたして・・・ ジャジャジャジャ~ン!
c0179351_18301576.jpg

と言うわけで、里山探訪は終わり~ 何度も登っている山なのに、たくさんの発見がありとっても楽しかったよ~ すごく得した気分になった山登りでした。
c0179351_18334911.jpg

グラフ
c0179351_18434064.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]